光の黙示録

2011-06-11

8日の超太陽フレア爆発で、10日か11日あたりにまた地震か火山噴火が世界のどこかで起きるか、と思っていたが無事11日はスルーできたようだ。でも予断は許さず、16日の皆既月食がすぎる20日すぎまでは、引き続き気を引き締めておいてください。

 

前回、惑星Xのことを書いたが、ここのところUFOが大量に来ているのに、「どこからきたの?」と疑問を抱かない自分に気がついた。 アリオンたちかもしれないし、プレアデスや他の星かもしれないし、ただ一度目撃しているのでSF映画のように「地球侵略」ではないことが安心感の元になっているのかもしれない。

 

「光の黙示録」を何回も読み直していると、今回の被災の預言がありありと書かれていることに気がついた。同時に惑星Xらしいものも書かれていた。 20年以上前のものなのに。。 唖然。

22 母なる大地の子供たちへ

冥府(プルート)の王 海の王(ネプチューン) の均衡が少し崩れてきている

楕円の軌道修正

これは太陽の黒点の動き 引力圏の動き

宇宙全体の空の場が乱れるのは 地球の場の温度分布の異常からきている

地球全体が(霊的地球 物質的地球)温度異常 

地球の霊体は 人間の霊体と重なり合い 補い合っている

地球の霊体の歪みは 物理的地球に影響を及ぼし 地軸の歪みをおこしてゆく

これを修正するためには 宗教の様に偏った方法では無く

全てを包含し得る 人類の霊的な覚醒を促すことが必要である

地球の霊体は物理的地球の形からずれて来ている

人間の覚醒した霊体で地球の霊体の凸凹を補なわくては、ならない

どのくらいの人数が必要かは 未だわからない

恐らく 人類総数の1/10,000 ~ 1/20,000 で 良いだろう

しかし 完全に一致し得るなら 1万人でも良いであろう

ARION O∴O 

そして今日、退陣までの虫の息首相の菅さんが、被災地釜石をおとずれていたが、「釜石」をキーワードにした預言詩があったのを思い出し取り出してみて、また唖然。。

 27 

アガルタの宮使い

釜石の山 中ほどよりきたりて 笛の音にて其方 呼ぶ

この言葉 縦糸とせよ

十字の形に組んだ足 未だ覚めやらぬ街々の四隅に

うずくまる者々

この言葉 横糸とせよ

さてスパスシフィカは浮上の用意 既に終わり

満天の空の下 大なる十字の下に小なる十字の回転を

始めようとしている

蟹星の満つるとき 其方達この衣を着け

この言葉を剣と薔薇に変える術を学ぶであろう

常に伝え続けている様に、この事々を行うのは 其方達である

炎の力 光の力

闇に紛れて走る者共を 銀の月の粉で捜せ

幸いなるかな 在りて在る御方はその月にて

見守っておいでである 

ARION O∴O

この詩はアリオンの代表的な「不可解」なタイプのもので、当時多くの人がいろいろに解読をしていた。(この詩の大まかな意味は、この次に示したいと思うけれど、これも3Dのように二重、三重の側面をもっている。まずは、16日の皆既月食の日を気をつけて欲しい)

なぜこんなに不可解なのか・・。それは私達の熟考力や直観力、パターン(立体感覚)などを鍛えるためだった。

そしてそれは、何年にもわたっていろいろなシーンにあてはまり、事前に注意を促すものであったり、原因を辿るヒントだったりしていた。

今こうやって、コードの意味やパターンのことをじっくり見ていると、直観力が増すのがわかる。

思考や分析をしている限りでは、見えないものが多い。

そして、なぜアリオンのメッセージが日本だけにおろされたのか・・・

それは、私達は文字の中に、漢字、ひらがな、カタカナ、ローマ字をごちゃまぜにして使うからだ。外国の人はこれを使いこなすのは至難の業かもしれないが、日本人は、同じ言葉を漢字で書いた場合と、ひらがなと、カタカナで書いた場合のニュアンスの違いを微妙に使い分けている。さらに、漢字においては訓読みとか音読みがあり、ややこしいことこの上ないが、これがバイブレーションなのだ。 想像力の乏しい人は、当然ニュアンスの違いはあまりわからないが、この精妙な感覚を感じ取ると、全てのものの微細さが感じられてくる。

ただ残念なことに、日本人であっても正確に日本語を話し、読み、書ける人はどんどん少なくなっている。それは自分の心や思い、考えをしっかり観てまとめることができないからだ。だから日本人はディベートができずに、諸外国の人から「何を考えているのだかわからない」といわれ、「自分でもわからない」ということが往々にしてでてくる。

かつては、「察する」というテレパシックな能力が高く、多くを語らずとも相手の心を知る力に長けていたのが日本人だったが、そういう特性もなくなった・・とアリオンは残念がっていた。

でも不思議なことに、日本に暮らす外国の人に、日本人以上に「心遣い」をする人たちが多くいるのを知っている。 輪廻の旅人達。

黙示録は、文字通り預言的ではあるが 黙って示されたレポート。

著名なものに「ヨハネの黙示録」があるが、「光の黙示録」は現代版ともいうべきもの。

どちらも、まさに今のことが記されている。ともに大天使の働き。

 ★私のスパスシフィカはこの曲で開いた!達郎のデビュー作。 22才声若い!(36年前)

http://www.youtube.com/watch?v=3TahD2omg8U&feature=related

この記事へのコメント
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)
この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/14015860
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)