暴れる火の鳥

2011-06-21

今月に入ってからの太陽フレアは非常に活発に爆発し続け、チリ火山噴火、アフリカ火山噴火、ニュージーランド地震を引き起こしたと思ったら、皆既月食後にロシアやエリトリアの大規模な火山噴火が続いている。

ロシア火山噴火   エリトリア火山噴火

そして今日は、噴火によるものか磁場のせいかわからないが、ロシアの飛行機が墜落し40名の死亡が確認された。 これから航空機事故は、増えてくると思う。

アメリカの中央にある原発も、洪水で水浸し寸前とされ、第二の福島化が懸念されている。

この火山噴火は粉じんによる日光遮断があるため、今年の夏は冷夏になるかもしれない。それどころか、航空状況が悪化し経済に大きな影響を及ぼしてくるだろう。

西にチリの火山噴火、東にロシアの火山噴火、中央にアフリカの火山噴火・・

そして、テレビでは一つも報告されていないが、福島4号機は再臨界しているようだ。(白煙がとまらない)

世界が一気に灰で覆われる様は、21世紀版「天岩戸閉め」のよう。 

とりあえず、太陽フレアは活発に爆発し続けているので、引き続き注意が必要です。

この記事へのコメント
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)
この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/14024115
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)