大いなる意図

2011-07-02

部分日食、皆既月食を含む怒涛の6月が終わった。

日本には、東日本大震災ほどの災害はなかったものの、世界的に見ると火山大噴火、洪水、竜巻、地震等本当にいろいろあった。

それも総て、宇宙の計画だとしたらどうだろう?

クロップサークルに示される預言 → 押し寄せるUFO  →  原発を止めるくらげ

私的には、ものすごいシンクロになっている。ましてや、先月のくらげ(海月)も感知していたから、何かあるだろうと思っていた。6月25日には、島根県の原発もくらげが排水口につまり、停止していた。

時々くらげやヒトデが大発生し漁業を脅かすことがあるが、これらは総て人類への警告と感じる。陸地ではイナゴの発生など、宇宙の意志は食物への危機として私達にこれでもか、と知らせてきたりするが、くらげは海の使者として宇宙の意志(電磁波)を感知する存在と感じられる。

 

今年も後半にはいっていくが、むしろこれからますますあらゆることにおいて厳しさが増してくる気配がある。この厳しさは、今までの価値観や自己本位さを手放すように私達に迫ってくるだろう。それが容易であれば涼風のように、それが難しければ嵐のようにさまざまに感じられると思う。

誠心誠意生きる。 誠心誠意尽くす。 自己からの脱皮。 あなたは蝶になる?何になる?

この記事へのコメント
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)
この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/14034801
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)