遅延型アレルギー

2016-11-28

最近ガンの若年化が見られていますが、圧倒的に感じるのは「食」の不都合さ。

若年化で話題なのが「小林麻央さん」の乳がんですが、彼女が焼肉やお菓子が大好き、という情報にこれも原因の一つでは?と思えたことがありました。

 

今私たちの体はDNAレベルで刻々と変化しており、その過程で老化現象もありますが、「食せなくなるもの」が増えていってます。これは、添加物や加工品、冷凍品等ではなく、主食や主菜の素材そのものに対して、反応し始めている・・と言う感覚です。

今年に入り、大好きだったパスタを急に「食べたくない、食べられない」と感じ始め、ある時2回続けて昼にパスタを食べると、夜お腹が急激に膨れて下痢や嘔吐になる、と言う体験をして、パスタを食べるのをやめました。

そしたら、先月とつい最近パンを食べたら、鼻水やくしゃみ、吐き気などにおそわれ、パンもやめようという意識になりました。パンは、5年前までは毎朝食べていたのに、3.11以降急に食べられなくなったのです。それは、スーパーで売っている〇崎のものだったので、ああ添加物・・と思いそれはやめて、地元の手作りパン屋さんのものは平気でした。なので、パンはきちんと手作りされたものなら大丈夫と思っていましたが、それもだめになってきた・・・強力粉がダメなのか・・・

 

すると今日、今まで大丈夫と思っていた食品が、症状がすぐに出ない「遅延型アレルギー」と言うカテゴリーがあり、慢性疲労やうつ病、慢性頭痛等の原因になっていた、と言う情報を知りました。若い時からの食習慣と症状をふりかえると、その中に原因と思われる食べ物が多く入っていて、私の消化器官は苦手なものが多いんだな、という事に気づきました。

若いころは、疲労感や頭痛程度で収まっていたものが、年齢がいくともうこなせなくなり、積極的に排除する方向にシフトされ、下痢や吐き気として現れる、と理解。さらに私は、太陽フレアや宇宙電子にも反応するので、さらに胃腸が翻弄されるのですが、不思議ですが宇宙系の場合と食品の場合の症状は、同じ下痢や吐き気でもプロセスが違うのです。まさに、モニターボディたる所以。

しかし、私は美味しいものが大好きで「食い意地」がはっており、特に麺とご飯が大好きで一日一回は「麺!」「ご飯!」と決めているので、パスタやパンがダメでも、「小麦粉全部ダメ」にしたくないため、うどん、そうめん、ラーメン、そば、フォー、お好み焼きなどを観察しながら食べていますが、やっぱりパスタが食べたい、明太パスタが食べたい!となった時、代用品を考えました。

それは、そばdeパスタ です。(そばもアレルギーのある人はダメですが)

sobameetsauce.jpg sobabajiriko.jpg

左は、そばミートソース、右はそばバジリコ、などそばは一般的なパスタメニューにはばっちり合いました。(うどんは粘りが出すぎて、くどくなりやすい) → ぴったり合わせるヒントは、麺つゆを小さじ一杯ほど隠し味に使う事。 むしろパスタにはない「旨み」を見つけた!感があります。

さらには、そばの風味とナスとひき肉の豆板醤炒めなどのアジアンテイストにもよく合い、これはもしかしたらパスタ以上のレパートリーが広がる、と予感しています。

冷でよし、温もよし、パスタ風もよし、 って、すごい。

 

でも、小麦やコメなどの炭水化物に含まれるグルテンは、今アレルギーを起こす人たちが増えており、今後「食文化」も大いに変化してくるかもしれません。

寝ても、休養しても、アーユルヴェーダ・トリートメントを受けても取れない「疲労感」があったら、上記の食品由来の遅延型アレルギーの可能性があります。そういう方は、一度アレルギー食品検査をされるとよいでしょう。

スパイラルの先は広がっていく世界

2016-11-27

怒涛の11月がもうすぐ終わろうとしていますが、ずっと書いていたらせん状の流れは、まるで砂時計のように一点に集まり、その先の次元は大いなる広がりを以て拡がっている感じがあります。この一点は集中であり、焦点に集まる意識、つまり同じような意識や感覚、思いや思考のつながりがぐっと多くなるという感じですね。

シンクロや、思っていたことがすぐ現実化したり、行動の結果が早く出たり、という時間の密度も濃くなっている、とても面白い時空に入った、ということです。

1123ufocloudengland.jpg11月23日イギリスに現れたUFO雲。

 

フィギュアのNHK杯を見ていて思ったのは、優勝のゆづ君ももう立派な男子になり、若手選手の集中力が半端なく、人間の身体や理解力の能力は限界を知らないということでした。クリスタルやレインボウ世代の人たちは限りなく宙の伝達者であり、奇しくも今回のプログラムやエキジビションでゆづ君も宮原知子選手も「惑星」や「星」を表現し、彼らがまた中性的な魅力を持っているところもクリスタルならではでしょう。

凄いなあと思ったのは、エキジビションでゆづ君は自慢のジャンプを一回しか飛びませんでしたが、まるで氷上のバレーのように「表現」に徹し、魅入ってしまうほどでした。ジャンプなしに、目をくぎ付けにできるパフォーマンスを確実に作り上げ、点数ではないオンリーワンの「ゆづワールド」を確立した瞬間を見た思いです。

それには、彼の身体能力もありますが、努力と探求心、追求するこだわり、分析力、実現力は、何より自分の中での世界観がしっかりしているからでしょう。凄い日本男子です。(彼は完全な憑依型の表現者なので、イメージを具体的にカタチにして表現できる。)

すると、こんな記事をみつけました。→ロズウエルUFO墜落で見つかった宇宙人は、グレイではなく日本人のようだった。→この日本人しか持っていないというYAP遺伝子の分析からいくと、これはAMA族の祖であるアメクモ族なのかも・・。なんだか、だんだん解き明かされてきて、来年トランプ氏が就任したらいろいろ公開されるかもしれませんね。

 

昨年、アーリオーンの縁で知り合い、実際に会って深く共振したSさんから久々にメールをいただき、そこにはとうとう自分もM42星が故郷で、過去世も今生生まれた意味もよくわかった・・という趣旨が書かれていました。

彼らの導きはいつもベスト・タイミングで計られ、出会いの時期やその意味を理解する(できないとスルー)ことを続けて行くと、いくつものガイドや体験があり、すごろくのようにゴールがあるのです。

また、「何か新しいアクションを!」と心に思う時、それがもがきやあがきではなく、体の感覚で「MOVE!」と観じた時は、次なるステップであること。そしてそこには、また新たなゴールがあります。

50代は、ちょうど人生の折り返し地点なので、気持ち的にこれから何か新しく学ぼうとするとき、心に説いてください。「あなたはどこへ向かおうとしているの?」「本当に学びたいの?」「現状から逃げ出したいから、と思っていない?」と。純粋にそれを知りたい、と思うのならそれは楽しい学びになりますが、これを学んで仕事にしたいと考えているときは、それはもう人生の時期を外している・・と考えたほうがいいでしょう。

50代になれば、体力も記憶力も気力も落ちてきて、60代では理解力も薄れ、新しいことを覚えるのも一苦労で体力・気力もぐっと下降していきます。それはエネルギーの消耗につながります。

ところが、過去の経験の中で「自分が一番自分らしく、楽しんで行っていたこと」を再度チャレンジしてみると、今度はそこに「経験値」が乗ってくるので、新しい視点で観察出来たり、新しいアイデアがわいたり、もっといい内容の時間が作れる・・という事を、今身を以て感じています。それは、お金では買えない貴重な「人生の残りの時間」であり、エネルギーを新たに沸かせて人生を輝かせる機会になります。

不思議ですが、先日こんなことがありました。夜の仕事先で、突然ブレーカーが落ちて停電して真っ暗になってしまいました。地震での停電ではないことがわかったので、とっさに「Don't worry! Don't afraid! It will recover so quickly! 」 と叫んでいました。何しろ外国人90%のお店です。ぱっと電気がついたら、皆さん笑顔で拍手でした。

若かったら、こんな機転はすぐに利かなかったでしょう。

もちろん、アーユルヴェーダも好きですよ。この半年、目の前の場所で旧いマンションを壊し、新築の家を建てていて騒音がうるさかったのですが、それが終わるとものすごい静寂が再びやってきて「!」と閃き、施術の時のバック・ミュージックをやめて、私のストロークの流れと圧をかけるリズムに徹して行うと、施術に深さが加わり、術後の体感がさらに深まるようになりました。この閃きも、抜群のタイミングです。

自分の中で、陰と陽、静と動、昼と夜、太陽と月、虚と実、という反対のリズムが見事に回転して溶け合い、一つの大きな時間とエネルギーを構成しているのを実感しています。すると、何をするのもサクサクと早く、要領がよくなり、時間が有意義になる・・・ そう、まさにこれから「転換期」なのですよ。

 

 

清く、正しく、美しく by KOJI TAMAKI  この人ほんとにいい歌書くね。彼の後半はメロディより詩にシフトしていて、波乱の人生が糧になっている・・

 

 

 

 

 

 

 

 

11.22から11.23ひふみゲートを開けるのはニギハヤヒ

2016-11-22

1120coronahall.jpg11月21日に地球に到達する大きなコロナホールからの今年最大の磁気嵐。

ロシアの情報サイトSPUTNIKから20日に流れた情報です。直撃されるフレアと違い、磁気嵐はじわじわくる感じで、耳鳴りや頭痛、吐き気やふらつき、めまいなどに注意とFBに情報を流したら、20日の段階で感じ取る人がたくさんいました。20日に回転性の地震があり、3.11のときも二日前の9日に今まで感じたことのない回転性の地震があり、気持ち悪いなあと思っていた所3.11が起き、今日は福島沖でマグニチュード7.4の地震があり、津波も到来。

奇しくも3.11と同じに、一か月ほど前にニュージーランドのクライスト・チャーチでマグニチュード7クラスの地震があり、同時に南米もゆれていました。3.11の時は太陽Xフレアが頻発し、そして今日は磁気嵐の到来。あまりに、3.11と似た光景にこの地下の海底のプレートのつながりが危惧されていますが、警告等はなかったのです。

そして今朝の、6時56分。発表では59分ですが、56分に起きています。そして今日だけで50回以上揺れている・・日本気象協会。 覚えていますか? 3.11が14:46分。阪神淡路大震災は、1月17日5時46分。6と言う数値が偶然すぎるほど入っていて、666のいるみサインを思い出しますが、さらに11.22というエンジェルナンバー、そして今日はニギハヤヒの命日と彼を敬う新嘗祭。昨日、次期天皇の期待の高い、秋篠宮の子息が乗る車で事故があり、人工地震を疑ったらきりがないほどの偶然性が感じられますね。

1122jisin.jpg

人工地震を疑うには、トランプ氏との会談、オバマ氏からの無視、プーチン氏からののらりくらり、朴政権の不正と政治的な意図が目白押しですが、もはや地球自身と太陽系ルールにのっとり、次の段階へのススミへは一目瞭然です。また、23日に日本にマグニチュード7.0以上の地震が来る、と予言していた人もいたので、計画とも受け取れてしまいます。

今やHAARPやCERNに追従する気象操作機器、人工地震機器はアメリカやロシアだけでなく、いたるところに出来ていて、もし第三次世界大戦があるならばそれは核ではなく、このようなEMPを含む電子装置(宇宙にまで設置)で一瞬にして終わるような(人も場所も一瞬で壊滅)武器を備えているため、地球そのものと偉大な宇宙の試験である人類の滅亡に関して、宇宙連合も相当に眼を光らせているためか、UFOの目撃情報がとても増えています。

 

そして今晩も11時ごろ、回転性の地震があり、10分近く長く揺れていました。関東もかなり危ないかもしれません。昨夜は、なんだか寝付けなくて、ずっと目が冴えていたのですが、地震直後に爆睡状態になりました。

到来する多くの磁気が地球内部を刺激し、地震等でクラッシュして、そしてフラットになるのでしょうね。

眠れない、眼が冴える、興奮している、イライラしている、という意見が多くあり、地震前に動物や虫が異常行動を起こしますが、私たちもようやく感知できるボディに変身してきているようです。特に女性のほうが、受信力が高いので、勘が冴えるでしょうね。電子、恐るべし。

まるでページをめくるように、日々刷新されているのを感じています。自分自身の意識も、上へ上へと上昇しているようで、過去に遡るのを不快に感じ、日々新しい感覚や思考を手に入れています。それでも、現実社会へ繰り出す時そのギャップがあるのですが、その架け橋になるような意識を培うレッスンなのだと、今は感じています。

今日の地震で覚醒する人が増え、この周波数についていけない人はどんどん落ちこぼれていくでしょう。まるで振い(奮い、震い、揮い)。旧い(古い)思考しかできない人は、ついていけない世の中になります。

トランプ氏が大統領就任になって第一にやることはTPP脱却、と言っていましたが、ブラボーなことです。彼もフリーメーソンに違いないですが、やり方が違うのでしょう。日本があれほどアタフタとTPP可決を決めようとした矢先、決められない状況が重なりました。

宇宙のやり方は実に見事。適材適所に、適任者(いい悪い関係なく)を配置し、まとめたり、抑えたりするだけでなく、破壊者も置いて徹底的に変えてしまう、という事もやってのける。スピ系の人は、「いい人ばかり」を称賛するけれど、シバ神もような役割も変化には大事なわけです。

ちょうど真田丸で、戦国時代を終わらせるために家康が「砲丸」を入手し、一気に真田丸を破壊して終わらせるように。豊臣秀頼と真田幸村がいくら、優秀な武将でいい人でも、彼らがいては戦国時代は終わらなかった。

一つの時代と流れを変えるには、「破壊」が3次元では有効なのでしょう。でも5次元以上になったら、意識変化だけでいいので、今が地球最後の破壊時期(磁気)なのかもしれません。ニギハヤヒとスサノヲ親子の最後の仕上げは、23日のひふみから。

このスパイラルな揺れは、次元のトンネル。胎動のように、身を任せ、次なる場へと到達していきましょう。

(29日の新月まで、注意していきましょう。)

Time Shower に打たれて by Toshinobu Kubota  彼のサウンドはまるで電子のよう・・。

 

十六夜スーパームーン

2016-11-15

1116supermoon.jpg今日のスーパームーンは、十六夜です。

昨日は雨で見られなかったスーパームーンも、今日は出始めに大きな姿を見せてくれました。光の強さやまぶしさがやっぱりすごい。貴重な瞬間でした。

満月と地震は、引力の関係でよく取りざたされますが、スーパームーンの前日の13日に、ニュージーランドでマグニチュード7.8、フィリピン沖、アルゼンチンでマグニチュード6,0クラスの地震が発生し、日本でも岩手や今日は関東が揺れました。

今年は世界で大きな地震が続いているせいか、最近「いつ何が起きてもおかしくない」という人が増え、むやみにおびえる人が少なくなってきたのは、慣れもあるのでしょうが、覚悟ができてきている感があります。

満月時には、車の事故が多いと言われますが、最近高齢者の運転による過失事故が続き、多くの犠牲者が出ているのも象徴的です。車の運転は、やはりある程度年齢制限をするほうがいいでしょう。年を取ると判断力や瞬発力が鈍るだけでなく、眼や耳、運動神経などの劣化があり、一度にいろいろな感覚を必要とする運転は難しくなっていきます。→リタイア組はさらに劣化が顕著になりやすく、ずっと仕事をし続けている人は病気でない限り急激には劣化しません。

都心は交通網が発達しているので車なしでも可能ですが、車がないと移動手段のない地方では、なにか代替案が必要でしょうね。→ これも変化を促すサイン。

 

Alight-pillarrussia.jpgB1110yamakage.jpgどちらもアース・カタストロフ・レビューより転写。

A:11月6日、マイナス31度のロシアに出現した光柱。ものすごい幻想的です。

B:11月10日、アメリカ、コロラド州に出現した、山の影が夕日で反転して天に向かって写りこむ珍しい現象。

2016年は、とにかく空にいろいろ不思議な現象が現れていて、まさに宇宙電子のなせる業、を観じます。

 

11月は、本当にいろいろな人にいろいろな事を観じさせているようで、それだけでもいかに宇宙からのダウンロードが進んでいるかがわかる感じ。感じ取る人は、今までのように情報や常識に縛られず、「自分の感覚」を頼りに行動するようになってきていて、確実に変化してきていることを実感しています。

そして世の中の動きや出来事を見て、やはりきちんと考えるでしょう。日本でも小池百合子さんの選挙戦、そしてその後の行動を見て、多くの人が政治に関心を持ち始め、しっかり見定め始めているのは大きな進化です。

これから、アメリカの行方が注目ですが、破天荒な大統領が誕生すると世界がどんなふうに揺らぎ変化していくのかを観る機会になるでしょう。

次のゲートが11月22日になりますがスパイラルの加速が始まっており、一度にいろいろな事が起きたり、瞬時に対処出来たり、という過密さがでてくるでしょう。ちょっと緊張の必要な時期ですが、これも自らの「瞬発力」「秒速判断力」「感情でなく理性処理」という宇宙脳力がはぐくまれる時です。

それだけ、時が早く進んできているということなので、何事も先延ばしせず「今、この時」にやるようにしましょう。その先のスケジュールが過密なので、一つ済ませると次々に新しいことや、「やっておくこと」がくるので、大掃除も早めがいいかもです。

今年の12月は例年以上に早く過ぎるので、スケジュールを詰め込みすぎないように気を付けてくださいね。

風邪やインフルエンザ、そして肺炎になりやすいマイコプラズマが流行っているので、気力、体力、脳力を充実させて、この11月の山場を乗り切っていきましょう。

 

 

 

イレブンゲートは、本当に揃いずくしだった

2016-11-11

まさかのトランプ氏が、アメリカ大統領になりました。。と言っても、あの二人しか選択肢がないなんてちょっと無理があるな、と思っていたけど、日本ではそもそも首相を国民が選べないシステム。これっておかしいですね。

trumpwatch.jpg

トランプ氏の過去の発言から、想像された彼の見ている世界のビジョン、だそうです。

今回の大統領選もアメリカ国民の自律を促し、覚醒させるための特効薬なのかもしれません。考えたら、過去にはぶっしゅみたいなレプがいたわけだし、いまさら驚く必要もないでしょう。

ちなみに、アメリカの各所で反トランプデモが起きていますが、これも裏があるようです。韓国の朴政権反対デモとはちょっと違います。こうやって人々が覚醒していき、世の仕組みや仕掛けがどんどん明るみにでてきています。ハリウッド映画より凄いシナリオ。

 

そして、今日のイレブンゲート。やっぱりお腹にきましたが、朝からエンジェルナンバーを見ること、見ること。

今日は夜仕事で超忙しだったのですが、何と来る人、来る人同じ商品の注文ばかり。昨日の最後の方の会計が6660円、今日の最後の方は11000円と、数秘重なりの不思議。 → それぞれのスタートラインに立つ、と言う感覚がありました。

今日は最初の酉の市でもあり、一つの集合意識が高まるときでした。同時に、バイブレーションが変化したことを観じます。

昨日、今日の寒さで一一層その感覚が増しています。さて次のゲートは、14日のスーパームーン満月。地球と月が最接近するのですが、その距離がとても近く、これは70年ぶりなのだそう。その引力により、シンクホールどころではないかもですね。

スパイラルゲートはネガティブ隕石仕様で始まり、中盤は高速回転、そして後半はポジティブ粒子で反転の予感。そこから抜け出した世界が、あなたが次に向かう周波数チケットとして渡されるようです。

心しなやかに、柔らかく、そして強く、優しく、清らかに、光で包んでいきましょう。 

 

PIECES OF DREAM by ゴスペラーズ&ケミストリー スパイラル・グルーブ感を堪能して。

 

 

らせん状のゲートの中で

2016-11-09

ブラックムーンで終わった10月が「初まりの始まり」と書いたら、11月はまるで今たくさん地球に降り注いでいる火球を送る隕石の中を、らせん状に突き抜けているようなチューブ状のゲートをくぐっている感覚があります。

uchuspiral.jpgこんな感じ。

世界の状況を見てもわかりますよね。韓国の大統領のスキャンダルや、明日のアメリカ大統領選にまつわる負のエピソード、フィリピン大統領の外交術等々・・。

1101anigoueffectfrance.jpg11月1日フランスで見られた、山の幻影をスクリーンのように映し出した夕日。

そして今日は、博多の駅前で巨大なシンクホールが開き、北海道の登別温泉にある大正地獄では湯泥が10メートル近く噴き出て、まるで凹凸、陰陽のような現象が起きていました。福岡では地震も報告されており、熊本地震における活断層の活動が未だ止まっていないことを示しているかのようです。(大正地獄という名前の場所でまるでふたが開いたような現象は、何か象徴的。)

博多のシンクホールは、近くの地下鉄七隈線の工事によるものと言う見解をしめしていましたが、七と言う数字と隈=熊=球磨=九真(魔)=クマ=神が結び付きます。(ある地方では、神々しいことをくまくましいと言ったりします。)九真であれば、九の数秘を持つニギハヤヒ。九は救(急・球・宮)に通じ、11月11日のイレブン・ゲート、14日の満月、そして自らを祀る新嘗祭の11月22日に向かってさらなるスパイラルを辿って行くのでしょう。(ニギハヤヒを祀る唐松神社のある秋田で竜巻も増えていますね。)

つい先日も、どこかの高速道路にクマが立ち入り大騒ぎになっていましたが、今年は人と格闘したり傷つけたりして暴れるクマが多く出てきており、単なるエサ不足ではない出現の仕方を感じていました。いよいよの現実世界の「初まりの始まり」です。

 

この凹凸、陰陽のらせんゲートは、日常の中でもネガティブ・ポジティブのような現象として感じられるでしょう。私自身も、「エッ?」と驚くような現象がここのところ続き、過去のスパイラルを見ているかのような感覚がありましたが、以前なら怒ったり不安に襲われたり感情が揺さぶられたであろう出来事に対して、全く動じない自分の心や感情を見つけることが出来ました。これはまさに、伝統太極拳で培われたもの。ビックリです。

恐怖におののかず、周囲に巻き込まれず、扇動に引き込まれず、軸がぶれない感覚。以前なら烈火のごとく怒る場面の時、くっとお腹に力を込めて深く息を鎮めるとその状況から脱することが出来ました。ただ、つーっとこめかみから一汗流れてきたとき、「怒りの感情は出てこなかったけれど、ピッタの熱は発していたんだな」と苦笑。戦いの時、感情に身を任せていては、すぐ相手に見抜かれて急所を突かれてしまいます。

太極拳でゆるゆる動くのは、ポーカーフェイスのごとく、相手に動きや心を見抜かれないことも大事という技。目を動かすだけで、次の攻撃がわかるという本来の武道の実践を知ると、スター・ウオーズのヨーダが説いた「フォースを使え」という意味がよくわかります。相手の挑発に乗らない、という姿勢が大事なわけです。(のってしまったら周波数を合わせてしまう事なので、自分の波動が落ちてしまいます。)

攻撃=真理への道標は、全く別の所にある。それには、自分の役割を十分知ることが大切。今のアメリカ大統領選は破れ鍋に綴蓋のような展開ですが、そこには何の新しい世界は見出せません。つまりはそういうこと。

もう世界の政治の世界が刷新されることはない、ということ。全く違うステージになっていくということ。自分はその新しいステージを観じられているか、ということ。それを、自らの行動として顕わしていくわけです。

 

今の次元上昇のエネルギーは女性パワーの台頭を示していますが、新都知事の小池百合子氏の当選後の短期間での活動はかつてない目を見張るものであり、それまでの腐敗政治が見事に表面化されています。それに反して、男性エネルギーの劣化とともにおかしな事件が多く興っていますが、古い周波数を強く残している男性たちが新しいエネルギーに対応しきれず狂気の行動に陥るパターンが見て取れます。(特に高齢者)

人が年齢を重ねてその過年とともに誰もが成熟していくわけではありません。過去の栄光にしがみついたり、誰かに依存してばかりいたり、自分の頭で考えず人の意見ばかりに従ったり、ということが今までは多かった・・それは、時代であり、情報量であり、その当時の役割であり、魂の成長のスケールなので、新しい年代の人たちとは相いれないことが多いのです。

私たちは、その年代ごとに魂の成長度や人生の在り方を、若い人たちから見つめられている・・そういう自覚を以て、自らを律しながら自分の人生を全うしていく。50代になったら、そういう感覚を以て、生きてほしいですね。

この11月のスパイラルゲートを見事潜り抜けた人は、2017年の全く新しい世界を観ることになるでしょう。(潜り抜けられない人は、退行していきます。)

そして、10日のアメリカ大統領選の結果によって、世界がどう変わっていくか(駆け引き)しっかり眺めていきましょう。

未来へ by ナオト・インティライミ  彼は宇宙魂ですね。インディゴだわ。

 

ブラックムーンで終りが終わり、始まりが始まる

2016-11-01

10月は、1日と31日、月初と月終が新月という珍しいブラックムーンでした。新月は無から有になる始まりの時。この二重の始まりの月には、世界でいろいろな事が起きていました。

日本では鳥取地震がおきましたが、同じように8月にマグニチュード6.0以上の地震が起きて、村が壊滅状態になったイタリアで、この数日マグニチュード6.0以上の地震が続き、8月から述べ16000回以上の地震。昨日は、さらにコロンビア、北モンゴルでも大きな地震が起きています。まさに月と地球の引力の関係性がわかるよう。

1030egyptflood.jpg砂漠の地、エジプトで洪水。

エジプトはナイル川が定期的に反乱することが知られていますが、この時期に洪水は史上初だとか。乾いている大地中東にこういう天災が起きたら、少しは戦乱が弱まるのではと不埒に考えていましたが、地軸のずれている今はありえないことが起きる、という時期のようです。

 

そして、前回ブログに書いた預言的アニメの「君の名は。」のように、25日ロシアのバイカル湖に隕石が落ちた記事がスプートニックにでていましたが、タイミングよくまたしてもIN DEEPさんの記事。これは隕石を通り越して、小惑星ですから、ぶつかったら大変どころではありませんね。

こうやって見ると、空も地も海も変化の嵐で大忙し。その中で、体の変調を訴える人が増えています。また地球の周波数が変化してきているので、古い周波数を維持しようとしているとズレから生じる内側からのリズムや音、慣習が合わなくなり、五感の不調や生理、行動のタイミング、意志決定ができないなど、従来の自分の状態からかけ離れた体や心の状態に遭遇する人が増えてきました。→不思議ですが、そういう人がこのブログを見つけたり、人から紹介されたりして私の所にやってきます。

「君の名は。」で描かれていたパラダイムシフトは、個人レベルではなくより多くの人の共感と行動で、物事を大きく変換できることを描いていましたが、まさに今そういう状況なんだと思います。

自然災害の増加は、その起爆剤。「何が一番大切?」「人生の中で幸せなことは?」と問いかけ、その場にいる人、あるいは周囲の人がどういう行動を取り、何を行うかで集団意識で目指す新しい「場」を作り上げていくことを示しているでしょう。

先月からの二重の始まりは、宇宙と、地球と、世界と、社会と、自分が水の輪のように波紋を描き、同調していくとき。奇しくも、これから天王星の影響が強くなるようで、天王星出身のスサノヲのハタラキが強く顕れていくとき。福岡の須賀神社には世界最古の隕石が護られているとのことで、須賀神社はまさにスサノヲを祀る神社なのです。

隕石、火球、流星・・生命体を作ったアミノ酸は、隕石からやってきたもの。アーリオーン達は、バーナードループから送られたと・・。バーナードループとは、オリオン座三ツ星付近のM42星雲、M78星雲(ウルトラマンの聖地)にあるエネルギーを放つ領域→詳細

隕石がまた到達するという事は、新たな生命体や植物などの源が飛来するということでもあり、地球刷新に大きな影響があることでしょう。まさに宇宙からのデリバリー。

今年もあと2か月になりましたが、ジタバタせずにこの大変化の流れの中で、自分をしっかり見つめながら手放すものは手放し、新たに受け取るものは受け取り、自分の刷新を恐れずに楽しんでいきましょう。頭でなく、感覚が頼り。Trust you!

70億のピース by 秦 基博 こんな歌詞を謳える人が出てきたことが嬉しい。もう恋だの愛だの、だけが歌じゃないから。