MY-JUVENILE MUSIC 

5次元の水瓶座時代   2007-06-03

子供のころから生意気にも洋楽好きで、10歳でR&Bやソウルが好きだったってなんて、かなりいけてたと思う。中学時代に初めて買ったレコードがカーペンターズで、FENばかり聞いていた。そのころ気に入っていたのがフィフス・ディメンション。アクエリアスやウエディングベル・ブルースなどなど、コーラスの美しさとPOP感が大好きだった。
さて、このアクエリアス、あの時代に「さあ、水瓶座の時代の到来だ!」なんて5次元<5th Dimension)という名のブループが歌っていたんだよね。このアクエリアスには、Let's the sunshine というのが後半に入っていて、「さあ、太陽の輝きの中へ」と歌い上げるのだった。(そういえば、最近太陽の活動が活発だとか)
そんな歌を歌っていたせいか、いえいえ、魂の中にプログラムされた宇宙讃歌をちゃんと聞き分けていたんだと思うけれど、幼稚園はキリスト教なのに、キリスト様よりマリア様より三賢者を導いた星が「すごい!」と思っていて、(讃美歌の中の「光の子」という歌は今でもちゃんと歌える)、音楽の中で宇宙感があるものが好きなんだ。
今でもお気に入りのMINAKO やMISIA は宇宙の歌を歌うし、MINAKOは「もし音楽がなかったら、愛しの宇宙人と交信なんてできない」なんて、すごいよね。この人だったら、火星人とコンタクトできそう。
40年近くたって、まさに「水瓶座の時代」の入り口にたった。
昨年から今年にかけての満月シューティングは、すごいね、念入りになってきている。昨日の満月物語(魔女のお気に入りを見てね)も見ていてホントにすごかった。宇宙が近い。オリオンの宇宙ゲートが開いている感じがする。
月読命のエネルギーであるニギハヤヒ命の正式名は、天照國照彦天火明甕玉饒速日尊」(あまてる くにてるひこ あまのほあかり くしみかたま にぎはやひ の みこと)だけど、この甕玉は本当は水を入れる瓶の事を指し、お酒の始祖としても名高いのだ。
そういえば、今年の2月のご顕現、あらま水瓶座だ。そういうことだったのね。

enapicture2.gif  
この絵は、5年前会社を作るとき手話の先生エナさんに頼んで、「水瓶座時代」というタイトルでイメージして書いてもらったんだけど、奇しくも地球がフォトンベルトに包まれているイメージがある。そのころはまったくそんな情報がなかったのに。

十六夜の今日の月も、パワーが健在です。
日月の神、あちこちとアキラカニして地上の浄化が進んでますね。
076316night.jpg  076316yahp.JPG
この記事へのコメント
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)
この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/13185675
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)