OPEN THE GATE

2011-06-25

皆既月食後から一段と時の加速が進んでいる。

いろいろなことが同時進行で起こるようになり、シンクロを超えて完全なツイン&トリプルという展開になっている。

そして、竜宮城からはお迎えがやってきたようだ。

ペンギン一人旅 : たった一匹で3000キロ離れた南極からニュージーランドにたどり着いたコウテイペンギン君 。(若いオスだそう)

浦島太郎のときは亀だったけれど、21世紀になると役者交代? そういえば、昨年は日本海側でたくさんのリュウグウノツカイという珍しい深海魚が網にかかっていた。地震の前触れと懸念されていたが、それだけではなかったようだ。

ペンギンは、このコウテイペンギンというのがキー。 コウテイといえば皇帝で一番初めに思い出されるのが中国の秦の始皇帝。始皇帝というくらいだから、一番最初の皇帝。いよいよ始まりの始まり。そしてこの始皇帝は、蒼月の主と関係がある。それにしてもタキシード姿でのお出迎えとはね。

アガルタ(竜宮城)のイメージに一番近いのが、ABYSS という映画にでてくるシーンかもしれない。

そして、福島はまだ原発がとまらず放射能にまみれているので、ニュージーランド(新しいZ島)

Zは乙にも似て乙姫さまがいる島でのお出迎え。 ものすごいよくできています。

 

★6月25日には、エジプトで太陽の船の二隻目が吉村教授により発掘されました。船もちゃんと用意が調う、ってすごい。← エジプトは、オリオンのエネルギーが強く注がれているところ。全部タイミングが計られています。(2011.06.25追記) 

いよいよアガルタ行きのゲートが開いた、ということなのでしょう。ということは、あらゆることの一掃というシステムが本格的になる、ということなのでしょう。(日本の津波のように、アメリカの竜巻や洪水、中国の洪水など相次ぐ火山噴火や地震などの天災などの加速) プレートがずれている日本では、いつ何時また大きな地震がやってきてもおかしくない。そしてエレーニン彗星はどんどん近づいてきている。

日々全力投球、自分全開 で臨む。 それしかない。

15

龍宮よりの使い もの申す

我が幸賜る者よ 三丈の御柱を巡りて我が宮つ城へ急げ

亀石 導き給う

小湧き 清水流れ 花散る里

陽気 たが石 まがた石

訳知るものよ 神さづち

あやに賢き媛神おわす

かにの里まがつちを経て 依りしろを臨め

かぐの里 びょうぶ岩

うがつの者のみ 栄え知る

矢の小鳩 鵜の小槌

仮宮にておわす

龍神 待つ 竜子媛

永きを待つ 磐のごと

者共 集え  斎いのときを

ARION O∴O

「光の黙示録」 アーリオーン 北川恵子 大陸書房より転載 

乙姫さまのイメージ LADY BLUE  by Tatsuro Yamashita

この記事へのコメント
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)
この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/14027363
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)