桜咲くカフェ、サクラほころぶサロン

2009-03-26

 sakuracafe.JPG  sakuraroom.JPG  funnysakura.JPG

 先週、お友達から珍しい「大島サクラ」と「山桜」の枝をたくさんもらった。

花瓶に入れたとたんに、葉が膨らみカフェは暖房が効いているせいか、今日大島サクラは「満開」になりました。東京でもソメイヨシノの開花宣言がだされたけれど、その後の気温の低下でまだ花は開ききっていない。

きれいな若草色の葉とともに、おおぶりの「白い花弁」をつけた大島桜。ソメイヨシノのあでやかさとは違い、清楚な美しさが特徴。真ん中は、自宅に活けたものだが、その中に一つだけ「へんてこ」を見つけた。花びらが内側にもう一枚のび、花びらの先端が5枚のうち2枚だけ3つにぎざぎざになっている。たくさん付いた花の中に、こういう「異端児」がいるとなんだかよけい「生命」を感じる。

トリートメントルームには山桜を中心に活け、気のせいか背丈が伸びているようだ。大島桜の開花に刺激されたか、花は膨らみ始め多分来週には第一号が咲くだろう。それまで大島桜がもってくれるとよいけれど、白とピンクの美しいハーモニーを眺めることを楽しみに、毎日声をかけよう。

サロンの中でこんなに大きな枝モノを活けられるなんて本当に贅沢なことだけれど、そこに桜が存在するだけで「JAPAN!」を感じる。花屋さんに並ぶ可憐な花もよいけれど、大木の一枝の持つ生命力は桁外れであることを実感した。

トリートメントルームの山桜が開花したら、またアップします。

珍しい可憐な大島桜をぜひ見に来てください! ☆さん、ありがとねー。

この記事へのコメント
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)
この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/13420999
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)