雨季の過ごし方

雨一年の中でも一番「キライ!」といわれそうなのが雨季。地球温暖化もあって、今年の気象は今までとだいぶ違うが、雨季も早くやってきました。
この時期、「だるい」「眠い」「疲れがとれない」「食欲もない」という感覚が強くなり、むくみや冷えも感じやすくなります。
特に女性は、ツライことも多いのでは?急に薄着になったのに、会社では冷房がきいていて、寒いくらい。
雨季は、ヴァータ(風)、ピッタ(火)、カパ(水)のドーシャ(エネルギー)の全てが乱れやすく、特にアグニ(消化力)が弱まってくるので、食欲不振から代謝力も鈍ってきます。この時期に、肉類や揚げ物、乳製品等の重性のものをとりすぎたり、食べ過ぎたりするととたんにアーマ(未消化物)が生成され、だるさや体の重苦しさを感じやすくなります。
この時期のポイントは、運動と発汗と良質の眠り。適度に体を動かし、汗をかくことで、代謝力を落とさずアーマも消化され、体の不快感がなくなります。入浴や半身浴もおすすめ。よく温まって、夜更かししないようにしましょう。

この記事へのコメント
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)
この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/13119610
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)