アーユルヴェーダ式 お母さんの母乳浄化について

2011-04-21

原発関連で一番懸念されていた問題がでてきました。

<母乳からヨウ素検出の記事>

http://hairoaction.com/?p=306

この数値が人体にどれほどの影響があるかは微妙ということですが、放射能は蓄積していくことが問題なので、セシウム、ストロンチウム、プルトニウム の3つが一番気になるところです。

ヨウ素の場合は半減期が8日ということであり、今回の福島原発は震災から3日目がピーク、12日目までが一番危険度が高かったというデータから、その間に検査をしたものは数値が高くなりやすく、4月にはいってからは徐々に減っているので日々比較することが必要だと思います。

<アーユルヴェーダで考える母乳:最初の代謝物>

母乳をいかに良質のものにかえるか、というところでまず考える人体の状況は、アーユルヴェーダの代謝理論をみます。

★ 7つの代謝理論 

飲食 → @乳び・リンパ液(ラサ) → A血液(ラクタ) → B筋肉(マームサ) → C脂肪(メーダ) → D骨(アスティ)→ E骨髄(マッジャー) → F精子・卵子(シュークラ) 

(この順番で代謝されるので、貧血や消化力が弱かったりすると、A以降の質がわるくなり、最終的な精子や卵子の状態が損なわれる、とアーユルヴェーダでは考えます。)

この食べたものが一番最初に変換される<乳び>が母乳に相当します。授乳中のお母さんは、水を飲んだだけでもお乳がはってくる、といわれるのは口に入ったものがすぐ変換されいつでも授乳できる状況にスタンバイしている構造です。

それぞれの変換の時に必ず「かす」が排泄され、母乳の場合は汗(主に額から)として排出されます。

母乳の浄化をするには、先ず口に入るもののチェック、というのは理に叶っています。

水や食事、お菓子も含んだ栄養物ですが、汚染が気になるのは水や野菜、そしてこれからは魚介類もチェックする必要があるでしょう。

水はミネラルウオーターで摂取するにしても、食品をチェックするのはとりあえず東北・関東以外のものをしばらくの間はとるようにする、くらいしかできないかもしれません。

自分でできるヨウ素を取り込まない方法として、下記のようなものが考えられます。

@海藻類を、食事のどこかに取り入れるようにする。(味噌汁、サラダ、ノリ、塩昆布など)

A水に昆布を入れた昆布水を作り、それを時々飲む。(しょうがスライスを一緒に入れると代謝に貢献します)

B白湯を積極的に取り、汗や尿からできるだけ排出できるようにする。

C入浴時に半身浴などを利用して、特に上半身から積極的に発汗する。

Dバストマッサージを行い乳腺が詰まらないようにする。

ただし、甲状腺機能障害のある方は、ヨウ素を取り過ぎないように注意する必要があるのでお医者様に必ず相談して食事療法を行ってください。)

次に、野菜は水洗いでよく洗い炭などを入れたたらいにつけておくと良いでしょう。(できればこの時、水道水よりは浄水器の水がよいです)

セシウム対策として:

中大 武田教授のブログから<セシウムはカリウムをとることで吸収を防げる>

http://takedanet.com/2011/04/57_00fe.html

というものがありました。

カリウムは、果物類 特にドライフルーツに多く含まれています。

離乳食としても安心して与えられるので、大人も子供も積極的に取り入れてほしいアイテムです。

特にカリウムが多いドライフルーツとして イラン産グリーンレーズン イラン産干しいちじく、

があります。天日干、無添加、防腐剤なし、オイルコーティングなしの安心して食べられるドライフルーツですが、朝のシリアルにまぜたり、夜水に浸したものを刻んでヨーグルトにハチミツと共に混ぜてもらうと、便通もよくなる相乗効果があり、排泄にさらに役立ちます。

貧血気味の人は、デーツ(ナツメヤシ)がおすすめです。デーツはお母さんの母乳を増やし、脳に貢献するのでイランでは頭の良い子が生まれる、といわれています。

ドライフルーツはこちらから。 http://www.btl369.com/shop/food/dfruits.html

(ただし、ネフローゼや透析を受けている方、腎疾患のある方はお医者様と相談してカリウム摂取量を決めてから行ってください)

お母さんの母乳浄化で、すぐできることはいろいろあるので、まず白湯と昆布水と発汗と便通をよくすることを考えて行ってみてください。(白湯を飲むと、便通もよくなります。)

お子さんにも沐浴の後は、昔ながらの「湯冷まし」が実は汗や尿などの排泄にとても役立ちます。そして、タッチングを十分行い免疫力が落ちないようにすることも大切です。

ここはぜひ、温故知新で。(背中にオンブも、子供を地面から遠ざけ、赤ちゃんの心身安定に役立ちます)

この記事へのコメント
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)
この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/13969791
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)