緑の豆類

2017-03-30

桜も今週末には見ごろになりそう。 しかし、寒い日は本当に寒い今年の春模様。

それでも八百屋さんには、春ならではの野菜類が並びます。

新じゃが、新玉ねぎ、新キャベツをはじめとして、フキノトウやタラの芽のほか、絹さや、インゲン、スナップエンドウ、グリーンピースという緑の豆類も豊富な春。

緑の豆類は、甘味の他苦味や渋味を有するので、ピッタやカパの人にお勧めですが、ちょうど花粉症等が出てくる今にピッタリの野菜です。

0328springitem.JPG harutenpura.JPGharucook.JPG春の食卓。ロールキャベツ、天ぷら、春野菜のシチュー、など。

どの豆も、味噌汁や煮物、炒めもの、天ぷら、サラダなど、どんな料理にも会いますが、絹さや等の香りの高いものは汁や煮物等でその香りを生かし、インゲンやスナップエンドウなどの歯ごたえがあり食感のよいものは、あえ物やサラダ、炒めものなどが相性が良い調理法です。例えば、胡麻和えはカルシウムやミネラルと糖質、豆類の持つたんぱく質が摂れて、小さな副菜でも栄養効果が高い一品。

最新の発見は、天ぷら等の油を使った調理の時は、副菜で大根やカブの煮物やサラダを必ずセットにすると、お腹にもたれず、早く消化します。 また、小麦粉を使うより米粉のほうが消化しやすかったので、これも参考にしてみてください。

あと数週間で終りになる菜の花も毎日食べていますが、これもいろいろな調理に使えるので、ワンパターンにならないように工夫してみてくださいね。

ちなみに菜の花は、みそ汁、トン汁、おひたし、酢味噌和え、炒めもの、パスタ、うどんやそば、お好み焼き、茶わん蒸し、白和え、餃子などに使え、出来れば苦味を生かした調理法がおすすめです。

花粉症のある方は、新玉ねぎのオニオンスライスや、菜の花がおすすめ。

★数週間で終わってしまう日本ならではの 旬の春野菜 の味わいを、今年はぜひ堪能してみてくださいね。

 

 

五次元新月、そしてニューフェイスに。

2017-03-28

今日は新月。20日の春分の日に開いたゲートが完全に解き放たれ、新たなエネルギーが注入されています。さっそく太陽がCフレアを噴出し、コロナホールから磁気嵐を送られ、耳鳴りがすごいこと。また、凄い眠気に突然襲われたり、午前中絶好調だったのに午後ヘロヘロという人も多かったようです。

A032suginamisprite.jpgB0313uforainbowskl.jpg

A:3月22日東京杉並区に現れたスプライト。(非常に珍しい現象) 

B:3月25日、スコットランドに現れたUFO雲と虹色の光。(A,Bとも地球の記録 アース・カタストロフィー・レビューより

春分の日から、それまでしばらく黒点ゼロだった太陽に黒点が現れ、フレアやコロナホール出現など活動し始めていました。あのいるみな、でびっど・ろっくふぇらーが七回の心臓移植を経て(やっと)亡くなりましたが、レプティリアンでもどれだけドラキュラ的な悪魔行為をしても103歳までしか生きられないのは皮肉なことですね。でもこれも、次元上昇の一つのサインと感じられます。

 

20日過ぎてから、シンクロ等が加速していると伝えましたが、一時落ち着かなかった感覚もクリアになってきて、太極拳の時に大きなエネルギーがまた通過するようになりました。

0325sakuparty.jpg宇宙孫朔ちゃんと久々の再会で、どんどんテレパシーが伝わります。(初めてのお好み焼きを食べてくれました〜)

そして、今日探していた新しいメガネが出来て、今日からニューフェイス。

0328newglass.JPG 

昨年のクリスマス、お客様から「私の色!」とプレゼントされたメガネチェーンが発端で、インディゴブルーがテーマカラーになり、おそろいのイヤリングと、まさか見つかると思わなかったフレームカラーを見つけ、即決。

とても気に入って、これからはメガネ着用で外出もしようと決心。つまりは、私の新しい顔となるわけで、ニューフェイスなのです。なんかワクワクする感じ。何せ、インディゴ第一波世代ですから、その色をまとう。

このメガネに合うファッションやスタイルを新しく構築しよう、とまた想像力がむくむくし、テンションが上がっていますが、これも周波数につながります。

来月に、紹介していた「見えない科学の力が医療を変える」の著者、長堀優先生のセミナーがあり、それに参加することに決めて、私は一つの決心をしました。そこから見えてくるのは、いよいよの卒業式。これもまた、アーリオーン達がしっかり導いてくれたハコビです。

地球の加速に伴い、物事はどんどん進展(新天)していきます。この流れに乗るか乗らないかは、自らの感覚が示してくれるでしょう。

BTLのシローダーラーと、528hzの周波数で、どうが今こそ調えてください。そして、この流れを愉しんで生きましょう?????????i?V?????j

青い太陽 by SEKAI NO OWARI

 

NEXT STAGE

2017-03-20

今日は春分の日。そして、本当に波動が変わりました。

数日前から眠気が強くて、昨日はトロトロで、今朝はいきなりポカをやらかし・・。その時に、「あ、タイムラインが変わったんだ!」と実感。暖かく、穏やかな日でしたが、明日は少し嵐らしい。

0320kinseishine.jpg地球と太陽の間を通る金星が太陽に最接近し、虹のオーラをまとう。(Space Weather.com より)

この10日間は、本当に不思議な流れでした。何と説明したらいいかわからないけれど、意識の感覚が凄く変わったというか、拡大したというか、さらにやたら忘れ物が多かったという・・(泣) 半分抜けてる感じ。

 

日本は確実に春の気配を感じるけれど、同じく桜で有名なワシントンでは記録的な低温のため桜が半分開花できない状態だそうです。ここのところ、異常気象だけではなく、火事や爆発事故などが世界的に多いですね。

こういうのも共時性になってきていると思います。

共振共時する今は、悪いことだけでなくよいことも伝播するでしょう。だから、一人一人が大切になっています。

世界最古の宗教であるゾロアスター教では、「よい思考、良い言葉、良い行動」の三原則をあげていましたが、確かにいつも向上的に思考していると、言葉はポジティブになり、行動も活性します。反対に、ネガティブな思考に溢れている人は、言葉使いが否定的で不快であり、行動も人から嫌われるような態度が多くでます。思考形態は、生育歴から養われますが、途中でそんな自分に嫌気がさして修正する能力を本来は備えているのですが、その行動やきっかけをつかめないと、そのまま人格として形成されていき、いわゆるサイコパスという人格障害になったりします。

言葉は本当に大切。その人が日ごろ、どういう発言やアクションをしているかを観察すると、本質が見えてきます。そして言葉の前に思考、その前に意識、その前に無意識(本質)があり、この無意識の状況(周波数)によって、反対に意識→思考→言葉という周波数を拡大させていくプロセスで、意識の段階で同じ周波数を持っているとシンクロが興り、無意識の段階だとテレパシーが通じていきます。

今までは、人の言葉によってその人の考え方を知り、性格等を観ていたりしましたが、今はそれらを一気に飛び越え、意識と無意識の状況で共振するかどうかで観じあうと、思考や嗜好の傾向が同じであり、同じ言葉を使いあう等の同調性がでてくるので、お互い探り合ったり、演じたりする必要がなくなってきます。これがまさに5次元の世界です。一致しているので全てが早く、行動も目的も成就する。それが何人も集まるから、大きく成就する。これが宇宙の秩序です。

スピリチュアルの名で、いろいろなメッセージがでていますが、一つ非常にネガティブな波動がでているものがあり、どうも読み進めることが出来ずにいたものがあったのですが、そのコンタクティー自体にアクシデントが起こり、「闇側のもの」ということが暴露されていました。そのメッセージを崇めている人もいましたが、「同調感」を観じていると、憑依に近いウオークイン状態になっていたようです。→ これを参考に

 

私はピッタという火の質が高いせいか、母に似て怒りっぽいのですが、それが嫌でいろいろ修行しました。でもどうしても私を怒らせたいと天が働くことが多く、ありえない事態に遭遇し、怒り狂うという経験をしたことがあります。その時に、初めて自分の中のエネルギーの強さと大きさを感じ、そこで出てきた行動力と思考能力、隠れていた自分の潜在能力に出会い、びっくりしたことがあります。思えばずっと親に抑圧されていたので、しまいこんでいたエネルギーだったのです。そしてその時に起こした行動は、問題を一気に解決する方向に進み、私にとって次のステージへ進むためのチャンスとなりました。

そして、アーユルヴェーダを学び、自分の体質を知った時に、この強い「怒りのエネルギー」を、物事を改善する大きなエネルギーに転換しようと決意し、爆弾ではなくジェットエンジンになろうと生きてきました。

武術気功や瞑想、太極拳のおかげで滅多に怒ることはなくなりましたが、先月久々に怒り心頭となり、しかし冷静に行動しました。私を怒らせたのはサイコパスの人だったので、通常の介入は無意味ですが、実はこれにカルマが絡んでおり、『カルマを解放せよ』というテーマでした。(理不尽な出来事が起きるときは、そういうテーマの場合が多くあります。)

そこで私はとても冷静に実質的に行動し、しっかりと言うべきことは言い、ある決意を固めました。このカルマは、(戦国時代の)多くの人が絡むものだったので、個人と言うより一族のものが固まっているために、複雑ですがそれをちゃんと修行として事前に訓練してくれていました。(今になって、よくわかります。)

今までその恫喝的な態度で、多くの人を支配下に置いていたサイコパスにとって、私のような動じない人は(しかもおばさんで)初めてだったと思います。だって私、これでも心理士だもの。しかも本当に強いし。(伝統太極拳を習い、実際の攻撃法を学んでいることはとても大きい。本当の攻撃をしなくてもディフェンスができる=相手の動きを観る感覚を学ぶという事がこれほど大きく心理に作用するということを、改めて感じています。)

問題を起こすたびにそのサイコパスは、寝込み、熱をだし、体が痛み、動けなくなるという洗礼を受けています。本当は蚤の心臓なのでしょう。恐怖心のない私のオーラは、その波動を跳ね返しているというわけです。自分が出しているネガティブなエネルギーを自分が浴びているだけ。自家中毒状態。

そして、とうとう今日からステージが変わりました。さらに周波数を上げていきます。あのね、自己覚醒って、別に賢者になる必要などないの。自分をとことん知る、という事が大切なの。そのために、感情的になってもそれは自分を知る手掛かりになります。むしろ、それを悪いこととして抑制したり、瞑想して心が動かなくすることばかりに気をとられていると、憑依されたりするのです。 → これを参考に

自分の周波数を上げていくには、自分の核を知ることが一番。そのためにいろいろな出来事が起きて、今までとは違う自分が出てきたとしても、それは本質を知るための宇宙の仕組みでありタイミングと捉えて、殻を抜け出してください。いよいよ蝶(トンボでも、セミでもいいから)になっていきますよ〜 シュワッチ!

Indigo Waltz by Toshinobu Kubota

 

 

 

 

 

 

 

 

新しい展開(転回、天界、典開)へ

2017-03-12

今日は満月。そして昨日は、6年目の3.11でした。何か節目と言うのにふさわしい今日の満月は、先月の回転トンネルを抜けて、新しいビジョンへの移行(威光)を感じさせるバイブレーションに満ちています。

0312flmoonti.jpgPhoto by Tomoko Inoue

すると、この周辺の日々では世界にいろいろな現象が起きていました。

A0309nijitatsumakigerman.jpgB0311desvalleyflower.jpgC0311haloaurolafnld.jpg

A:3月9日ドイツで見られた竜巻と虹。

B:3月11日アメリカ、デスバレーの砂漠でのスーパーブルームと呼ばれる開花現象。(In Deepより)

C:3月11日フィンランドに現れたオーロラと月暈。(The Space Weather comより転載)

これらは明らかに電離層での電子による影響です。魅惑的で美しいと観じますが、地球の状況がどんどん変化している、と言うように捉える感覚も必要でしょう。

昨日の3.11の日と今日は、かなり低音のブーンと言う耳鳴りを左右の耳で感じ、先週は「〇〇線で異音を感じたため、電車が遅延しております」という状況があちこちで続いていました。

アポカリック・サウンドと呼ばれる異音現象は、2011年くらいから世界中で騒がれていましたが、ポールシフト中の地球の内部と外部のズレから生じる摩擦音としての他、HaarpやCernのような電子や量子実験による振動からも生じるようで、日本ではちょうど岐阜県で核融合科学研究所による実験が行われていました。

岐阜県と長野県にはフォッサマグナと言う活断層が日本を分断するように走っており、その近くでこのような実験は相当な影響がある、と感じます。岐阜県には、神岡町というスーパートリノを研究する機関がありますが、スーパートリノ発見者でノーベル賞受賞者の小柴昌俊博士らの功績が、やはりいるみな人たちに利用されている=利用するために賞がある?感が否めません。

いずれにしても、3月のバイブレーションは2月とは変化しており、緊張感のあった2月の感覚から、テンションが緩んで、春らしい気候の最中もあって「ぼーっ」としてしまう事が多いようですが、実はとても重要な時期(磁気)でもあるので、体をしっかり動かして意識をはっきり持つとよいでしょう。

 

以前紹介した「がんは神様」の著者である外科医の長堀優先生が、講演の中で「天武天皇時代に天武天皇を支えた海人族であった…という過去生の話」があったという事で、同志を確信しました。→ 五次元のステージ

海人族を意識する人は本当に少ないと思います。アーリオーンが説明してくれなければ、単純に一つの民族程度にしか扱われてなく、意志を持ってやってきた宇宙種族であるとなど、誰も信じてくれないでしょう。

でも、こうやってアーリオーンは、時期を見て、本人の意識の覚醒を観ながら、結びつけをしてくれる・・今回、かなりいろいろな試練を与えられましたが、この段階で天使の助っ人を送ってくれました。いやはや、びっくりな展開です。つまりは、真剣に自分がその物事をとらえ、解決方法に向けてしっかり行動し、対処してきたことを観ていたのだと思います。

人生最後の仕事は、まさにハタラキ。傍を楽にするための役割。その人の魂を目覚めさせ、真の人生へ向かわせる働き。

今の私は陰と陽の現場で、それぞれに対応した活動をしていますが、相互作用でどちらもよいエネルギーを生み出す場となっています。これは自分自身のカルマヨーガでもあり、長い間の転生を終了する最後の機会。

それだけに、本当に濃厚な時間になっています。

3月は、多くの人が何らかの「変化」に向けての意識や行動が芽生えてくるでしょう。まるでさなぎから蝶へ孵化する時期に気づくように・・。生まれるときは、人も動物も植物も、何らかの痛みや刺激を伴い、それを超えて最初に与えられる大きなエネルギーに生かされる・・

やがて桜も咲きますが、今年は浮かれず、桜を愛でながら自らの花も愛せるように意識を自分に向けてくださいね。

ハナミズキ by 一青窈 & ゴスペラーズ このハーモナイズ・バイブレーションが、5次元へのカギ。不協和音はもういりませんね。

 

回転トンネルを抜けると、そこは・・

2017-03-07

3月も開けて早1週間が経過。先月の満月日食建国記念日11日から226事件の新月月食の26日間ではチューブ状のらせんトンネル状態でしたが、27日大きめな地震で「開け」を告げ、3月に入った途端全く違うモードになっています。

A0301magnetaurolanorway.jpgB0304aurolaspritenz.jpg(どちらもSpace Weather.comより)

A:3月1日ノルウエイに現れた、激しいオーロラ。 B:3月4日ニュージーランドに現れたオーロラとスプライト。

オーロラもスプライトも、磁気嵐などが到達しているときに起きる現象で、特にスプライトは高密度の電子が磁気圏にある様子を示しています。ニュージーランドは、日本と同様大きな地震が過去に何回も起きている場所なので、地磁気も強く磁気層と強く反応しやすい場所なのでしょう。

6年目の3.11も近く、日本の海底地層は大きなひずみが出来ているそうで、ここのところの地震の多さが気になりますが、このような空の反応はとても大切な目安になります。

 

今年の初夢で歯が抜けた夢を観た、と新年早々ブログに書きましたが、実際にぐらついていた奥歯を抜いてから、これまで計3本(一本はかけたままだったもの、そして今日一本)抜きました。いやーこれですっきり。

歯って不思議で、噛み合っていた相手の歯がいなくなると探すように残った歯が左右に移動してきます。先月は、突然いなくなった歯に口の中が大騒ぎしているようであちこち腫れていたのが、今は両あごでしっかり噛めるようになり、なんという落ち付き方・・。私は顎に比べて歯が大きかったので、親知らずが今でも真横の状態で両奥に眠っているのですが、これが暴れて生えてこないように言い聞かせているところです。

前にね、奥歯を抜いたら太極拳で片足立ちにぐらつかなくなったと書いたのだけれど、歯と体幹バランスと精神状態って非常にリンクすることを実感。私たちの体には、何一つ無駄になるものはなく、全てが連携のもとに存在しているという事を知るいい機会になりました。

そして、3月は何もかも新しく切り替わる4月に向けて、とても慌ただしい反面、冷静な判断と的確な行動力が大切になるときなので、今この落ち着きと安定感を感じることが出来、とてもありがたく思っています。

ちょっとこれから、一つ大きな砦を超えるような感があって、「いざ桶狭間!」。自分が過去世に残したカルマを刈り取るべく、大きな挑戦があります。これが本当に卒業試験になりますように。

まさに「女城主直虎」のあの時代、あの場所、あのポジション…。心してみています。

 

豊洲問題に準じて出てきた森友学園の闇・・。物事の本質とプロセス、エゴと欲、政治家の実態が、まるで埋まっているごみのごとく噴出してきましたね。世の中がグレンとひっくり返るための兆し、のアラワレ(現れ、顕れ、洗われ、表われ)。私たちがどれほど冷静に、且つしっかりと本質を見極めるための試金石。そして、ちゃんと行動していきましょう。石原老害爺さん見てると、長生きすりゃいいってもんじゃないことが、見て取れます。いかに「生きて行動したか」がこれからは問われる時。 

GSブームの先頭に立ち、ユーミンや森山良子さんなど、たくさんのアーティストを引き出したスパイダースのムッシュかまやつ氏が逝去しましたが、晴れ晴れしく宇宙へ旅立ったことでしょう。こんな風に年を重ねたいですね。

 

あの時君は若かった by スパイダース。ALWAYS時代は、本当に夢だらけでしたね〜 いい曲がたくさんあって、感性がはぐくまれて本当によかった!