元旦吉祥

2011-01-01

 日本中で一番の寒波が到来し、初日の出を拝めるのは太平洋側の数箇所のみ、という天気予報情報を得て、今年は無性に「山」に行きたくなっている。

 昨年の初日の出&初満月にとてもインスパイアされたので、今年も! というより、見られるうちに見ておこう、という気持ちもあって思い切り着込んでいざ出陣!あら、去年より寒くないじゃん。

それに星がなんとたくさんできれいな〜、三日月と金星の配置が麗しくて〜、マイケルの新CDをバックに流星のごとくすっとんでいった。

とにかく、本当に星がたくさん見えた。山に登ろうと思ったのに、真っ暗で足元が見えず懐中電灯が必要だったことに気付き(早く気付けよ!)、海へ直行。今年は富津海岸。

車を止めて、明けを待っていると目の前になんと富士山が飛び込んできた。紅富士でした。

  rosefuji3.JPG  rosefuji2.JPG  cleafuji4.JPG

内陸のため、海岸線からの初日の出は拝めなかったものの、日の出直後に山へ移動し昇る途中からのご来光をゲット。

  hatsuhi2011.JPG  daibutsu.JPG 日本で最大の大仏

ここは鋸山。初めて訪れた場所でした。 日本寺というお寺があり、日本最大の大仏があるほか、1500もの羅漢像などが配置された場所。お寺にはあまり行かないので、一瞬ためらわれたけれど、<薬師瑠璃如来>ということで登る気持ちになった。

 fudoutaki.JPG  fudotakikanban.JPG  

途中、水がちょろちょろしているだけの不動の滝。看板を見てみると、なぬっ!

「茫々たる宇宙人無数」「機面の男児が是れ丈夫」とあるが、意味不明。茫々(ぼうぼう)とは、広大なという意味だそうだが、丈夫でイケメンの宇宙感知力のある男子がここにはたくさんいるよ、と誇大妄想翻訳した。

鋸山は空海も修行をした場所で、昨年の弥山に続き空海がらみ。なんだか、謎がとけてきた。

日本海側は、猛雪で元旦から被害がでているけれど、千葉はとても暖かく元旦なのに「小虫」が飛び回っていた。風がまったくない、のどかな小春日和。こんな小さな国なのに、東西南北で大きな温度差や気候の違い。九州でも雪が降る異常気象の中、こんな吉祥な始まりをいただいて、今年はとても頑張ろうという気持ちが強くなった。(しかし足は元旦から筋肉痛という・・)

山に登るのには、それなりの準備と体勢が必要・・。しかし山はそこにありばら色に輝いている。登るヒントは「空と海」。そのほかにもたくさん感知されて、2011年の始まりとなりました。

 

この記事へのコメント
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)
この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/13873437
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)