セレブなお味

2009-05-13

昨日あるセミナーがあって、晴れがましくアップタウン代表表参道なぞに行ってきた。

昔はもっと庶民的だったぞ。なんせ、生意気にも小学生から通ってたんだい!大人になったら買い物したいと思ってたんだい!

しかし今は、ブランド店の立ち並ぶセレブな町に変わり、下町育ちには居心地悪いったらない。

カフェにはいればさあ、コーヒー一杯にどんだけ時間かけてんの?って風情で(目の前でドリップしているのを見ていれば納得だけど)機械でシューッてでるやつだよ、15分待って飲む時間がなくなったので、キャンセルして出てきた。

セミナーが終わり、めぼしをつけていろいろなお店を視察探検・・・ときめく商品みつからず。(ア、年代というのもあったね、失礼しました。外れてました。)

で、ご飯を食べる。有機野菜を使って、ちょっとうちとかぶるような、しかし場所はセレブなお店。お値段は目お目目がぱっちりしてしまう。

で食べてみました。有機野菜のせいろむし、お魚の西京焼き、十穀米のごはん、野菜たっぷりのお味噌汁(といってもだいこんしかはいってなかったぜ)。 う〜ん。 う〜ん。

で、うちのカフェの5倍のお値段の夕食を終えて、なんか腹立ってきた。

舌が庶民だからかなあ、セレブのお味って、味気なかった。ご飯だって、近くの食堂のほうが美味しいぞ。せっかく有機野菜を使っているんだったら、添えてあったてんぷらがカリッと仕上がってなくて、残念だった。蒸し野菜も、蒸篭にすると香気成分が蒸気で逃げてしまい、味が薄くなる。

一等地で、スタッフも総勢10名以上いたから、一日の売り上げは・・なんたらかんたら思うけれど、そのフロアでの他店の状況は思ったより人が入っていない、という感想。この不況下だから大変だろうな、と思う。

でもなあ、ご飯は美味しいの食べたいよ。本当に美味しかったら、多少高くても「ご褒美」にできるけど・・。ああ、きっとセレブは、味より場所なのね。そこでどんな話をするかが大事なのね。その演出になるような盛り付けだったり、スタイルだったり、お店のセンスだったり・・。

うちのお客さんがよく言ってくれる。「食べているうちに、本当に幸せを感じる・・」。多分これは、目の前でカシャカシャ作る光景なんかも見えているから、余計に感じてくれるのだろう。

かえってきてなんか物足りなくて、ベーグルにチーズのせて、コーヒー入れて二度食い。うまいっ!これってやけ食い?

この記事へのコメント
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)
この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/13450648
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)