2012年アセンションはあるか?

2011-05-25

先日行われた、参議院<脱原発への道>への映像

http://www.ustream.tv/recorded/14906087
参加された方は、京都大学小出教授、ソフトバンク孫社長はじめ、嘘のない本物の人たちばかりの委員会。(なぜか、龍馬伝のときの新撰組や藩士の人たちを思い出してしまう)

ここで、私たちはテレビでは決して報道されない今現在起きていることの「本当のこと」を知る。

思いは人それぞれ違うけれど、でも突きつけられた現実に対してどこへ逃げても逃れられないリアリティを知ると、思考の変換をしないかぎり、とてつもない壁にぶつかってしまうのは確か。

 

そして、世界はさらに混沌たる領域にむかっているようだ。

アメリカで立て続けに起きている竜巻のあとは、まるで津波と同じ。リビアの戦場跡もしかりで、世界のあちこちで「全てが一瞬にして消える」という状況がフラクタルに起きている。

奇しくも今月は惑星の直列があり、一定のサイクルで一巡してスタートラインにたったというような感覚。これは、星の大小や回転する速度が違うからものすごい年月をかけてのポジショニングになっている。

そこへきて、ここのところ「えっ!」という情報までなだれ込んできた。

 

以前「桜開花とタイムラグ」という記事を書いたけれど、某大手企業では数年前から時間軸をみていて、本当に1日の長さが50年前と今ではかなり違うというデータをつけているというのを知った。なんでも数時間単位で一日の時間が違っているという。(早いわけだね)

つまりあらゆることが、「早く」訪れる、ということだ。日付を固定してしまうと、そのズレが反映されないから、少しずつ日にちと違ってくる。さらに地震や火山の噴火など深部が揺れる状況があると、地球の回転数はさらに早まるので、ここでも加速する。

 

10年位前から、主にマヤ歴信奉者のなかでしきりに2012年12月23日にカレンダーがなくなり地球滅亡説とか、フォトンベルトに突入するというアセンション説があり、近づくそれらの日にちに怯える人たちも実際にいる。

マヤ歴を正式にカウントするとどうもその日付ではないらしく、早まった日数を提示している人もいる。また、アセンションとは実際何かというと、これもまたはっきりした回答はできにくい。

ただ、世界のどこかで天変地異は預言でなくてもおきているし、おおきなアクシデントもそれ相当にある。

一ついえることは、宇宙の動きは私たちの思念活動も反映されているので、ネガティブ・ポジティブ(この二極の答えはあまり好きではないが)によって、エネルギーの動きも変わってくるので、地球や宇宙に影響を与えることになる。

アセンション説を唱えた人たちが共通に言っているのは、「思考の変換」と「進化」。アセンションを終えた後地球がどうなっていくのかははっきりわからないが、アセンションでなくてもこの二つは今とても必要な意識と思う。多くは、この思考の変換ができた人たちが魂の進化=周波数の変化 がおこり、次元上昇すると言われているが・・。

そして前述の参議院の委員会では、日本における将来の地震像もリアルに語られ、第二、第三の福島が出てくることもやぶさかではない。

 

そうした中、来月は日食(6月2日部分日食)と月食(6月16日)が重なる月。なんとなくざわめく。(特に月食は、6.16 3:22〜4:22 って並びが美しすぎる)

一ヶ月の間に日食と月食が重なるのは非常に珍しい。(でも昨年も一月にあった・・ハイチ大地震がおきたっけ。翌月はチリ・・)

大切なのは、そういった災害から逃れる術を知るのではなく、最後まで「生ききる」という感覚だ。たとえそのとき難から逃れられたとしても、そこでずっと安泰というわけにはいかず、いずれも神の手のひらの中。

現代の科学はとうとう宇宙の領域まで到達し、とてつもないもの(たとえば次元など)を作り出すところまでいってしまっているようだ。考えた人は、その弊害などを想定できずどうしても実現してみたくなるだろう。核はその代表のようなものだった。

そんな進歩的なところまでいっているのに、原発を止められない足元の弱さ。現実の重みと複雑さ。私たちはそんなアンバランスなところで、生きている。

そして、アセンションを心配する以前に、私たちはもっと自分の健康や人生について現実的に考えなおさなければならなくなった。

 

今できること。できるだけ、モノを捨てシンプルに暮らす。シンプルとは動きやすくなること。いつでも移動ができること。同時に、知恵をわかし合理的になり身軽になる。

シンプルに暮らすと、掃除もしやすくなり、時間も短縮できる。つまり、この早まった時間の中で一日のルーティンを過ごすための付箋。直観的な生活。 

引越しでだいぶモノを捨て整理したが、まだモノの多い私はまずこれからやってみることに決めた。もう地震でも雷でも火事でもなんでもこいっ!

この記事へのコメント
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)
この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/13999302
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)