天使のささやき

2010-01-18

世界の気象異変や水害、日本の政権の危うさ、のっけから何だか今年もタイヘンそう で幕開けとなった今年もすでに半月が経過。

そんななかで、心がほっこりするNEWS はなんといってもタイガーマスクさん。善意の運動が日本中に伝播しているけれど、なんだか「あふれだした・・」という感がある。

この数年心すさむ事件が多く、金儲けに必死なベンチャーたちであふれかえり、その結果粉飾だの詐欺だの汚職だの自分のことしか考えていない世の中に見えて、多くの人が閉塞感を抱えていたのだと思う。

今までは政治家任せだったけれど、この数十年の間に見せられたあまりの劣悪さに一般の人たちのほうがよっぽどまともな考え方で世の中を見るようになってきて、パチンとはじけるがごとく行動する人たちが出てきたのだ。

特に sengoku38さん の行動によって、ぐっと後押しをされたよう。その年代の人たちは、「自分でできることを、なにかしなければ・・」という思いが強いと思う。昭和30年代から40年代は、テレビがでてきて正義のヒーローをたくさん見せられたものね。鉄腕アトムにはじまり、鉄人28号、エイトマン、マグマ大使・・などなど。そして、高度成長期にのって夢を育むことができた世代。

今45歳以上の人たちは、人生の終盤に差し掛かり 今までの人生や社会の流れを見て「これでよかったのか!」という疑念が、多少なりとも心に点滅しているだろう。

「そうだ!」と何か社会貢献できそうなことが閃めくとき、それは天使のささやき。最初のタイガーマスクさんは、本当に思いつきで行動しただろう。まさかこんなに伝播するとは思わなかっただろう。ただ、ランドセルを届けてあげたい、とそれだけだっただろう。

それは、天使のささやきに従っただけ・・。いろいろ考えて行動したわけではなかったから・・。 だから人は感動する。感じて動く。

今、児童養護施設にいる子供たちの大半が、虐待を受けた子供たちだそうだ。戦後の時代とは状況が大きく異なっている。心のケアがとても重要な子供たち・・。大人を信じられずおびえる子供たち・・。

「人間って、素晴らしいよ。生まれてきて、ほんとによかった・・」こんな感想をもてるのは、普通の人でも今は少ないかもしれない。でも、そう思えるのは一人ではなく誰かと共有する時間や体験、関わりによって育まれるもの。

モノや金銭、寄付などもよいけれど、何も持っていなくても出来ることもあるだろう。一人一人が天使のささやきを受け取って素直に行動できれば、国さえもひっくりかえせるかもしれない。(今、天使のエネルギーがあちこちに満ちています)

この記事へのコメント
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)
この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/13886339
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)