貴船 黄舟 気27

2008-08-20

京都の貴船神社は、京都でもお気に入りの神社。旅の最終日は、封印開けツアーの最終日としてここに決めていた。すると先月縁した宇宙の友一蓮さんとママに再会できることになり、一緒に行くことになった。   

 0808kifuneshrine.JPG 貴船神社   0808kifuneship.JPG  黄舟の場所

 この旅は、ただの旅ではないだけに、いろいろなことが体感された。貴船神社では初めてこんなにはっきり神様が写って、びっくり。出発の鳳凰の月が、この地で静かに舞い降りた感じ。

岩長姫の宮で、早速祝詞とアマテラスを謡う。前日の大神神社にも貴船神社があり、そのつながりにひそむ鍵をしっかりと持ってきていた。 一蓮さん&ママは、その鍵を担うひとたち。

宇宙の意志があちこちと縁を紡いで、壮大な宇宙ストーリーを奏でる。貴船はそのエネルギーを沸かす場所となった。

そして、約束の地鞍馬へ。 鞍馬は頂上まで登りたかったけれど、今回は由岐神社までということで。しかしそこに、カナメとなる井戸があった。清めて、謡って、旅の修了。

とても感慨深い旅だった。これから、本当にいろいろが変わっていくだろう。アリオンの友として、

さまざまな惑星が連動し、協力し、動き、時に敵対して、私たちは人としてこの地球で具現化する。

だからこそ、人間はいろいろなんだということを学んだ。その中で麗しきもの、感動するものを感じ取ることの大切さ。人の麗しさは、それを共に感じる人に出会ってさらに大きくなる。純粋な思いに満ちるとき、タモさんのいう「自(みづ)の透清身(ススミ)」に向かっていくのだろう。トコトワに。

 0808shojinryori.JPG 鞍馬寺入り口にある精進料理の店で。美味かった〜。ゴマ豆腐最高ビール

この記事へのコメント
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)
この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/13311927
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)