つながる心

2008-09-28

先週は、ヨガフェスタ2008でパシフィコ横浜で頑張っていた。

あっという間の1週間。イベントはお蔭様で予想以上の効果があったが、私はステキな出会いを体験した。

ちょうど2日目、もりもり働いたので隣の万葉会館で骨休め。すると面白そうなボディワークがあり、

研究もかねて体験してみることにした。中国式のアロマ? みたいなものが面白そうだったので、

頭と背中を体験。担当してくれた日本語が堪能な中国人の女性といろんな話をした。

さすが、鍼灸・スイナの国、つぼばっちり入ってまっせ! ううーーーっつふらふら

彼女に聞く。「どうしてこういうお仕事選んだの?」 「人に役立つ仕事がしたかった。人が元気になる仕事は素晴らしいから」と。でも日本と中国のいろいろな違いがあり、日本に来て日本人のことや女性の感覚があまりに違うのでびっくりしたらしい。中国は女性が強いのが有名だけれど、日本女性は、料理や家事もするし(?)男性にも従順でとても優しい(?)という印象らしい。

ほんまかいな。でも、その違いを見て、どちらが正しいではなく、そういうのいいな、って思ったところが彼女がすごいと思ったゆえん。ちゃんと見るところを見る。よしあしではなくて、自分の感性で「よい感じ」を感じられる。是には国境もなく、言葉の違いなど関係ない。

そう、私たちセラピストは、言葉を超えたコミュニケーションツールをもっているということ。それはとても素晴らしいことだと、本当に感じている。どんな国であっても、どんな文化であっても、同じ人間である以上、「快・不快」は共通に感じるもの。心を開くのに、これほど早いものはないのでは、ってずっと感じてきた。

彼女とのおしゃべりも、文化の違いを聞くのも楽しくて、トリートメントももちろんよかったけれど、ステキな出会いになった。なんと1時間の施術を30分以上もオーバーして修了。

自分のことはあかさなかったけれど、とてもいろいろ勉強にもなりました。来年もまた行こう。

彼女がいるかどうかはわからないけれど、彼女のような心意気を国を超えて感じてみたいから。

★国連会議とか、国際会議とかの前に瞑想をしていることもあるが、私はヘッドヒーリングをしたらいいんじゃないの? ってちょっとたくらんでいる。

この記事へのコメント
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)
この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/13327149
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)