和ーユルヴェーダ・カフェのプロデユース

 
 WELCOME to WA-YURVEDA CAFE

 

 和ールヴェーダ・カフェとは?

現在多くの養生食やスローフードという食のスタイルが注目されていますが、アーユルヴェーダや漢方という伝統医学を基盤にするものは、「体質」「体調」「季節」「気温」「気候」などを考慮して提供されるものです。

伝統医学における食事は、「身土不二」「医食同源」といわれ、食事が病気予防となり一番の薬になるという考え方です。

世界中のものが入り込んでいる日本では、さまざまな国の食事を味わい、独自のスタイルにして日常生活の中に活用していますが、その代償として糖尿病や大腸がん、乳がんなどが100年前よりずっと多くなってしまいました。

当社では、体質や気候、環境面を考え、日本に住む人たちのためのアーユルヴェーダ食を、和ーユルヴェーダとして提案します。 

 どんなメニューか?

当社では、水ではなくアーユルヴェーダがすすめる「白湯」をお出ししていました。 

2009年8月末をもって、店舗としてのカフェは閉鎖しましたが、季節や月ごと、症状別のメニューとしてメルマガやDM等で発信しています。

当社で一番の人気メニューだった「薬膳スープカレー」は今でもクライアントの方からの要望が高く、「本当に体調がよくなった」という体験を多くもたれた方が多いのです。 

当社のスタンスとしては、新しくカフェを再開するより熱意を持ってカフェを運営される方の支援として、和ーユルヴェーダメニューの開発や調理、PR法を含んだ形でお手伝いができることが理想です。 

<当社でのメニュー例>

 薬膳スープカレー夏 薬膳キーマカレー 夏  bitaminsoupall.JPG   brainset_w200.jpg
 @薬膳スープカレー  A薬膳キーマカレー  B美タミンスープセット  Cブレインパワーランチ

@薬膳スープカレー:20種類以上のスパイスと15種類以上の野菜を使った野菜のみのスープカレー。変化形として、リゾットやうどんなどにも応用でき、薬効が高い。フォカッチャも手作り。

A薬膳キーマカレー:ひき肉とオカラを使ったヘルシーカレー。トッピングは季節の野菜を採用。

B美タミンスープセット:温野菜がブームになる以前から提供していた。温野菜とトマトとローズヒップを使ったスープ、和ーユルビタまさらが登場した。レーズンパンも手作り。

Cブレインパワーランチ:隠岐島で偶然自生していた「つぼ草」が提供され、開発したメニュー。

焼きそばを使ったアジアンテイストを中心に、脳の血流の良くなる素材のみで構成。

★調理時間は20分以内を目指し、誰が調理しても味がぶれないような調理法や保存法を開発

<ユニークなドリンク類>

 チャイ.jpg  cocoa2007.jpg

    <チャイ>

日本人にあうように、しょうが、

シナモン、カルダモンを使い、

ミルクと豆乳の2種類を用意。

豆乳タイプが人気が高かった    

 <シナモン・ココア>

ココアを煉るときに、ギーを加え、

シナモンを入れてミルクタイプと

豆乳タイプを用意。こちらも、豆乳

タイプの人気が高かった

aloejingerhp.jpg
 
 bihadajuicehp.jpg  edogawajus2.jpg  mintmilkhp.jpg  rosemilkhp.jpg

 @アロエジンジャー

レモネード

 A美肌ジュース  B江戸川スペシャル  Cミントミルク  Dローズミルク

@アロエジンジャーレモネード:アロエジュースと生姜絞り汁を中心に、デーツペーストやハチミツなどで甘味をつけた夏のドリンク。とても人気があった。2011年現在は、ドライレモン水にしょうがジャム、シルクパウダーを加えた<アミノ酸系ドリンク>として推奨している。

A美肌ジュース:肌に良いβカロテンの摂取をめざし、ニンジンやトマト、ローズヒップを加えて作ったジュース

B江戸川スペシャル:江戸川区名産の小松菜を使い、大根やレモン汁を加えた血液浄化力のあるジュース

Cミントミルク:ミント葉を加えたミルクティーで、さっぱりとした口当たりが人気

Dローズミルク:薬用ハーブの入った甘いシロップをミルクに加え、ローズウオーターを加えた一品。イランや中東ではポピュラーな飲み物。2009年は、タピオカのようなマルメロを加え食感も楽しめる進化系とした。(喉にもよい)

 

 和ーユルヴェーダ カフェの展望

食事は、外食であれば「味」や「雰囲気」「場所」を楽しむ事がメイン。

今は、経済面が二極化していて外食産業も厳しい時代になりましたが、「健康」をキーワードにした場合「食事=健康維持」と考えると、単に美味しいメニューというだけでなく、具体的な健康効果が考えられることがニーズの一つになってくると予測できます。

高級な素材を使わなくとも、美味しく健康によい料理を提供することは出来ます。その付加価値として、伝統医学の英知というバックグラウンドは非常に有効になっていくことでしょう。

<ファミリーレシピ> 
masalaomlethp.jpg   harumenusawarahp.JPG masalaodenhp.jpg   springpastahp.JPG
 オムレツ

 お魚料理にターメリッック

ごはん

 煮込み料理  パスタ&スープ

 

和ーユルヴェーダ カフェに対するご質問やサポートのご依頼は:

 TEL 03−3674−3568  または ayugoods@tj8.so-net.ne.jp 

  担当 高橋 までお問い合わせ下さい。

 

この記事へのコメント
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)
この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/13928817
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)