しあわせの味

2008-11-22

寒くなってきました! 寒いとき一番よく食べたくなるものって、シチューとかグラタンとか、舌が火傷しそうなクリーミーなもの、ってことない?

私はグラタンとか大好きなんだけど、昔むかーしALWAYSなころはじめてデパートの食堂で食べたグラタンの味をいまだに忘れられない。しかし、なぜかあの味だけは再現できない不思議。それは「感激!初体験味」という未知との遭遇感と、昔は特別御褒美みたいなので連れて行ってもらったから二重にも三重にもヨロコビが増した味だったからだろう。

でもクリーミーなものは、女性は好きだよね。そこで、またアイデアが・・。私の地元江戸川区は、小松菜が名産。小松川地区というのがあるけれど、小松菜の発祥の地だそうだ。江戸川区では、小松菜を使ったメニューを扱っているところは、クローズアップしてくれるという。

そこで、「小松菜クリームシチュー」を考案。薬膳スープカレーが大ヒットし、作り方を応用して、またまた野菜だけでとっても美味しいシチューが出来上がった。今日は、仕上げに豆乳を使うか、牛乳を使うかでディスカッション。結果は、牛乳の勝ち~。なんともいえない甘さが加わり、ギーでいためた小松菜とシメジがアクセントになり、「しあわせの味~」ができあがり。

さらに、豆乳で作ったヨーグルトも添える。これにも、何種も豆乳を買ってきて、味比べをした。そしたら、見事レアチーズみたいな仕上がりになったものがあり、そこにレーズンとしょうがジャムをちょこっと添えて、完成! 「うまーーーーーーい!」。(日本人は、乳製品に対する消化酵素が少ないため、牛乳ヨーグルトは少し重い部類になるけど、豆乳ならもっと消化し易く日本人の消化器に優しいため)

さらにさらに、ここに手作りドライフルーツ入りパン(といってもホームベーカリーを使うが)も、隠し味にあの手この手を加えて、たっぷりギーを塗って、「おおおおいいいいししししいいいい!」もプラス。我ながら、とてもいいものが出来上がった、とほくほく。

このごろ厨房に入る機会が増えて、俄然お料理のアイデアがわいている。やっぱり、毎日やることが大事ね。トリートメントを受けて浄化された体に、体が喜ぶいいものを提供できるのは、その設備がないとできないこと。でもお料理だけは、作る人によって微妙に味が違ってきてしまうので、それを統一した状態に持っていくための<作り方>を考えるのがカフェの役割。私の役割。

私の未来の夢。小さなカウンターだけのお店で、昼はアーユルヴェーディック・ランチ、夜は妖しくカバラ・バーをやってみたい。カバラ・バーのカバラ・ババーになるのだ。なんてたって、魔女だからね。薬草カクテルなんか作ったり・・。カバラと体質チェックとプラスαを使って、人生アドバイザーなんてのも入れて。

美味しいご飯を食べるのは、瞬時に幸せになれること。でも、本当によいものは、心が喜ぶ。これはオージャスという純粋な活力素があふれること。それには、素材や調理もあるけれど、作る人の「思い」っていうのも大事なんよ。

世の中不景気になり、「食」を切り詰める人が多いけれど、贅沢せずとも自分への御褒美や、本当に体が喜ぶものは、体がちゃんと答えを出してくれる。そうやって、わざわざ電車にのって、ご飯を食べに来てくれるお客様もいてくれる。食べるアーユルヴェーダ!これができるのは、当社だけ!

☆小松菜クリームシチューセット(手作りパン、豆乳ヨーグルト、ミニチャイ付き) ¥1260 

 08win_stewset0.jpg12月1日より、金・土・日・月のみの限定でスタートします!! 

ぜひ食べにきてください! (事前にご予約いただけるとお待たせせずに召し上がれます)

この記事へのコメント
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)
この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/13354069
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)