ミッションのバトン

2017-04-24

桜が終わったと思ったら、急に寒くてびっくり。来週はもうGWというのに、今年の天候はほんとに読めませんね。

Acc0416ingland.jpgB0422saiun.jpg

A:4月16日、イギリス ウイルトシャーに現れた今年初のクロップ・サークル。

B:4月22日に、日本中で見られた彩雲。

この彩雲は、直線状のものは地震の予兆と言われており、四川大地震の時にもはっきり見ていました。2015年くらいまでは、HARRPのような電磁装置によって、天候や地震などを引き起こすアタック作戦がよく行われていましたが、それをサーチする人たちが世界中にいて監視しているためか、最近はあまり聞かれなくなったのです。

ちょうど4月20日頃、太陽の大きなコロナホールが地球方面に向いており、磁気嵐が23日から25日くらいに到達予定とされていると、アメリカでは停電があったりしていました。

でも、こんな記事も。 → 太平洋で巨大なエネルギーパルス。 

今、北朝鮮とアメリカ、さらには中国、ロシアの巻きこんでの、北朝鮮核実験牽制合戦が繰り広げられていますが、これらの国は核など使わなくてもEMPと呼ばれる電子武器を持っていて、それぞれの中枢になる場所へ電子アタックを仕掛け、情報網や送電等を壊滅的に破壊することが出来るのです。

送電線をアタックされると、その国が復興するのに1年以上かかるそうで、その間に様々な策で国も国民も淘汰することはすぐできるでしょう。

核を使うと大地が汚染されるため、後が厄介というのは日本がよいサンプルでしょう。核を使わず、表立った攻撃もせず、その場所に壊滅的な被害を与えるとしたら一番有効なのは「天災」ということも、日本がお手本になってしまいました。

最近電車に乗ると、立っていても急激に眠気が襲ってくることが多々あるのですが、この間はっきりわかったのはスマホをいじっている人たちの間にいると、余計そうなる・・ということでした。行きかう電波に、脳が耐えられないようなのです。

電子武器は、そのように脳もアタックできるので、これから大きく使われていくと予測がつきます。

 

なんでこんな状況になっているのか・・。これらの武器は、最近ではなく何億年も前から使われていたとしたら・・・。宇宙は、そこに暮らす種同士または異種との争いによって、核や機器を使って星々を滅ぼして来た過去を持つ種もいます。そういう家を無くした種が、次なる星を探求し植民してきて、その星の状況に適合できないと、地下に住んだり、自分の姿に似せた地球に適応できるヒューマノイドや生命体を作り、その中にウオークインして地球生活を楽しんだりしていたのです。

地球でも今は沈んでしまったアトランティスやムーなどの話がありますが、シュメール文明を作ったアヌンナキと言うニビル星人達も、地球へ植民してきた訳ですね。アヌンナキは、プレアデス系列の人たちです。

日本人の祖先である縄文人も、弥生人も宇宙種であり、特に弥生人は「アメクモ族」と言う宇宙種であり、アマ(海人)族として天降ってきたことは、2011年から「魔女のお気に入り」に乗せたアーリオーン・メッセージを読んで下さった人たちには伝えてありますね。

世界にいるそれぞれの民の神々や神話は、その種と種のDNAが組み込まれた人類に対して、源を忘れないように日々崇め、祈らせ、伝える為に宗教になったりしています。日本の神道は、教えがないので宗教ではありませんが、八百の神々とともに、神社で祀られている神はアマ族の人たちでした。 → ASIAN SEEDS参照。

私は子供のころから、冬生まれのせいかオリオン星が大好きで、キリスト教の幼稚園に通っていた時、キリストやマリアより、三賢者を導いた「ベツレヘムの星」が凄いと思い、毎晩星ばかり見ていると、母が宇宙の本を買ってくれたり、当時渋谷にあった五島プラネタリウムの会員にしてくれて、宇宙にのめりこんでいました。

そうやって、生育していく中で、数々の経験や不思議な体験などを交えて、自分のキャパシティが広がっていったとき、人生の転機という絶妙なタイミングでアーリオーンを知って行ったわけですが、その時は本だけの情報だったのに、徐々にその核になる人たちと知り合い、さらに深いメッセージをもらったりしました。

30代は体験、40代は実践、そして50代は核心に触れていくという体験をし、宇宙感覚の大きな目覚めになったのです。それらには、必ずその時その都度、新しい出会いや場所があり、ついにはアーリオーン達との直接交流(と言っても彼らに肉体はないので、もっと複雑な方法で)があり、大きな気付きがありました。

30代、40代は自分の事が中心になりますが、50代ともなると「自分は何のために、この経験をしているのだろうか?」と考えるようになり、するとあちこち行かされたり、ビックリするようなシンクロや体験をさせられたりして、まるでドラマのような時間の経験があり、さらに深い脳処理が出来るようになっていったのですが、後半は自分だけでなく関わる人の過去世にまつわることまで体験し、メッセンジャー的な役割=天使のお使いみたいなことを学ぶんだな、と感じました。

実際、私は地球卒業が迫っているわけですが、その後UFOのスッチーになるのが希望ですが、卒業する人の役割の一つが自分が導かれ育てられたように、地球人を導いていくという役目があるのだそうです。おそらくこれが、守護霊とか言われる役目なのでしょうね。

すると、昨日大きな役目がありました。 以前このブログでも紹介した「日本の目覚めは世界の目覚め」の著者である長堀優医師のセミナーがあり参加してきたのですが、紹介されたのが11月で半年足らずでお目にかかれる機会を得て、その時直観的に「アマ族の資料を渡そう」と決心しました。

これほどまで強くアーリオーンに導かれ、海人族や空海などに惹かれて、ついには自分が海人族だった過去世まで触れた人は今まで皆無だったので、現在地球上で私ともう一人しか持っていないこの貴重な資料を役立ててくれるのに、一番ふさわしいと感じたのです。

当日先生は講演後のサイン会で大忙しでしたが、今日「貴重な資料ありがとうございます。じっくり読ませていただきます。」との丁寧なメッセージをいただきました。この資料が長堀先生にわたることで、海人族研究をされている方や、同志の方々の理解が圧倒的に深まり、多くの解明がなされることでしょう。

ミッション終了。

 

そして、もう一つ。夜のバイト先で、詩人の高見順氏と初代女将に呼ばれている気がする・・、と書きましたが、確かに高見順氏や同世代の作家さん達に興味を抱く文学好きの方も多く来ていて、今は亡き高見氏の魂が未だここに遊びに来ているような感覚があり、それを伝えたいんだなあと思っていました。

この数週花見に来る外国人のオンパレードで、ほぼ100%外人さんばかりの大忙しが続いていたのですが、新人のおじさんがなかなか仕事をこなせないので、社長と私の二人がてんてこ舞いで動くという日々が続いていたのです。でもここで、「あっ!」と気づいたことが。亡き初代女将と二代目女将にしっかり頼まれている!感覚が。なかなかに、ツーカーな動きで、コンビを組めていました。

ooiribukuro.JPGすると人生初の「大入り袋」。

中身はランチ分ですが、この気持ちは嬉しいです。(この数年とても忙しいけれど、社長がこういうのくれるのは初めてらしい) 

ここでもどうやらいろいろなミッションがあるようで、あとひと踏ん張りなのかな。人生の総仕上げとして、自分を使い切ります。

MAGIC by Sekai no Owari

 

 

母と父の名において

2017-04-17

ピンクムーンが明けて、慌ただしいニュースが駆け抜けました。世界をきな臭い匂いでいっぱいにするかのように、「想像できうる展開」が始まり・・・ 米国シリアでサリン、アフガニスタンでMOAB(Mother Of All Bombs)投下、北朝鮮ミサイル発射するも失敗…凄いモードになってきたものです。

 

A0405indianight.jpgB0407hyouchinakiyo.jpgC0415iranflood.jpg

A:4月5日インド、ニューデリー近郊の町ですさまじい落雷。

B:4月7日中国南部で洪水。

C:4月15日イランで洪水。

天空の様子もすさまじい。イランは乾燥地帯なので、洪水になるほど雨が降ること自体珍しいから、やはり地磁気との関係があるのでしょう。

と思っていたら、今日のIn Deepさんの記事を読んで、「あ、こういうことになるのかも」と気づいた次第。

4月13日アフガニスタンに投下されたMOABは、何かと象徴的なモチーフの多い北緯33度線であり、さらにユーラシア大陸最大の断層とプレートの交差する場所だったそうで、地下組織を破壊できるほどの爆力の威力を綿密に計算した上で投下した可能性が高いそうです。それがもたらす影響は、断層を活性させ、地震や天候異常を引き起こし、人や町に壊滅的な被害をもたらすことを目的にしているとしたら・・。

核爆弾ではない、このすべての爆弾の母と呼ばれるMOABの威力を見せることで、カリアゲ国だけでなく、周辺の国へも威嚇することができるわけですね。(こそこそ、せっせと海に基地を作ってしまった隣国の努力も、一発で終わりにすることができるぞ、とかね。)

湾岸戦争の時に、多国籍軍参加でクラスター爆弾を見せられた時、核よりも進化している武器を創りだしていることを知った時の感覚を思い出しました。これからは、洪水や火山の噴火も武器として促し、その場所を壊滅的な状況にさせる作戦は、もしかして3・11で実験済み、という予測もたってしまいます。

すると、「こっちは父だからな!」とでもするように、爆弾の母以上の破壊力を持つ、爆弾の父FOAB(Father Of All Bombs)をロシアもすでに持っているそうで、何かあったら日本は全く勝ち目などなく、ひとたまりもない状況になることを容易に想像できるわけです。

狂った指導者たちが君臨する世界は、日本も例外ではなく、先の全く読めない状況になってしまいました。

 

さて、ここで不安いっぱいになるか、宇宙人が助けに来てくれると思うか、そんな事態は絶対に起きないと信じ込むか、祈りまくるか、人それぞれに意識が違うでしょう。

昨今、結婚したがらず、家族や子供も作らず、出来るならば働きたくもない・・という意識を持っている若い人が増えているそうですが、確かに今までは「それが当たり前だから」「皆そうしているから」「そうしなければ家系が絶えるので」と言う意識で、慣習になってたのだと思いますが、もし自給自足的に食料や住居、エネルギーが確保できれば、無理してどこかに属してお金のために働く事などしなくなるでしょう。それは、夢が持てない国になってしまったのもあるけれど、若い人が洗脳されず「おかしいと気づき始めた」からなのだと思います。

結婚しなくても好きな人と一緒にいたいときだけ居て、子供が出来たらみんなで育てて、自由な時間が持てていれば、もっと大きな家族となり、全体性になっていくでしょう。縄文時代はそうだったようです。

つまり、今までのパターンを根本的に覆す時期に来ている。そのために、根幹から変わるための流れになってきている・・私はそう感じるのです。

NHKの大河を見ていて気付いたのは、世界中の戦国時代は「領地争い」のために行われ、その時に「争い」の意味や意義を魂に刻み、魂の成長を促し、小さな場所の争いから大きな国同士の争いに移行し、さらに大きな視点や意識を目覚めさせていくときの流れだったと、感じました。転生組は、そのカルマや傷あとをチクッとする痛みで振動し、さらに様々な出来事を通じて大きく成長していき、この地球での卒業式に臨んでいるのが今だと思うのです。戦争は領地争いから経済戦争となり、誰が一番権力や権威を以て支配しているか、の目に見えない構造のため、一見平和に見えるのが今。でも決して、穏やかではなく。

今はみんな自分に集中する時です。今に集中する時です。先を夢見るではなく、明日ガラッと何かが変わっても、自分の内面だけは何も変わらないように、コアに集中して体幹(大勘)を鍛えるとき。真の瞑想とは心が揺らがないことですから、集団瞑想よりも今は自分に集中してください。

世界平和 by Sekai no Owari  このメンバーはみんなシリウス系のスターチャイルドですね。

 

 

ピンクムーンと蒼い雨

2017-04-11

今宵は満月で、しかもピンク色がかるというピンクムーンです。

0410pinkmoon.JPG0411pkmoon1.JPG0412pkmoon2.JPG

左は、4月11日午前2時、真ん中が午後11時、右が12日午前1時のもの。色の変化がわかる感じです。

この日は、朝から7,2度という冬に逆戻りの低温で、しかも大粒の雨が9時過ぎまで降っていました。桜の季節に咲くこの雨は、桜雨、花ちらし、と呼ばれるそうでが、私は蒼い雨と感じました。

ちょうど前日に、浅田真央さんの選手引退宣言が出て、今日はテレビは真央ちゃん一色。その中で一番際立ったのは、やはりソチ五輪のフリーの演技。あの蒼い天使のような衣装とともに、あの時から伝説になりました。

多くの人が残念に思い、しかし彼女の気持ちを考えると、「引き際」を引き受けるときの切なさが、今日の涙雨になったと感じます。たくさん泣いて、しかし現実を受け入れ、次のステージに向かう時の、澄み切った気持ちに切り替わったように、きれいな満月が現れました。

 

生命体は必要にに応じて進化する生き物…特に人間はその身体能力、頭脳、理解力、創造力、それらを比較検討するために、様々な競技や論文合戦、大会などがあるのです。

残念ながら、身体能力は一番安定期が短く、記録がすべてで、成長や成熟に伴い瞬発力や筋力の低下は免れず、選手寿命が短いスポーツの代表がフィギュア・スケートかもしれません。

真央さんは、明らかに10代の時より体格が変わり、ジャンプのピークも10代だったのでしょう。それをキープし続けるには、筋力や体幹力の鍛えとともに、体の使い方の徹底的な理解(自分の体調コントロール)が必要になってきます。

「悲劇のヒロイン」・・マスコミはそういうレッテルをつけました。トリプル・アクセルという武器があるにもかかわらず、オリンピックで金メダルをとれなかっただけでなく、実母の早すぎる死や、トリノオリンピックに年齢制限で行けなかったことなどを例に、彼女をそういうヒロインに仕立てようとする雰囲気には、ちょっと閉口します。

 

それぞれの人生は、生まれた時に既に決まっている。あとは、どうそれをなぞらえて、スケジュールどうりに生きていくか・・・私は自分の人生を振り返ると、これを断言できるほどです。

それぞれの人生は皆同じではなく、時に多くの人に影響を与えるべく、表舞台に立つ人たちが多くいます。その影響は、誰もが経験できない場に遭遇し、それを知らしめるべくマスコミに取り上げられ、その一挙一動が報道され、人々の心に様々な思いをもたらす・・まさにスターチャイルドなんですね。

真央さんもゆづ君もその一人。二人とも、点数を超えた独自の世界があり、多くの人の心に入り込んでいます。悪いけど、ソチの金メダリストの名前も演技も忘れ、銀メダルのキム・ヨナさんは、ふてくされた顔しか覚えていませんが、真央さんの演技は世界中の人がしっかり記憶しています。

真央さんの境遇があえてパーフェクトではないのも、彼女の努力や向上心につながり、また「真実のもの」をつかむために、必要な場と感じます。

彼女のこれからの選択や生き方そのものは、この先ずっと注目されるでしょう。それは、「演技」し続けることは無理なため、本心と本質で構成されるでしょう。それにより、スケート以上のものでもさらに注目されていくでしょう。彼女は完全に観音(周波数を変える役目)であり、天使(宇宙と地上を結ぶ役目)として降りてきています。

こんな素晴らしいドラマの影で、男性社会は「戦争の仕掛けの匂い」をまき散らしながら、「恫喝」や「虚偽」をちりばめて、見苦しい世界を創りだしています。特に旧い時代の人たち、ひどすぎです。

 

今宵のピンクムーンは、今年最後の桜を咲かせ、明日から新しいモードへの入り口としてゲートを開きました。

0409colorfulaurora.jpg4月9日北極圏に現れたカラフルなオーロラ。(Space.Weather.comより)

3月末から噴きつづけた太陽フレアは、ようやく落ち着いてきたようですが、その間大量の電子が注がれており、体調不良や精神的不安定さをもたらしましたが、これはいよいよの二極化に向けての篩いのようです。

自分の意識がどんなふうに変化したか、様々に確認してみてください。物事のとらえ方や感じ方に変化はありませんか?あるいは価値観がガラッと変わったりしていませんか?

少しでも変化があると、これから出会う人たちも大きく変わってきます。そして、新しい体験をするために、ススミがあるのです。中には、変わらざるを得ない経験をさせられるかもしれませんが、それは「停滞しやすい思考」を持つ人への、宇宙からの後押しです。

真央さんの人生変化は、それを見せることで多くの人たちへ啓示を与えているのだと感じました。とにかくススメ!そしてジャンプ!転んでも、また飛ぶ!魅(見、視、実)せてくれて、ありがとう!

★これを書いている3:11分に地震! (わざとか!)

とにかく見ましょう!

春雷で桜開花

2017-04-04

先週早々に開花宣言が出た桜が、その後の低温続きで花開かず、今日あたりからぼつぼつ満開宣言が出る模様。太陽が先週から活発化し、この数日CクラスMクラスのフレアが続いており、過度の眠気と耳鳴りに、その伝播を観じます。

0402m5flair.jpg4月1日のCクラスフレア。(Space Weather.comより)

さらに大きなコロナホールが地球方向に開いており、フレアと磁気嵐で磁場が荒れるようで、昨日春の訪れを告げる春雷が夕方鳴り響き渡りました。

0329jikiarashi.jpg3月29日、ニュージーランドに出現したオーロラが語る磁気嵐。

これで桜も咲きほころび、ようやく春らしい季節が到来します。

 

久々の太陽フレアですが、5年前から比べると体に受ける感覚は大幅に変わっており、もう下痢や吐き気には苦しまなくなりました。突然の眠気で寝落ちするような感じがあるのですが、それはどうも宇宙ダウンロードがなされ、その設定のための強制終了=旧い意識や知識を刷新するためのようです。

3月の春分を挟んだ満月〜新月は、まさにポータルを抜けていたのであり、4月に入って俄然モードがかわりました。これも周波数チェンジですが、体の感覚(何か肉体改造をされている感じで、力が出てきています)も意識の感覚も変化があり、自分刷新感が強くあります。

さらに、思っていたことが現実になる・・それは自分にとってだけでなく、社会の中において具現化されるということが多々あり、思いが共振している感がすごくあるのですね。 たとえば今日FBで見つけたこのニュース。

シングルマザーとシニアの共同生活。これずっとあるといいなと思っていました。さらに敷地が広ければ、あるいは借りてでもいいから、畑を作って自給自足的なものがあれば、食費などの経費が減らせさらにシニアにとって健康にもいいし子供たちの教育や情緒安定にも貢献するでしょう。認知症予防や孤独死などの高齢者問題も減らせるでしょう。

これは女性ならではの発想です。男性なら、利益や費用対効果を優先にするあまり、こういう発想にはならないでしょう。女性エネルギーの時代到来で、なんか嬉しくなってきました。

まず東京で、さっそく小池都知事にこのシステムを広めてほしいと思います。

こういう具現化がどんどんでてくると、周波数の変化が具体的にわかりますね。どんなにスピリチュアルなことを言っていても、個人に終始してしまいがちで、全体性の事や改善につながる策を練る人はあまりいません。

周波数が上がるという事は、善悪、良し悪し、光と闇、などの二元性を超え、統合された意識に基づいた認識があり、そこからの発想になっていく、ということです。

昨日の春雷は、そのファンファーレと感じました。

そういう意味でも、今年の桜は特別。しっかり愛でて観じていきましょう。そして新しい自分へ!

 

サクラサケ by ARASHI ヒューヒューッツ!