おでん七変化(少人数家族の料理の工夫)

2017-02-23

食事について、よくクライアントの方から聞くのは、「一人暮らしだと材料が余ってしまうので、外食が多くなる」ということ。子供が巣立ったシニア世代も、二人そして一人暮らしになると、食事つくりが「面倒」「手を抜く」「簡単に済ませる・・」と言うパターンが多くなります。

私は、一人暮らしを始めた20代の時は、独立して生活が苦しかったので、いかに美味しく、ヘルシーで、節約できるかと言う料理の工夫を一生懸命しました。たとえば給料日のあとに、カレーやミートソースなど、応用できるものを多めに作り、冷凍して、給料日前に食べるとかしたのですが、そのうちにレシピに幅が広がり、ミートソースはパスタだけでなく、ピラフやミートポテト、オムレツ、など発展型をとって行きました。(この時期に、電子レンジが登場したのは、本当に大きいことです。)

さらに、30代ではお料理上手な友人のお母さんから、「冷蔵庫を開けて、入っている材料で料理を作る」「なるべく廃棄せず、丸ごと使う料理」「野菜の皮や魚の骨の二次加工」「一つの野菜でどれだけの料理が作れるか」というエコノミー・エコロジー・クッキング・クラブ(EECC)と称して、料理を習っていました。

このことが、会社を立ち上げてカフェを作った時に大いに役立ったのです。

今はカフェはありませんが、お料理に関してはまだまだ大いに研究しており、自分一人の食事でも手を抜くことはありません。

その中で、クライアントの方によくアドバイスするのが、「二次加工の提案」です。

oden.jpg

冬に美味しいおでんは、ついつい多くなってしまい、何日も食べる羽目になることが多い料理です。

でも私は、逆にわざとジャガイモ、大根、人参、ゴボウなどは多めに入れて、翌日違う料理に変えてしまいます。

★ジャガイモ→ 肉じゃが、コロッケ、野菜のお好み焼き、けんちん汁、カレー

★大根 → ふろふき大根、他の野菜と肉を加えて煮物、けんちん汁、カレー

★人参 → 肉じゃが、野菜のお好み焼き、けんちん汁、カレー

★ゴボウ → 煮物、人参とゴボウを使って鶏肉を加えて親子どんぶり、けんちん汁、

★こんにゃく → ジャガイモ、大根、人参、ゴボウと一緒にけんちん汁、けんちんうどん(そば)、

★さつま揚げなど → 煮物にするほか、さつま揚げは野菜のお好み焼きに入れると美味しい。

★おでんの煮汁 → 具を残して、カレーうどんにすると抜群のおいしさです。

おでんですでに味がしみ込んでいるので、二次加工の時に味付けは最低限でよく、時間の短縮にもなります。

 

こうやって工夫していくと、新しい味の発見にもつながり、お料理の楽しさも増えていくでしょう。

アーユルヴェーダでは、出来立ての食事が最高とし、時間がたった料理をよしとしませんが、日本の場合冬は一日台所でおいていても腐ることがなく、むしろ味に深みがでたりするので、一日を限度に翌日の二次加工の準備をするとよいでしょう。夜おでんを作ったら、翌朝はおかずとして煮物や、おやつとしてお好み焼き、ランチや夜はけんちん汁やカレーうどんなどにすると、全部はけてしまいます。

私は、おでんの翌日のカレーうどんが旨みが強く、大好きです。

今年の夏は、さらに「サマーおでん」を企画中。

愉しんで、美味しい料理を作っていきましょう。 

ただ今螺旋トンネル通過中

2017-02-22

春一番の嵐のような突風が続く日々。世界でも、洪水や大雪、鉄砲水などの異常天候が続いています。先週は特に火事が多かったですね。アスクルの倉庫火災は4日以上も続き、プラスティックやスプレー類の在庫だけでなくソーラーパネルが追い打ちをかけているようです。まさに、アスクル(明日来る)が明日来ない様子を呈しているよう。ソーラーパネルの危うさも露呈されました。

 

0213kyokucloud.jpg0213blisbencloud.jpgいずれもスウェーデンやブリスベンにおける2月13日の空。

2月11日日本の建国記念日の満月および部分月食と、2月26日の新月金環食までの間は、次元をつなぐ螺旋トンネルの中を通りぬけているように、悲喜こもごものミキサー状態の中にあるようです。

信じがたい社会的事件も勃発し(金正男氏殺害等)、その裏に様々な要素が見え隠れして、本当のことを見極めるセンスが、ますます大事になってきました。

 

私事ですが、先週はハプニングの連続。ありえないトラブルに次々遭遇し、昨日は小松川警察署に相談に行ったり・・。でも、心は以前とは全く違うのです。

例えば、外出先で狭い歩道を歩いていると、おばさんが自転車で走ってきて、その時していたお気に入りのモールで編んだマフラーの先がハンドルに引っかかり、わーっと先がほどけてしまいました。通常自転車では通らないほどの歩道だったので、怒るよりビックリするほうが先で。でも、マフラーがほどけてくれたおかげで、私は首が締まらずすみ、おばさんも自転車が倒れて怪我をすることもなく、マフラーは短くなったけど修正して再び使うことができるようにしたので、よしよしとしました。

また、仕事先で拭き掃除をしていたら、突然電気がショートして店半分停電になってしまいました。大騒ぎになりましたが、電気会社の人が来てくれて即復旧。でもその時に漏電を示唆し、社長に注意を促すことが出来ました。

通常だったら怒ったり、恐れたり、不安になったりする出来事も、全く冷静に対処することが出来、あるいは逆転の発想でポジティブにとらえることが出来たことを確信した先週。

そして20日の月曜日は、夕方から突風と豪雨に見舞われて新しくできた台湾スイーツ店で初めて食べる愛玉子なるデザートに舌つづみで雨宿りしたのだけど、21日歯医者の予約時間まで時間つぶしで入った喫茶店で、高見順氏の「如何なる星の下に」を読んでいたら(仕事先がこの小説の舞台になっている)、「台湾の菓子で愛玉子なるものがあるが・・」と言う文章に突き当たり、またも腰ぬけそうになったのでした。

高見さん、私にどうしろって言うの? っていうか、この展開(転回)は何? 

時の密度の濃さと、伝播の速さと、テレパシーが飛び交う日々を観じていて、次の何かが確実に在ることを確信しています。これもきっと卒業試験の課題。つまり、次の何かがどう出てくるかは、今の判断や心の感覚にかかっている・・・。自分自身が、過去からどれくらい進化できたか。そして、次に何をするべきか。

ミキシング・トンネルを通過すると、来月の春分の日の幕開けまで新たなモードへのアイドリングが始まるでしょう。それぞれのシャッフルの中で、どれだけ冷静(霊性)でいられるかがカギ。

春先は、精神状態がおかしくなる人が増えるので(特に今は周波数の変化により、顕著)、ボーっとしていないで、気を付けて過ごして行きましょう。

Never Ending World by SEKAI NO OWARI

 

 

満月、月食の建国記念日

2017-02-11

0211flmoon.JPG半影月食の建国記念日

今日は建国記念日。そして満月、しかも月の一部が欠ける半影月食という、月、太陽、地球が一直線に並んだ日。さらには、ホロスコープ上で惑星たちがスクエアや三角の配置となる幾何学を形成する並びと言う、とてもパワフルな日でした。

建国記念日は、神武天皇即位という日を日本書紀等から選んで決められているのですが、この国を本当の日の本、日本と言う命名をしたのはニギハヤヒ。スサノヲから十種の神宝という宇宙機器をもたらされ、それを駆使して日本という一つの国を作り収めようとアメクモ族がやってきた目的を果たすため遣わされたのに、歴史から外されて、とても無念だった年数を経て、月読命(満月)に乗っていよいよな幕開けの今日降臨した感じです。

奇しくも、安倍首相がトランプ大統領と会い、日米の関係性を深めるというパフォーマンスもありました。この国がどうなっていくのかは、国民の意識の覚醒に左右されます。

大寒波に襲われている西日本は、鳥取県を始め豪雪になっており、砂漠のはずの中東では、サウジアラビアやクウェートにも雪が降るという、地球の異変があります。でもこれも、バランス。ポールシフト中の地球は、急な転移をはずして徐々に位置をずらせながら、新たな極(局、曲)を奏で中であり、周波数を上げていっています。シローダーラーで松果体をクレンジングされている方は、何かしらの変化を観じていることでしょう。嬉しいことに、浅田真央さんがスリランカで6日間のアーユルヴェーダを体験されていました。何かしらの新しい感覚や感性、体の向上性を見つけて、スケートに生かしてほしいですね。

 

長堀優先生の著書「見えない世界の科学が医療を変える・・がんの神様ありがとう」を読み終わり、真の医療とはきちんとした死生観があってこそ、成り立つものという事を再確認できました。医療と薬という連鎖の元に産業と化した経済社会は、病気と患者があって成り立ち、病気と病人を生産されるものとして悪性食品や食品添加物、ケムトレイル等の化学物質放射など、様々な手段を使って一部の種族によって創られています。

これまでアンチエイジング、長生きは果報者、というイメージにより長く生きることが最善であると思いこまされた結果、認知症やアルツハイマー、寝たきり、チューブ等で生きながらえているスパゲティ症候群患者などが増え、国家の医療費圧迫や家族の人生の犠牲が増えて続けている現状。

そんな中で外科医である長堀先生が歩み続けた結果「長生きよりも、いかに人生を生きたか・・が大切」というポリシーに辿りついた言葉が光ります。そんなポリシーへの目覚を促したのが、遺伝子学の第一人者村上和雄先生(筑波大名誉教授)の言葉で綴られていました。

 

「アポトーシスといかないまでも、他を利する生き方をする自体で、ネガティブなストレスと無縁でいられることが多く、欲とか競争とか、出世とか、人を陥れるとか、憎むとか、恨みに思うというドロドロした人間ドラマとは無縁でいられるので、健康にもよいし、いつも元気でいられる」

「大切なのは、このような認知は直観が優先すること。よい人だから愛する、あるいは信頼するというように脳は働かない。最初に愛を直感で受け止めて、後からその意味付けをしていく。情から知へと脳は動く。」

(「見えない世界の化学が医療を変える」 長堀優著 でくのぼう出版より引用)

 

この直観力は、臨死体験や幽体離脱、クンダリーニ覚醒、大周天等の神秘体験を経験することにより、実感として知覚されますが、思考優先ではなく素直な感性を持つ人なら肌感覚で認知できることでしょう。

残念ながら、人口増加による競争社会で育った団塊の世代に、「保育園がうるさい」「運動会の音楽がうるさい」「学校のベルがうるさい」と社会への文句をいう事が多く、その子供たちの世代である40代にモンスターペアレンツが多いそうで、まさにネガティブの連鎖です。

先日、近所でお世話になった85歳になる方から、「急にあなたのことを思い出したので電話した」と連絡があり、折り返したところとてもネガティブな発言が多く、残念な感覚になりました。若い時から苦労されて、水商売で頂点に立ち、自らの店を持ち子供ももうけ本来なら悠々自適という人生だったにもかかわらず、思い通りにいかない環境で被害妄想が強くなられ、一人で老後を過ごされていました。

環境的にもし精神的に自立できていたなら、一人で生きぬく覚悟もあったでしょうが、子供に依存があり嫁姑の確執もあり思い描いた老後にならなかったため、ネガティブな発想にしかならなかったのです。

85歳で信頼できる友もおらず、趣味もなく(店に出ていることが生きがいだったが、子供に譲ったことで出ることもできない)、生きていることが苦痛であることは想像できます。でもこれがポジティブな発想に転換できたら、日々感謝で生きられたでしょう。

多くの場合、60歳を超えたなら何等かの病状があり、薬を飲んだりしていることが多いはずです。つまり、薬に頼って生きる・・。あるいは医療によって、生かされる・・。本当はもうこの時点で、寿命と人生の残り時間の過ごし方を考える必要があるのです。

人は生きて経験していく中で、自らの長所や短所に気付きながら、艱難辛苦を乗り越え、喜怒哀楽を客観視しながら魂の成長につなげていくのです。私の場合、アーユルヴェーダの体質論で自分を客観視できました。それを最後の著書、アーユルヴェーダ式手作りコスメ&クッキングにまとめました。

私の場合、生まれた意味、人生の目的を知りたくて、アーユルヴェーダにたどり着いたので、そのことを知り得た今、地球を卒業できることを確信できたのです。

生まれる年代とは、時間の進行形であり、人類の進化の過程。だから、親より子のほうが進化して生まれてくることがわかるのです。反抗期とはまさに、その拮抗を顕わす象徴。そのことを知っていれば、親と子の関係性や人生の意味が相互にわかるはず。そのことがようやく理解できる時代になってきたわけです。まさに次元上昇の時代。

今日の満月から一層の進化に向かうでしょう。世界の情勢や人々の覚醒による行動がそれを知らせるでしょう。素晴らしい宇宙の秩序に、今宵月見酒で乾杯!

Two Moon by Noriyuki Makihara

 

 

 

20年ぶりの再会と3回目の蒼

2017-02-05

節分、そして昨日の立春を経て、本格的に2017年の波動になり始めました。不思議ですが、1日から2日にかけて到来した太陽コロナホールからの磁気嵐は、今までと全く違う「音」として耳鳴りとして響きました。それまでは、528hzの周波数音だったのだけれど、今回はもっと深みのある鐘の音のようなヒビキ。

0203california.jpg2月3日、カリフォルニアに現れた虹と不思議な空模様。(The Space Weather.comより)

昨日偶然見た日本の歴史番組で、弥生人(アマ族・出雲族)が持ち込んだ銅鐸の使われ方を検証していました。それまで何に使うかわからない状態だったのが、発掘が進むにつれ三種の神器の一つである鏡はホログラム効果のある模様を光で映しだし、銅鐸は鐘の音としてヒビキを縄文人たちに伝えていたようです。

つまり、周波数を変える装置。光と模様と音を巧みに使い、「神」の存在を身近に感じさせる宗教的な要素のある儀式を行っていたんですね。「音」と「光(太陽や月)」を使う装置や建築物に長けていたのがメソポタミア文明。つまりプレアデス文化です。人類の進化のため、「哲学」や「教え」を浸透させる宗教として、入植してきた宇宙人たちを「神」として崇める(忘れないように)体制の道具でした。それらを通じて科学や化学、天文学などの学問も発達させてきたのです。

銅鐸は教会の鐘のように、人々を集めたり、時や特別なことを知らせる道具であったり、ヒビキによって人々の脳をシャッフルするものだったでしょう。この金属がもたらされたのも弥生人たちによってであり、日本へ入植初期の頃には戦いへの武器も作られていたようでした。

周波数として、DNAを修復するという528hzなどが注目されていますが、この間聞こえた耳鳴りの音は936hzに近い感じだったので、いよいよ松果体への直接アプローチが始まり、人々の覚醒を大きく促す動きが始まっていると観じました。これから、いろいろな変化が加速していきますが、恐れず愉しんで進んでいきましょう。

 

今日、20年前高校生でアロマセラピーを学びに講座に来てくださっていた方が来所してくれました。当時行っていた3日間のトリートメント合宿にも参加してくれたのですが、そのときのことを私もよく覚えています。

講義で話していた内容もとてもよく覚えていてくださり、赤面級にびっくり。今人生のピークの年代となり、いろいろな経験もされて、一人の女性として力強く生きていこうと決意され、当社へこよう!と思い立っていらっしゃったのでした。

そして、こんなプレゼントを私に。

hermesscarf.JPG なんと本物のエルメスのスカーフ!しかもあの「蒼」!

ブランド物を一切持たない私でも、エルメスのことはわかります。スカーフやストール好きなので、その数は100に近いくらい持っていますが、こんな重厚なコレクションが加わるとは・・・。初めて触れるその感触は、今までにないものでした。高級品って、やっぱりすごいのね。

エルメスと言えば、錬金術・・そうやって模様を見てみると、あるある!発見の数々。昨年暮れから蒼のオンパレードなのですが、実はこれもスサノヲのサイン。そして今回はエルメスとくれば、本態のルシフェル。悪魔だ、邪鬼だ、と散々ののしられ、悪のレッテルをつけられた堕天使の本来の姿を、これからどんどん示していくのでしょう。

気を引き締めて、使(遣)わせていただきますね。そして私が地球卒業の時は、あなたに戻す時。その時はきっとこの蒼が似合う凛とした女性になっているでしょう。

年齢を重ねるということは、いろいろな体験が深みとして行動や言葉に現れるような生き方をする、ということに気づいた大人たちが増えれば、もっと高い次元上昇も可能。今まさにそれに気づけ!といろいろな事が起きているのです。

風と星とメビウスの輪 by Mr.Children