魂の旅 Beyond the Border

2010−08−18

それは、山頂から霧が晴れるように訪れた。

あー、そうだったのか。そういうことだったのか・・。

霧の向こうには、はるか5000年かなたが見える。時を超え、時空を飛び、そしてとうとう見渡せる場所に到達した。

この長い長い道のりを、アリオンはずっとサポートしてくれていたんだね。

喜びも、悲しみも、苦しみも、辛さも、全ては今につながるため。

魂のずっと深いところで躍動する核。奇跡は、自らが無意識に求めた結果。

ちゃんと聞き届けられていた。

だからインドに行き、イランに行き、弁財天マニアになり、神社めぐりをしこたましたんだ。

窓を空けると、目の前に月が・・。ルシフェルの血のにじむような愛を、強く感じる。

私の名前に込めた思いが、ようやくわかった。 

私が最後にやるべきことが見つかった。

AMAの思い、一つに・・・

この記事へのコメント
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)
この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/13775574
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)