日と月の出会い

2008-08-01

0807takehayashine.JPG   0807kaitentuki.JPG  ニニ八八∂タリ ニホン八∂

日は火であり、飛であり、霊だった。 月は炎であり、夜の音であり、振動だった。

私たちの内と外のように、日も月も私たちから見るとともに ヒ・カ・リ。

今日朔の月に日が隠れ、 今月月満ちるときに月が隠れる。 華麗なる時空は、翼の羽音で満ちる。

大いなる神のハタラキ、聖なる浄化、私たちの心根がいよいよ試されるとき。 鏡に映る0九十は、誰のため?

345の493。 それぞれの数が、開くとき。 ヒフミヨイムナヤことももちよろず 3694649雷

 

この記事へのコメント
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)
この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/13304359
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)