アジアを一つに・・(アリオン・メッセージより)

2009-05-27

北朝鮮が核実験のほか、ミサイル発射など、日本を脅かす行動にでている。(後ろの正面だーれ?)

日本は、第二次世界大戦中に起こした行動の結果として、中国や台湾、北朝鮮、韓国などから嫌われているが、もともと「モンゴロイド」として同じ遺伝子を持つ仲間。日本人は相当の雑種なんだとおもうけれど、同じアジアンとしてまとまれない状況が多々ある。

欧米を中心とした経済世界は、次のターゲットとしてアジアの大国を狙っているが、それを見据えて「アジアが一つにまとまること」を10年以上前にアリオンが提言している。

アジアを一つに・・・このことがどうやったらなしえるのか、いろいろな角度から見ていた。 

民族の流れとともに宗教的な流れがあり、思想や考え方、文化などが形成される。

私がたどり着いたアイデアは、「食」に関すること。米を食べ、茶を飲む共通性の中から見える、さまざまな食文化。

以前、一流ホテルの企画をする方に、思い切って提案してみた。ホテルで実現させるには、「一流どころ」をそろえなければならず、なかなかにむずかしいが、庶民レベルで見たら案外スムーズに行く話なのである。

この「思い」はまだあたため中だが、つぼ草料理を考えている途中で、この中にも実現できることを発見。そして、メニューと味が決定した。

この一品の中に、日本、中国、韓国、台湾、インド、ベトナム、タイ、インドネシア、そしてミャンマーやネパール、バングラデッシュ、スリランカという国の「味」が入っている。この全体の中には、さらにイランもはいる。

一つのメニューに込められた思い。「アジアを一つに・・」の第一歩を、このお料理に託そう。

★来週早々にHPにアップします。

この記事へのコメント
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)
この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/13460146
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)