今なぜ「君の名は」なのか。

2016-10-25

昨日、ロングヒットを続けている「君の名は。」をやっと見ることが出来ました。新海誠監督の作品は、「言の葉の庭」が心に残っていて、最近は「星を追う子ども」を見て、彼が相当な宇宙&オカルトマニアであり、神道や世界の歴史に関しての造詣が深いことを確信し、楽しみにしていました。

ストーリーはネタバレになるので詳しく書きませんが、輪廻や次元の仕組み、魂の成長などが丁寧に描かれています。アーリオーン達がアーティストに思念を送り、作品を作らせるのは、横尾忠則氏を皮切りに、宮崎駿氏、山下達郎氏、BUCK-TICK(これはスサ)、など様々なジャンルのアーティストに「宇宙観」を描かせ、その時々の人々への意識の覚醒を促していたのを知っています。

老若男女が世界中で一同に見ることのできるアニメは、宮崎駿氏は主にAMA族やアーリオーン達の存在を知らしめ、新海誠氏は宇宙の核心とパラレルワールド、これから起きるであろうイベントを啓示するように思念を送っているようです。

 

この映画でまず示しているのは、男性性と女性性がともに一つのボディの中に在ることと、それぞれの考え方や行動が限りなく一つになるとき、成就する大きな一つの意識=ツインレイとの出会い、その時に何を考えどう行動するかによって未来が変わるパラレルワールド、そして巨大隕石の落下の示唆=(惑星X(nibiru) はその引力によりたくさんの隕石を引き寄せて尾にしていて、地球に近づくとその隕石をまき散らすと言われており、今たくさんの火球が落ちてきているのと地震や火山噴火、極の移動が起きているのは、その接近が近いとされている・・)というのをイメージで受け取り、作品によって啓示しているかのようです。

惑星X に関しては今あまりニュースででてきませんが、来月の後半に木星と金星(?)だったかが大接近し、太陽を遮るので地球が暗くなるというNASAの発表があった、とか12月26日に太陽系のブラックホールに別のブラックホールが衝突し強い重力波が押し寄せる・・など、いろいろな情報が錯綜しています。現バチカン法王やエリザベス女王が「クリスマスは今年で最後」と言う発言をしているので、何やら信ぴょう性があるような、ないような・・。

どれが本当なのかは真意をつかみそこねますが、おそらくこの手の本当の情報は出てこないでしょう。ただ、ロシアでは全国民を収容できる地下施設が完成しており、国民に食物の備蓄を促す国もあるので、何が起こっているかは注意深く情報を精査して眺めていくといいでしょう。

隕石が落ちる前に、来年には中国の宇宙ステーション天宮1号が制御不能で地球に落下することがあり、燃え尽きることのない部品がどこに落ちるかは不明なので、空からの落下物はいろいろにありそうです。

物語の途中で、主人公の女の子が緊急事態で村を駆け回っているときにスコーンと転んでしまうのですが、二日前に同じようにこけた私は、この映画で「はっ!」とさせられました。ストーリーの途中で何度も鳥肌がたち、ものすごいメッセージ性を観じていたからです。

スピリチュアルなラブストーリーとして観る人は多いでしょうが、新海監督の過去の作品に付箋として流れる宇宙意識や自立した魂の存在、キーパーソンが必ずいるということ、などを感じ取ると、違うメッセージも読み取れてくるでしょう。

新海監督は1973年2月9日生まれのみずがめ座。時代はみずがめ座に入り、彼の感性が大いに触発される時期となり、宇宙メッセンジャーとしてこれから続々と魂に訴える作品が生み出されることでしょう。若い人の感性に大いに期待します!

これも好き。「言の葉の庭」by 秦 基博  "愛"よりも昔、"孤悲(こい)"のものがたり。と言うキャッチコピーが素晴らしい。新海監督の繊細な心の機微を光で表現する巧みさに、じんじんきます。

 

アーリオーンに見守られて

2016-10-23

先週、長崎からいらっしゃる常連さんから、珍しい海産物のお土産をいただきました。とても食べきれる量ではなかったので、ピヨ(前世の娘)たちと一緒に食べようと連絡し、22日お好み焼きパーティーをすることに。

その時、北斗七星からやってきた宇宙孫へのプレゼントとして「宇宙絵本」を持って行こうとアマゾンで検索し、「ぼくはうちゅうじん」と言う本を選んで購入しました。(中身は当然読めません)

bokuwauchujin.jpg絵も内容も、大人も楽しめる本でした。

奇しくも21日から22日にかけて、オリオン流星群が降り注いでいる日。

その絵本を開くと、なんと一ページ目に「冬の輝く星座はオリオン座。真ん中の三つの星はオリオンのベルトと呼ばれ・・」 その本全体はオリオン座のことが書かれていて、目が点になりました。

eyecontact.jpgsakutacchi.jpg

宇宙孫の朔ちゃんは、会うのが半年ぶりだったので人見知りで最初泣かれたものの、じーっつといつまでも見られているうちに、笑顔を見せてくれてテレパシーが通じるようになりました。つかまり立ちをする時期ですが、まだ立てずにいたのですが、「こうやって立つんだよ」と伝えているうちに初めてのつかまり立ち成功!

実はこれで初めてのたっちを見せてくれたのは二人目。立ち方がよくわからないでいるだけなので、具体的に教えてあげるとちゃんと立てるのです。

1022okonomiyaki.jpg本格的でしょ。これを見て、「あっ!あそこのお好み焼き」とピンときた人は、ピンポンです!凄い上手にできて、本当に美味しかった!

 

実はこの日、ものすごい幸福感に包まれていて、現実に孫を持つ人たちの気持ちを感じていましたが、ピヨ達の住む公団の玄関先でこけてしまいました。ちょっと躓いたときに、履いていた靴のマジックテープがはがれ、重たい荷物を持っていたのでそのまま前にのめってしまい、あちこちすりむいて。

ピヨの所ですぐにラベンダー精油を塗ったら、あっという間に血もとまり、傷口はふさがりましたが、実はこの靴でこけたのは2度目。これは警告だと、直観しました。

その靴が危ないことと、その日デトックスもあり、前日の鳥取大地震が宇宙からのメッセージであること、オリオン流星群とはオリオンのエネルギーが降り注いでいること、つまりはアーリオーンからのメッセージが届けられたことを観じました。

オリオンゲートが開いている・・。扉が開かれ、帰路への道のエネルギーが注がれている・・。地球全体が刷新中であり、特に日本は最初に刷新される場所であるということ・・。

この日を選んだことと、プレゼントの絵本はまさにアーリオーン達がいつも見守ってくれていることを再確認させてくれるのに十分でした。

そして今日は、もう冬の匂いがしました。寒暖の差が激しい今、季節は地球の揺らぎを示すがごとく、様々なことが不安定なことを知らせています。

今回の鳥取地震は、活断層ではないところで起きたそう。つまり、安全な場所など今はどこにもなく、いつでもどこでも何が起きてもおかしくない状況であること。それが、新たな地球への生まれ変わりの現象であること。その地球号とともに歩く人たちは、ちゃんと気づき周波数を上げているので、恐怖に陥ることはないこと。

鳥取では、地震雲がちゃんとでていました。あの日テレビで「ピロン、ピロン」という緊急地震速報がなりましたが、いざと言う時は何もできず家具を抑えることが精一杯です。その結果は、その人の今生の人生シナリオの通りとなる・・。少しでも明るい未来を思い描ける人であれば、突破していくでしょう。

なので、今この瞬間、少しでも最良の時間を増やしていくことを糧にできれば、それぞれの扉はすんなり開いていくことを観じてください。

 

 

スーパームーンの満月ゲートをくぐって

2016-10-17

今月は最初と最後の日が新月というブラック・ムーンと言う特別な月だけれど、14日・15日・16日の3日間十四夜、十五夜、十六夜という月の美人三姉妹のような特別ゲートが真ん中に挟まっていたわけね。まるで華麗なアーチをかたどった橋のような3日間は、ものすごい太陽風が地球に吹き注いでおり、到達する電子エネルギーも半端ではありませんでした。

1016supermooncapegod.jpgケープタウンのスーパームーン。Space Weather.comより

15日の日は横浜でJAA主催の「癒しの祭典」があり、「在宅介護とアロマケア」の講演をしたのですが、家から外に出た途端体に違和感があり、電車に乗っている最中に外の景色が異様にまぶしく、光を反射してギラギラしている感じがあり、とっさに「え?私白内障?」という意識と「もしかして、次元のゲートを通過中?」という二つの意見が頭を巡りました。

幸い視覚の異常はその時だけだったのですが、電車と言う電気を帯びた乗り物に乗り、その上で電子が降り注いでいると、モニターボディの私は電気が通り抜けるのが早いので、ものすごいエネルギーが通過し感電状態だったと解釈しました。(実際、高次の存在とコンタクトする人は、周波数や電気量が高いので、エネルギーが落ちると電車や送電線の下をわざと通って、充電することがあるそうです。) その後デトックス状態になりましたが、すぐ元気になりました。

でも、この年齢にもなるとちょっとした体の異変でも、脳血管障害とか心疾患とかの可能性もでてくるので、初めての体験はちょっとドキドキですが、この数年電車内での病人発生が多く、送電線の不調や緊急ボタンなど電車の遅延は毎日のようです。

 

すると、NASAがこんな警告を出していたそうです。 → 昨年のIn Deepさんの記事

14日の強い太陽風が到達したデータはこちら。やっぱりね、と言う感じ。最初に脳が感電するんですよ。だから、視覚や聴覚等の感覚器官がダイレクトに感じ、次に松果体や視床下部から体の細部へ、と言う形で通電するのでしょう。

しかし、その体感をしたあとに、明らかな「次元のシフト」という意識が強く芽生えました。ここから先は、覚醒する人たちが圧倒的に増え、そのための社会的な事件や真実への暴露、ニュースの嘘などがどんどんでてくるでしょう。私はますます浮世ばなれしそうですが、今人の中に飛び込んで行っているので、かろうじてグランディングできているようです。

 

横浜で講演を終えた後、懐かしい中華街まで歩き、「おかゆが食べたい」と思ったので、40年ぶりに入るおかゆの有名なお店(全然変わってない!)で鶏粥を食べました。すると不思議に、食べ終わった後ものすごく胃腸が動き、体が喜んでいる感じがしました。なるほど、おかゆか!

FBでも体調不良を報告している人が結構いて、こういうとき「おかゆ」それも中華風の米粒が見えないほとんどスープのようなものが滋養に優れていることを直観。ある意味飲む点滴のような感じがあるんですね。

このシフト中の今、こうやって体も変化しているために、食物の嗜好の変化や量の変化などが顕著にでてくるようです。だから、体の感覚が意識とつながっていないと、ますます乖離して体調にでてくるわけです。

できるだけ、腹8分目か食べ過ぎないようにすることと、逆にものすごい消化力が出ているときは適切な栄養補給をバランスの良い形で食べていく工夫が必要のよう。つまり、体もこの凄いエネルギーにさらされているときは、体の機能をなるべく落とし静かにさせて、過剰に帯電しないようにしており、それが通過すると体力回復のために栄養を要求する仕組み。これはもう、栄養学とか医療とかの範疇ではなく、宇宙と地球の間に生息する生命体としての感覚力を磨くしかないのかもしれません。

それにしても、すごい時代に存在しています。これを面白がれないと、先の次元にはいけませんね。

1015moonbowelc.jpg10月15日出現した月の虹(ムーンボウ)。この虹の中で光る稲妻という非常に珍しい現象。Space Weather.comより

今年の空は、雲も虹も朝焼けや夕焼けの色も稲妻も、今までにないものが多く、いかに地球の上空に変化があるか見て取れます。それに伴い、瞑想や立禅のような「思考を無にする」エクササイズを行い、自分の体や感覚、意識の変化を自然に受け取れる体制を十分調えておきましょう。この10月の次元の橋渡しは、本当の意味でこれからの大変化に向かって行くゲートをくぐる人のために開かれているようですから・・。

Hey Ho by Sekai no Owari 動物殺処分ゼロの支援ソングだそう。動物より人間のほうが本当にたちが悪いと思われる事件が多すぎな今!早く明(開・空)けてください!

 

 

 

時の変化

2016-10-10

台風に翻弄されたこの数週間は、各地で日照不足となり野菜が高騰しています。それだけでなく、何か圧倒的に時空という場に変化が起きている模様。時間がとても歪みというか、スポットに入っているかのようなここ数日間を感じました。

その日は非常に忙しく、ものすごい動きの中で時計を見るとたった20分くらいしか過ぎていない、と感じたことが。それは、私だけでなく周りの人も「なんか時間が変!」「時計おかしくない?」と口々に言っていました。ストップモーションの中で動きまわる人がいるかのような感じ。これは明らかに時の密度の違い、と思います。

1001ishigakiufo.jpgasoufo.jpg

A:10月1日、石垣島上空に現れたUFO。 B:10月7日阿蘇山噴火前に現れたUFO。

世界のあちこちで揺れがある中で、10月に入って台湾近郊や沖縄付近に大きめの地震が起きています。そして36年ぶりに阿蘇山が噴火し、地震でダメージの大きかった熊本はさらなる被害に見舞われています。

日本中央構造帯の出発地点である阿蘇山の噴火は、このラインにエネルギーを流すでしょう。この数日地震雲を見ています。10月1日の新月を境に、次元が変わるモードと感じています。

 

先日の太極拳で、初めて推手を練習しました。こういう対練は、身長のできるだけ近い人と行っていますが、私はいつもA君という男子と行うことが多いのです。今日の推手の相手もA君でした。

初めてなのでお互いああだ、こうだといいながら、手を交えてぐるぐるしていると、ワッというエネルギーが体を駆け抜けて、私はぴょんと跳ねてしまいました。 「アッ!」 これがタオ!陰陽の巡りによる一成るエネルギーを観じました。ちなみにA君は、体は男性ですが魂は女性性の強い現れ。私はその逆です。つまり、4重のエネルギーを交えている、出口王仁三郎と出口なおの組み合わせでした。太極拳の本質は密教と同じ、宇宙へ通じる修練なのです。これは、手をぐるぐるしている中で大きなマルマ(ツボ)が合わさる瞬間があり、そのマルマによる交流により、大きなエネルギーが流れたと感じました。A君も、「なんか感じた」と言っていたので、そうなのでしょう。推測ですが、これが実践になった時、相手と戦いながらも交流しあい、互いが一つの感覚になるとき、戦意が失せて相手を認め合うという感覚を生み出すのかもしれないと思いました。合気道も、そうなのです。これも、時空の密度が細かくなり、伝播しやすい状況によるものと観じました。

 

そして、つくづく最近思うのは、子供たちの変化。仕事先では、外国人の赤ちゃんや子供たちも多くやってきます。凄いなあと思うのは、彼らの赤ちゃんは本当におとなしく、子供たちも騒ぎません。日本やアジアの子供たちは、おそらく子供中心の家族制度を営むためか、うるさい子供たちが多いのです。親たちも、子供の機嫌ばかり伺うせいか、子供はそれを察して自由奔放にふるまいます。でも小さい時から一人寢させる欧米人の子供たちは自立心があるためか、本当に素直で静かで、すでに熟成している感じがあり、まさにクリスタルやダイヤモンドチルドレンの風格をみせてくれています。

もともと赤ちゃんとのテレパシーが得意な私ですが、彼らともしっかり交信ができました。目が合った瞬間、もう笑顔を返してくれて、じーっと観てくれます。『こんにちは、ようこそここへ』と思念を送ると、ニコニコとしてくれます。欧米人の親たちは、子供中心ではなく自分たちの会話を大切にしていて、子供たちもそれを尊重しているようです。反対に、一人っ子政策だった中国の家族は、まさに子供中心で「小帝王」と言われるごとく、子供はやりたい放題と言う感じが否めませんが、成人した子供たちは親にしっかり愛されて育ったせいか、おっとりして敵意のような過激さはありません。

では日本人は、というと30代以下の親たちの子供たちは、おっとりしていることが多いのですが、40代以上の世代の子供は高度成長期、偏差値重視、バブル時代の社会で育ったため、耐えず競争にさらされエリート重視の傾向から、その子供たちに歪みがあることは否めません。それが今、さまざまな社会現象になって現れている感じです。これらはまさに洗脳の結果ですが、今のレインボウ、クリスタル、ダイヤモンドチルドレンたちのカルマを持たない新しい魂の出現によって、あらゆる種族が互いを認め合い、一つの地球人を形成する礎を作っているのでしょう。

今の新しい密度は、彼らの魂がその周波数によって大いに活性し、そのエネルギーを周囲に波及させていると観じます。こういうことを感じられるとは、10年前は思いも依らなかったのですが、その変化を受け取る中で自分自身の覚醒も進み、インディゴ第一波世代として役割を果たせているようです。ヨーガや伝統太極拳は、その修練にピッタリなのでした。ただし、正統派に限りますが。(ホットヨーガや24式ではそこまで至りません。)

この時空の歪みは、パラレルワールドと呼ばれる何重にも重なった時限の隙間であり、どの次元に行くかという選択(扉)になっているのでしょう。きっと多くの人が、天地のような境目の経験をしていると思います。つまり、試されているという事。

阿蘇山の噴火は、36年ぶりであり、まさにミロク(三六)への「スタート」を示してくれているようです。地震による破壊と火山灰による新たな世界への線引き。熊本の方達は本当に大変だと思いますが、同時に試されている最初の人たちでもあるかもしれません。熊本復興のために、多くの若い人たちや子供たちの活躍が目立っていますが、火の国の住人であり、同時に水の豊かさや清らかさの多い場所だけに、「カミ=火水」のエネルギーがどこよりも多く注ぐ場所でもあるでしょう。

In Deepさんがいつものように鋭い説明をしています。何かと天災や事件の多い北緯33度線の中で唯一の火山が阿蘇山という事。33と言う数字が、最高のマスターナンバーという事。偶然ではありませんね。周波数や磁場を調べれば、何か大きなことがわかるでしょう。

いよいよの始まり。皆さんの覚悟(覚醒して悟るという事)の度合いが試される時です。十分内観してみてください。

Space Crush by Tatsu  「気がつけば火を噴いて笑う。俺に膝まづけと・・」火球や隕石も増えています。その意味は・・?まるで予言ソングのよう。

 

 

 

 

 

そこにいる意味

2016-10-04

またしても大型台風接近中で、人工台風か自然台風かわからないけれど、6週続く台風到来に日照時間不足で野菜が高くなっています。

ただ、本当に9月末からモードがガラッと変わっており、時間そのものの質が変化している感じがして、シンクロやテレパシー現象がますます強くなっているようです。電子が増えているので、伝播しやすいということでしょう。以心伝心は、意真電進でもあるわけです。

0927ccbrazil.png9月27日、ブラジルに出現したクロップサークル。

上の文字のようなものは、Ehまたは、反対から見ると43に見え、中心のフラワーオブライフ(または六芒星)に関わる3つの星(または拠点)の位置を示しているようです。

Eh なら Earth 43なら緯度や今から43日後、などいろいろ考えられますが、複数の意味を持っていると感じるので、応えはもっとたくさん出てくるでしょう。

 

人生卒論執筆中の私が、今はっきり言えるのは、「そこにいる意味」がはっきりあるということです。なぜか行動したくなる衝動に駆り出される時、それは次なるステージへ進めということであり、それまでの場所から卒業するということ。そして、次の場所ヘはどういう動機や思いでたどり着くかによって、シナリオが違うということを、年齢を重ねるたびに強く感じるようになるでしょう。

たとえば、職場でストレスを抱えていて転職をするのと、新しい挑戦をしたくなって転職をするのでは、次の場面が異なります。前者では同じような体験をするでしょうし、後者では新しい自分の側面を発見するでしょう。ただし、お給料や福利厚生の待遇面を判断基準にしていると、前者のようなことが起きやすいでしょう。

私もこの年齢でまだ新しいことにチャレンジ中ですが、それは新しい自分発見という観点ではなく、卒論を書くための大きなまとめを体験するために動かされる、と言う感覚が強いのです。

今、週3日だけ夜仕事をしていますが、実はここに来る経緯の体験を8年前にしており、その体験がとても楽しく本来の自分を十分発揮できた感じがして、「いつか、こんなのやってみたいなあ」と思っていた矢先に、見つけた場所でした。

でも、そこには大いなるテストが潜んでいました。「う〜ん、やっぱりなあ」と思うのと同時に、「あ、これが今回の役割なんだ」と納得する面があり、まさに陰陽的な表裏一体という世界です。

今までの人生は、新しい場面ごとにキーパーソンとの出会いがあり、それは過去世からの縁者として一つのまとめということに気づいています。そういう体験も、もうすべて終わったと思ったのですが、今回動かされたのはまだそれが残っている、ということのようでした。

不思議ですが、一見ただのおばさんの私が英語で接客していると、日本人の特に若い人が異常な関心を持ってくれます。 どこで英語を勉強したんですか? とか、もう何年ここに勤めているんですか? とか、ここの女将さんですか?とか。他の人も英語を使いますが、文章にしてしゃべっていないのと、やり取りをしっかりしているわけではないので、際立って見えるのでしょう。これがまた本当に不思議で、「私なんでこんなにしゃべってるの?」と言うくらい、人生で一番流暢に話しているんです。思考なしに勝手に言葉が出てくるので、これは、完全に上からのサポートだということを強く感じるんですね。つまり、ここで卒論のための体験や出会いがあるんだろう、と。

でも若い人たちから興味を持ってもらえるというのは、とても嬉しいことです。自分のキャリアや素性は一切明かしていないので、「普通のおばさん」として何ができるかのチャレンジでもありますが、キャリアを一切伝えずとも、関心を以てもらえるのは全く違う喜びです。多分キャリアを持つ多くの人は、そんな冒険しませんね。普通は、そのキャリアでいかに多くのお金や権威を集めることに生涯を注ぐでしょうから。

でもそれが、本来の自分ではなく「プライドという衣装を着た自分」をずっと演ずることになっていることに気づく人はいません。そしてどんどん演ずることによりエネルギーが失われ、枯れてしまうのです。そして病気になったり、精神を病んだりしてしまう・・。そういう人をたくさん見せてもらいました。

10月1日の新月は、今まで以上の大きな扉。どうやら次のステージはもうすぐの予感がします。立仕事のおかげで、脚力と腹筋力がつき、体力も向上しています。本職では味わえない刺激をもらっているので、新しい発想も沸き、この卒論を書き終えるのが楽しみになりました。

シンクロ by 秦 基博