実はすごかった!

2010-02-26

今日は世界中の人が女子フィギュアスケートに釘付けになっただろう。

ジャンプや内容のレベルの高さがかつてないほど完成され、入賞8位までの間に日本人は4人も入った。つまり、半分が日本人(長洲未来さんは国籍がアメリカだけど両親が日本人)。

かつて、フィギュアはロシアやアメリカのもの、という感じで手足の長いお人形さんのような金髪青眼の人だからもっときれいに見えるんだろうと思っていた。

ところが、今回はアジアの勢力がすごい。いつの間にか日本人も手足が長くなり、顔も小さくなって、さらにセクスイーな「しな」まで得意になっていた。

骨格も筋力も欧米人並み、いえ真央ちゃんなんてあんな細い体でトリプルアクセルという女性初の回転を3回も飛ぶほど強靭になっている。

惜しくもキム・ヨナに金メダルを譲ったが、彼女はたしかに完璧。でも真央ちゃんの演技はアートの域だった。あの菩薩顔を生かして、シルクロードなんていうテーマで滑って欲しいくらいだ。どんなに神々しいだろうか・・。

悔しさに泣きじゃくり嗚咽しながらのインタビューのあと、数時間たってとても大人っぽい表情になっていた。(試練は人間を急成長させる)

19歳って、ホントにもうすごい大人なんだね。キムヨナ選手のボンドガールは、19歳だから爽やかなお色気だったと思う。これが24歳とかなると、おんなっぽすぎてちょっとエロくなっちゃうよね。真央ちゃんはまだ無垢な感じがあって幼い風情だけど、次のオリンピックに爽やかに色っぽくなっているだろう。女性としての完成美のような・・。

それにしても、今までのなかで一番レベルが高くて、それがさらにすごくなっていくなんて、スポーツ選手は本当に大変だと思う。

今回日本はメダルの数は少ないが、どの競技にもそこそこに平均的な位置にいる。人口が少ないのに、これって実はすごいことだ。

飛びぬけた人が出てくる割合は10000人に一人としたならば、日本はこれからどんどん出にくくなってくる。でも残りの9999人のうちの半分はアベレージ以上だとしたら、こっちのほうが強いかも。団体競技ならこれからいけるのかも。

しかしなあ、悔しいなあ。日本人の作曲家にも素晴らしい人いるのになあ。

私の脳内妄想プロデユース: 弥勒菩薩プロジェクト 浅田 真央編(フィギュアスケート)

音楽 坂本龍一 による書き下ろし曲シルクロード(フリースタイル)、SPはX-JAPANのFOREVER LOVE 

振り付け 熊川哲也、 技術指導 プルシェンコ(勝手に引退させる) 衣装 和田エミ

ってのはどうよ。彼女の顔でないと、できない演出。あ〜見て見たい! 

 

この記事へのコメント
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)
この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/13647256
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)