絆 

2011-07-15

以前ご紹介した台湾料理屋さんがお店を閉めることになりました。

本当は、昨年の12月いっぱいというところを、半年のばして今度の決意は本当です。

景気とか、売り上げとか、いろいろあるけれど、今私の周りでは引越しやクローズ、退職などいろいろ身辺整理が盛ん。

なぜならば、タイミングだからです。総てのものの見直し、総決算、再スタート、リセット、含め、一新する・・これが宇宙の動き。

私自身も2年前移転し、いろいろなことが理解できました。同時に、お客様の生活も変化に富んだ人が多く、そして今はまた再会が多くなっています。

mamaspecial.JPG   mamapiyo.JPG  

23日で閉店を聞いて、最後のスタッフ、ピヨがフィアンセとともにかけつけてくれました。右がしゅんすけ君。ミュージシャン目指しています。

ママが特別に豚肉と大根、トウモロコシのスープを作ってくれました。パクチーが効いていて美味しかった! たくさん飲んで、たくさん食べて、たくさん笑って、ステキなひと時となりました。

そして、ピヨの思いも聞いて、本当にありがたい気持ちがたくさんわきでました。二人で、あの黄色い館で汗水たらし奮闘していた日々が、これほどかけがえのない時間になっていたとは・・。

人生の中のわずか2年、でもとても大きな2年でした。凝縮していたからこそ、よけいにそう思えるのだと感じています。 それは、素晴らしいお客さまに恵まれたからこそ味わえた体験でした。

 

日本では今、単なる不景気だけでなく震災や原発の問題もあり、店舗経営はとても大変です。政治もガタガタしているし、景気復活の兆しも見えてきません。

ママのお店で出会えた人たちとも、素晴らしい絆ができました。お店って、そういうもんなんです。

まったく知らない同志が、いつの間にか言葉を交わし、すっかり打ち解けて、やがてかけがえのない友となっていったり・・。そのナビゲーターが、オーナーなんです。

でも残念ながらクローズせざるを得ないときがくる。 それは、旅立ち。各々のためにも、必要なステップ。そこから実は、次なる展開が始まっている・・。

総ては、神のプラン。新しい場へ向かっての準備。先ずはココロから調えて。リセットのために、整理をはじめる絶好の機会が今!

 

★台湾美食世界は7月23日(土)までの営業です。 私も23日は、みんなとつぶれるほど飲むぞ〜!(旧サロンのすぐ近く) 

この記事へのコメント
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)
この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/14045534
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)