アムラ奮闘記

2010-06-10

おかげさまで、5月20日より販売を始めたアムラ・プレミアムの人気は上々である。なにしろ、前発のアムラ・パウダーは好評だったものの、提携先が輸入を中止してしまったために1年間もの欠品だった。

不思議なもので、だからこそこのアムラ・プレミアムと出会えたのである。それを商品化するまでに、環境ケアリーナを手がけていたのでとても短時間で仕上げることが出来た。

しかし、当社に多い袋詰め商品。これは限りなく内職製造。(でもラベル貼りとか詰め作業ってよっぽど大きな企業で大量生産をしない限り、手作業が多いのも知っている)

私は、こんなときにとても有能な助っ人がいる。「HELP!」の掛け声一つで、アムラのときも駆けつけてくれた。それも好みの「東方神記」のCDをひっさげて。(単純作業だからね)

「これをこうして、ああして、こうして、最後にこうする・・」の一連の流れを説明した後、初めちょろちょろ、するとだんだん彼女の手が早くなってくる。「こうしたほうがいい」「こうするともっといい」「これが一番ベスト!」というように、単純作業をいかに効率よく且つ的確に仕上げるか、ということを工夫し、最後はお互いに「ほんじゃ競争しようよ!」とアツク作業するのであった。

最後の1時間は人間機械と化し迫りくる発送時間とタタカイながら、「じゃラスト作業!」と決めるところでパッキングの機械が壊れ、なよなよ〜。 相棒がいなかったら泣きじゃくるところ。

こんなに有能な彼女なのに現在失業中ということで、本当にもったいない。(まあ本人もあせって探してはいないのだけれど)

この有能さというのは、仕事に工夫できるところ。集中力の高いところ。文句を垂れないところ。無駄口をきかないところ。仕事をミスなくこなす時間が半端なく早い。そして単純作業もとても楽しんでやってくれるところ。

私はこの友に、もう10年以上も助けてもらっている。本当は今度は私が助けたい番だが、なかなか甲斐性がなくて・・。

でもこの関係だからよいのかもしれない。商品は、そうやって愛着が増してくる。それをわかる人が少ないから、モノがよけいに売れない時代なのかもしれない。

(アムラ 以上のアムラ・プレミアムは商品情報をご覧下さい)

この記事へのコメント
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)
この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/13723730
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)

ケノーベルからリンクのご案内(2010/06/10 09:27)
Excerpt: 江戸川区エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。
Weblog: ケノーベル エージェント
Tracked: 2010-06-10 09:27