妄想の第一歩

2010-03-01

バンクーバーオリンピックが今日終わった。

日本は金メダルはとれなかったが、前回よりメダルは多いそう。というより、惜しかった順位がたくさんあった。

昨日のフィギュア・エキジビションは、選手がみんなすごかったね。

プルシェンコなんて、フリー以上にすごい演技で雄たけびのようだった。よっぽど悔しかったのだろう。真央ちゃんも、真央ちゃんらしさがでていてとてもよかった。

その一方、金メダリストの二人は「え?フリーと同じ?」みたいなふりつけでおもろくなかった。

どうみてもスケーターらしくみえないライサチェクは、ジェ-ムス・ボンドみたいに見えるので、キムヨナと二人で「007」をペアでやったらいいんじゃないか、と妄想がはじまる。(マトリックスもあったしさ)

プルちゃんは、妄想したように指導をかってでてくれたらしい・・。今回の悔しさを共感できる唯一の同志だしね。すごいなあ。4回転飛べるようになるかもね。 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100301-00000041-sph-spo

確かに、今回のオリンピックはスポーツというより、エンターテイメントの域になってきている感じがする。選手たちは、スポンサーがついていないとやっていけないから、どうしても視聴率を稼ぐ役割として担ぎ出される。

冬のフィギュア VS 夏のシンクロ は、一つのショーだもんね。

でもそのために、他の人が出来ないことを成し遂げたことへの評価がきちんとなされないのは、変だ。 

この裏にも政治や経済のもろもろが渦巻いているのだろう。

そのために、自分の時間や楽しみを削り、心身を磨耗させながら練習に励む選手たちが犠牲になってはあまりにしのびない。

ただ、「すごい!かっこいい!上手!」とかの賞賛だけでなく、その人生までもきちんと感じながら見ると、感動の仕方が違う。

鈴木明子選手は、摂食障害を克服しての参加だという。摂食障害は治すのに相当時間がかかるが、「上手に滑る」ことから「楽しみながら滑る」ということに方向を変えてから、きっと立ち直っていったのだろう。ウエストサイドストーリーを演目で決めてから、なんと主役の一人だったジョージ・チャキリスから応援の手紙が届いたのだという。これもすごいことだ。

ネット社会になり、さらにボーダレスに、エイジレスになって、国も世代も超えた共感や応援がなされるようになったから余計に、エンターテイメントの色が濃くなっていくのだろう。

でも、真央ちゃんには別に色っぽくクネクネしなくていいから、飛びまくって「金」を獲得して欲しいデス!

 

この記事へのコメント
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)
この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/13648962
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)