冬至のゲートは静かに開いた・・

2016-12-21

今日は冬至。日中が一番短い、極陰の日。明日から徐々に、日が長くなっていきます。

なんて言ったらいいのか・・11月の激動のゲートあとから、何か時間というか現象の密度というか、ピタッとフィットしているような感覚。「今日やるべきことは先延ばしせず、今日やろう!」の精神でいて、でも行動の予定時間が過ぎてしまっている時、「今日は無理。では明日・・」と思いがちなところを、「とにかく今日やろう」と行動に出ると、何もかもがスムーズで、全部こなせた上に時間がまだ余っている、と言うような体験を多々しています。

1216coronahall.jpg 1221alaskaaurola.jpg

16日太陽に大きなコロナホールが出現し、20日〜22日の間に地球に到達する予定で、21日の今日さっそくアラスカに、オーロラのフレア。ずっと静かだった太陽が、なんだか意図的に活動しているようです。

 

私が週3日行っている仕事先は、実は古くからの店で名前が多くの人に知られているその道の有名店。なんで急にそういう行動に出たかというと、いくつかの理由が重なり、どうせ外に出るなら「楽しんで自分を使い尽くせることを!」と思って探していたら、すぐ見つかったのがここでした。

あまりに条件にピッタリすぎて、「これは、ここで誰か縁者のような人との出会いや経験があるのかも・・」と思っていたら、今日まさに腰抜かすほどの「呼ばれた感」に遭遇。

今日、昔からの陳列棚の大掃除をしていると、「えーーーーーっつ!」。 このお店(飲食店)の名付け親は、詩人の高見順氏。73年前にオープンした当時からの常連さんだったそうで、高見氏の詩がいっぱいあるのだけれど、実は私は中二の頃にこの高見氏の詩が気に入って、透明の下敷きの中に入れていました。短いけれど、大好きだったその詩をずっと覚えていて、1994年に初めて訪れたイランで、大使館関係の人が開いてくれた最後のパーティーで、「誰か日本の詩を紹介してくれませんか?」と訊ねられた時、誰もそらんじる人がいなかったので、私が「短いのでよければ・・」ということで、紹介したのがこの高見氏の詩でした。

               「葡萄に種があるように、 私の胸に悲しみがある。

青い葡萄が酒になるように、私の胸の悲しみよ、喜びになれ」  高見順

イランには、たくさんの種類の葡萄があり、この詩を訳して伝えると「なんと美しい詩なんだ!」と褒めてくださり、親しみを以て接してくれたのを覚えています。以後、3回もイランに行けるようになったのは、大使館関係者とのこの時の出来事だと言っても過言では無いのです。

 

そして今日大掃除の時に、初代女将の涙にくれた写真のそばにこの詩があったのです!それはもう、ビックリしました。と同時に、「女将と高見氏に呼ばれた・・」と直観しました。何故よばれたかは、いろいろ察することがありますが(女将は亡き母に似ていました)、もっと大きな事なのだと思います。それはこれからわかることでしょう。 → こんな偶然ありますか? 高見氏の詩を知っている世代は、60代以上だと思います。

人生最後の最後まで、尻尾までアンコの詰まったタイ焼きのように、「気づくこと、行動すること、結ぶこと」になっているんですね。

ここまで来ると、もう観念するしかない・・と言う感じ。 最後の仕上げは何なんだろう? と言う感じ。

私の今回の行動は、名前とか地位とかキャリアとか資格とかプライドとか、そういうものを全て取り払い、全く「無」の自分として「素」を生きること、の実践にほかなりません。その「素」が何をもたらすのかを、客観的に眺めているところです。多分カルマ的な最後の精算にもあたるような感じもあり、なかなかに重厚な時間なのです。でも、日本人でも外国人の方でも、自分の接客で「少しでも楽しく」なるような時間と会話を心掛けているので、とても充実しています。 

この冬至のゲートは翌日の12.22のぞろ目に続くプロローグ。12.23の完成へと、大きく扉が開かれています。不思議ですが、このイランへ一緒に行った縁者の方が、大きくそのキャリアの方向変換を計ろうとしていることを知り、共に「アーユルヴェーダの卒業」を唱えるのでした。

60歳を過ぎれば、社会では会社員であれば定年と言う立場になり、いやでも第二、第三の人生を余儀なくされますが、自分が好きなものであれば研究等はずっとできるわけです。それを「卒業」にするには、それをやりつくしてある結論に達する必要があります。とても名の知れた方なので、世間がそれを許すかどうかわかりませんが、この今の地球と自分たちの周波数がともに上がっていれば、理解力や感覚がダントツになるので、新しい結論を見出すことも多々あるでしょう。 いよいよもって、そういう時代に突入した、ということです。

12月12日これも重なりの日に、ブラジルに出現した3つの太陽の不思議。

 

 

 

1212のゲート

2016-12-12

今日は、1212の今年最後の重なりゲート。前回ぞろ目の嵐、と書きましたがそれはさらに続き、この間プライベート用スイカの残高が17円、仕事用のスイカの残高が107円、そして他にも10770の数字がでて1と7がたて続き、17日(誕生日!)に何かあるのかと思っています。

1210nibiru.jpg12月10日ニューヨーク、ロングアイランドで映された二つの太陽。

7日〜9日にかけて、太陽のコロナホールから大量の磁気嵐が到達すると前回書きましたが、環太平洋地域でマグニチュード5.0〜7.8クラスの地震が相次ぎ、インドでは列車の脱線事故、パキスタンで航空機事故等が起きました。電車もあちこちで「異音」のため遅延や停止をしている情報が流れています。そして、火山噴火も凄い模様。

宇宙線の到達が、様々なイベントを引き起こすことはもう疑いもない事実ですが、そのことをしっかり伝える科学者も情報誌もないのは、公にすることを禁止されているからでしょう。でも、自然現象としてこうやってしっかり現れるのです。日本でも、地震のほかに、急激な温度変化や東北・北海道で大雪に見舞われていますが、改めて太陽活動をしっかり見ることで、いろいろな予測がつくことがわかると思います。

 

嬉しいことに、敏感な感覚を持つDr.の卵さんが、先日トリートメントを受けに来てくださいました。私と同じピッタ・ヴァータの体質ゆえからか、モニターボディで体調を崩しやすく、周囲の環境に敏感に反応し、人とは違う感覚を味わい戸惑っておられました。それゆえ、西洋医学より東洋医学に魅かれ、漢方やアーユルヴェーダに興味をもち、ここにいらっしゃいました。

トリートメント後の体や肌の変化に驚き、改めてアーユルヴェーダを体感してくださったのはとても嬉しいこと。ナスヤ(点鼻法)や目のトリートメントも体験し、「すごい!」と実感してくれました。

さすがにDr. マルマビヤンガの体験も、右と左の体感が全く違うことに驚き、自分の体が今どうなっているのかをきちんと分析され、改めて「人間の心身」というものが医学だけではまだ解明できないことを観じとっていました。

こういう若いDr.には、ぜひ予防医学としてのポジションを確立してほしいものです。さらには、ガンや精神疾患などの療養施設を作り、アーユルヴェーダを取り入れてほしいと願いました。

若いクリスタル世代(今の18歳から25歳くらいまで)は、旧い体制を超えて(破壊するのではなく一気に飛び越える)新たな次元を見せる役割があります。破壊するのは、インディゴの役目。新たな次元の多様性を見せるのが、次のレインボウやダイヤモンド世代。

インディゴ世代は3代にわたっているので層が厚く、今は成熟期に入っているので、社会的にもいろいろな立場になっています。この世代には地球卒業組が多いので、それぞれの立場で発信していることが多いでしょう。

12月は、多くの変化がすでに現れています。今までの状況が一転して・・という事も多いのでは? 常連のクライアントの方々の話を聞いても、環境や心理的に多くの方に変化が現れ、今までと違う感覚で物事をとらえ始めており、「進化のための経験」を今している最中ということを観じています。

今月は、どうも17日、27日あたりに何かイベントが現れる感じがあり、感覚をしっかり使ってキャッチしてほしい。良いモードにするためのキーは、「朗らかさ」。

世界がこれから激変していきますが、政治家という国のトップが決して「最高・最良の人物」ではないことを痛感する今、ますます自律(自立)にむかうためのドラマを見せてもらっていることをお忘れなく。→ 日本の現状

夢で逢えたら  by Eiichi Otaki  英語バージョンだけど、やっぱり日本語のほうが情緒がでますね。

天使のシグナル(Signal)

2016-12-06

今日はとてもビックリしました。

数日前、太陽に開いた大きなコロナホールから放たれる磁気嵐が、7日〜9日にかけて地球に到達する事を知ってFBやメルマガに告知したのは、自分がモニターボディのため太陽の活動に翻弄されることが多々あったからです。

この磁気嵐は、天変地異や天候変化などを引き起こすので、この数日サウジアラビアで大雪が降りその後洪水になったり、ロシアではマイナス50度という想像を絶する寒波が来たり、世界の状況もすさまじかったのでした。

1203coronahall.jpg 12月3日に現れたコロナホール。Space Weather.comより転載

 

そして今日、買い物に行ったらまず八百屋さんで777円也。「わあ、なんかラッキーナンバーですね〜」に始まり、次に携帯を変えに立ち寄ると待ちナンバーが107番。そして決めた携帯の製造ナンバーが1177。(スマホとか指を使うのが嫌なので、ガラホという携帯に変更しました。) ここでちょっと鳥肌。家について、新携帯をチェックすると17:17分。ここまで来ると、ラッキーを通り越して、サインがシグナルになる合図と感じました。

その後、スーパーへ買い物に行くと¥2222也。なんなんだ、これは!

こういうぞろ目ナンバーは、マスターナンバーであり、よく天使のサインと言われますが、これが立て続けに起きると、天使からのメッセージなのです。

しかも今日は、2016.12.06なので、これまた重なりの数字。

さらに不思議だったのは、毎日チェックしているブログが数人同時にページデザインを変えていて、ビックリ。

どうも今日は、「変化、何かを刷新する」という感覚になりやすいのかも、と観じました。

7は七であり、七に刀(聖剣)をつけると「切」になり、一つの区切りでもあります。1週間が7日なのは、太陽から土星までの一つの単位。数秘術のカバラでは、7関連の数字を持つ者や日は特別とされ、強いパワーをもたらすとされます。今月は明日の7日、14日、17日、21日(冬至)、27日、28日、29日(特別数)に相当し、2017年は1年丸丸そこにあてはまり、上記の日数が重なればダブルパワーの密度になります。

 

最近続く、自動車事故。多くが60代以上の高齢者による者ですが、ここのところの太陽からの強いエネルギーは、頭がもうろうとすることが多く、特に高齢者であれば感覚や判断の鈍りが顕著になりやすいでしょう。航空機事故や、脱線事故も多発しており、機械系統の故障や障害も起こりやすくなります。

怖いのは、人々の意識障害も強くなり、キレる人やオカシクなる人も増えてくることです。おそらく食べ物や生活環境も起因となると思いますが、年末の忘年会等の飲酒等が増える時期のため、最近の事件からも特に女性は注意して外出する意識を持ってほしいですね。

天使のシグナルから観じたのは、7日から21日までの間は要注意で、21日の冬至は一つのゲートであり2017年のプロローグとしてのイベントがあるでしょう。22日からはもう2017年のモードに入ります。

 

2011年からの変化は2012年で加速し、今まで多くの人を覚醒に導きました。今現在、過去からの価値観で生きている人は不安で仕方ないはずですが、そこから脱却した人はより自律的な人生に変化しているでしょう。今必要なのは、癒しではなくパワーです。そのパワーの源は、「楽しさ、明るさ、純粋さ」です。

太陽から到達する磁気も、電気。つまり自分バッテリーが大きな容量になれば、しっかり充電できます。進化へのダウンロードも大きい時なので、いろいろな事の書き換えのため、従来の感覚を鎮めるための体調不良と受け取ってもらえれば、慌てて薬を飲んだり病院に行ったりすることもないでしょう。

今私のアーユルヴェーダ・トリートメントは、あえてバックミュージックを流さず、全くの静寂の中で私の手技とリズムだけで行っているのですが、五感がしっかり鎮まるのでトリートメントの効果がさらに高くなっています。こういう気付きも天使のささやきから導いています。

すべてのことを、「自分刷新」「地球刷新」「次元刷新」として受け止め、興味深く観察していきましょう。(世界の情勢も、大変化中ですね。これも刷新。)

嬉しい、楽しい、大好き by Dream Come True  このエナジーで今年を終えましょう。