熱中症の新しい解釈

2016-06-28

今年の雨期は雨が少なくて(と言っても今週は九州や山陰地方に大雨・洪水多発)、気温も温度差の高い日々が続いています。

30度超えがなくても、「熱中症」が増加している今、それまでの『水分・塩分補給』というのが、それだけではだめで、それを受け取る腸内環境が大事と今年から言われました。

う〜ん、やっぱり腸内環境・・。腸内細菌が入ってきた水分や塩分を受け取り、それを活用することで新たな栄養素を作りだし、体に補給することが大事なのだそうです。

たしかにね、水分摂りすぎても塩分摂りすぎても、胃液が薄まったり腎臓に負担かけたりするので、加減が必要。胃液が薄まった場合は、消化力も落ちるから食欲がなくなったり、栄養吸収力も減るので、体力が余計に消耗する場合もあります。

 

そこで、熱中症を防ぎ夏バテしない体つくりの食事の提案。★印は発酵食品を使っています。

nechusho16.jpg

@枝豆入り塩レモンライス。(炭水化物+タンパク質+ビタミンC+クエン酸+塩分)★

Aナスとインゲンと舞茸入り味噌汁(ビタミン類+ミネラル+塩分+アミノ酸) ★

Bヒジキと春雨の煮物。(ビタミン類+タンパク質+ミネラル類+糖分+アミノ酸)

C鳥ささみのハーブ入りピカタ(タンパク質+ビタミン類+アミノ酸) 

D大根と人参の糠漬け (ビタミン類+ミネラル類+塩分+乳酸菌) ★

Eニガウリともやしとトマトのサラダ(ビタミン類+ミネラル類+塩分) ★

*熱中症を防ぐには、バランスの良い食事が大切で、温度差の激しい日々を送るには良質のタンパク質も不可欠です。ここでは、体の熱を上げない素材を選び、<甘味・塩味・酸味・苦味・渋味・辛味>の6味を添えています。辛味は一番少ないのですが、お味噌汁に七味唐辛子を加え、ピカタには胡椒を利かせています。

*枝豆はビールのつまみだけでなく、貴重なタンパク源としてお料理にいろいろ活用できますから、彩と栄養として夏のレシピに是非加えてください。枝豆のポタージュは、温かいのもおいしいですが、冷たくしてビシソワーズ風にしたり、冷しゃぶのソースにしたり、いろいろ楽しめます。

*塩レモンライスは、とてもさっぱりしていて食欲のないときにぴったり。豆類や野菜と相性がいいので、夏の混ぜご飯の調味料に役立ててください。

*もやしとニガウリとトマトのサラダは、歯触りがよくさっぱりとした味なので、食べやすい!もやしと薄切りのニガウリには、さっと湯通しをして冷ましてからトマトを加えて、好みの味付けにします。和風、中華風、フレンチ風、なんでも合うのでメインのおかずに合わせて調味したドレッシングをかけてください。好みの薬味やハーブを加えるとさらに美味しくなります。ただし、ここでは酸味を使いたいので、酢やバルサミコ酢、レモン汁等を必ず加えてください。

*ヒジキの煮物は、余ったら翌日オムレツにしたり、炊き込みご飯にしたり、お豆腐を合わせて白和え風にするといいですよ。

babfoodtherapy.jpg和ーユルヴェーダ・クッキングを知りたい方はBAB出版「美しくなる食事療法」をご覧になってください → http://therapist.fe.shopserve.jp/SHOP/FT-1.html

今年の夏は猛暑になるそう・・・きちんと食べて、元気でお過ごしください!

 

 

あなたは今どの領域にいますか?

2016-06-26

6月初めに続いていた黒点ゼロが、この数日再び訪れています。イギリスEU離脱という大きな舵取りの応援のため、少しポチポチと黒点を出したかのよう。

0622ccuk.jpg0624ccuk.jpg0624ccukhumpshire.jpg

A:6月22日イギリスに現れたクロップサークル。縮小を感じます。

B:6月24日イギリスにて。何か機械の部品のよう。フリーエネルギーの装置? 

C;6月24日同じくイギリスにて。渦が広がる様子。あるいは極の移動が広がる様子。

EU離脱かどうかの住民投票で揺れた日に現れたクロップサークルは、これから大きく転換が始まる様子を示しているかのようです。

今回の結果は、ほとんど誤差のない五分五分での結果でしたから、これで離脱が決まってそちらの方向に向かえば、国内で対立の暴動がでてくるかもしれません。多数決の危うさが垣間見れました。

半分こしたら、こっちが勝ち!というのは、非常に古いやり方と感じます。せめて4:6で再投票、3:7で結果を出すほうが、民意に沿うでしょう。なぜなら、3:7であれば一人の反対者に3人で説得することが出来ますから。

今月の初め、投資王のジョージ・そろすが、海外株を売って金の投資に変えたというニュースがありましたが、9.11の時のように何かイベントがあるな、と感じていたらこのEU離脱での株価下落に備えてと思います。全く、欲深なレプ爺さんですね。(でびっど・69FLRにそっくりな気味の悪い爬虫類顔です。血統ですね。)

さて、明日から株式市場は超不安定な状態になっていくでしょう。金融崩壊の始まりがこんな形で起きるとは、意外でしたが。

 

これは、周波数を上げている地球に対して、人類の過去からの集団カルマの昇華になっていくと思います。

今回のEU離脱がなぜ起こったかと言うと、ヨーロッパが一致団結して一塊となった経済活動をしようとした対策ですが、ギリシャのように破綻しかけた国があると共同責任のようなことになり、不公平性が顕著になってきたことと、移民問題で相次ぐテロ事件等に嫌気がさしてきたということのようです。

でもね、歴史を振り返れば、ヨーロッパの国はあちこちの国に進出し、アジアやアフリカを植民地にし、アメリカに至っては先住民を追い出して自分たちのものにしてしまったわけです。そして植民地にしたら、現地の人を奴隷として扱い、あちこちで下働きをさせていたわけです。つまりものすごいカルマを作っていたという事。

その結果、一つの国に違う民族がいろいろ入り込み、年月がたっていくと移民の数が異常にふえてしまい、文化摩擦が生じるという計算違いがでてきたわけです。イギリスは、特にたくさん植民地をもっていましたから、人種のるつぼと化したわけですね。だけど、女王陛下の国ですから、秩序を乱すのは許さない!と、統制をとってきたものの、自国の経済とイスラム系移民の増加で国民の不満が爆発した・・・。すると続々と、「私も!僕も!」と独立を目指す国が出てきて、しばらく混乱は続くでしょう。その間、経済の安定も見込めないでしょう。すると人々の暴動が起き、どの国も根本から見直す必要がでてきます。

今までは、レプ達の仕掛けによるグローバリズムという世界経済を中心に動き、仕掛け人の一部の人たちが莫大な富を得て、あとは人類牧場としての奴隷化とモンサントのような悪しき食物や添加物、薬漬け医療によっての人口削減をしていけばよかったのです。

でも、PCとインターネットとユーチューブ等のおかげで、情報操作されていない国では人々が本当のことを知る機会が増え、意識変化が起きました。日本だってね、ここのところの政治家の不祥事が続き(暴かれ)、今やしゅしょーが演説に行くと一斉に「帰れ!」コールが響きます。

今度の選挙で、国民の民意が問われることになりますね。そのために株価がどっと下がって、経済が悪化してくれば、いやでもみんな真剣になるでしょう。こういうのも、宇宙の仕掛けなんです。

株などの資産がある人は、眠れないほどおびえるでしょうが、何も持っていない人は何も変わらないわけですから、その波動には差が出てきますよね。これも仕掛けです。

来月は、世界中でたくさんの動きが出てきますから、落ち着いていきましょう。全てはプロセス。新しい時代にそう、新しいアイデアを創造する時です。 今日のテレビで、あの「林先生」が東大生にかけているのは、現場力と創造力と、全きなことを言っていました。過去からの習慣をなぞろうとするから、無理や誤差が出てくる。

今ここに在る問題はどうして生じているのか、ではどう変えて行けばいいのか。時代はススミ、新しい角度で物事を見ることが必要になっているのです。残念ながら、今の40代以上の人は洗脳どっぷり世代なので、過去からの刷り込みのままに未来を見ようとしますが、それがおかしいと気づかなければ、新しい発想に至ることが出来ません。

その「とらわれ」から解き放たれるために、当社で発想の変換レッスンしませんか?

今度の参院選に出馬する、物理学者「保江邦夫」氏の研究結果。オカルトや超常現象、臨死体験を得て、物理と宇宙の摂理が「愛の宇宙方程式」として、解かれています。この粒子体験は、クンダリーニを開いたり、大周天などを経験すると体験しますが、その際にものすごい歓喜を感じます。これが宇宙に溢れる愛のエネルギー粒子ということがわかります。逆に言えば、内に愛の感情がない人はその体験を得ることが出来ないでしょう。おーむ真理教のような訓練は、宇宙アクセスにはなりません。

こういう人が選挙に出てくること自体が異例ですが、政治をしてもらうというより、政治家の意識を変えてもらう天使的役割を果たしてくれるといいなと思います。天のサポーターもたくさんいると思うので、いろいろな超常現象を起こしてもらいたいですね。

スピリチュアルと物理がイコールとなる・・これこそが男性意識、女性意識の融合なんです。ここまで進んできたことに、感無量。 

 

 

特別の夏至を通過して

2016-06-22

20日の満月は、先月に続き月虹の暈がでていて、とても華やかでした。海外では、ピンクがかるためにストロベリームーンと呼ばれたりするそうですが、夏至と重なるのは70年ぶりとか。

0621flmoon.jpg

しかし、甘い月とは裏腹に19日、20日と世界中で野球ボール大くらいの大きな雹が降りまくっていました。

0620minesotahyo.jpg6月20日ミネソタで降った雹。

そのほかでは、ポーランド、セルビア、ウクライナ、19日にはロシア、イラン、中国、モルトバなどでも降りました。考えると、こんなに大きな雹が降ると車に穴が開き、屋根も破壊するので逃げ場がない。当たれば死ぬ勢いですから、地震や洪水等よりも危険な感じがします。

そして夏至を通過した今日、太極拳を行うと、わあ!いきなりきました。指先が痛いほど、電流が通ります。

このエネルギーはプラズマ級な感じ。エネルギー自体の質が変化した感じがします。

geshihoroscope.png

これは、2016年6月21日夏至のホロスコープ。あ、ピラミッドが入っています。正四面体。

すると、今日偶然テレビでこんなものを見ました。

0621kazafstan.png

カザフスタンでサラリーマンが偶然見つけた、世界最古の地上絵。およそ16000年前のものと推定・・。マヤのものとはまた違う、幾何学的なイメージ。

adumashuriken.jpg6月21日群馬県東吾妻郡で発見された手裏剣型馬具。他にも刀など・・。

なんだ、なんだ、このスクエアな偶然は! だんだんメッセージが解かれていく感じ。

 

ワジルシ ユカタン  三角に道を通す 井桁を辿れ

其方には 分かるであろう カリマホロバのヨイヤミ宮にて 其方を待つ者ある」

最初の夏至のホロスコープで、三角に道を通しているのは、金星と月。ともに女性性のサイン。

この女性性のエネルギーがピラミッドの頂点を通過し、これを回転させることによって 田=X(カイ=カミ)が回転してエネルギーを発動している図、の様子となる事を直観しました。つまり、女性が変革を興していく象徴。

それには、まず女性たちが覚醒していることが大事になります。つまり見極める目を持つこと。

今露見している政治等の数々の不祥事は、カネにまつわる男性政治家ですが、女性政治家は傀儡がほとんどです。 今度ばかりは、参議院選も都知事選もしっかり観なくてはなりません。

こうやって、偶然のように出そろってくるということは、ただシンクロしているということではなく、これが「発動」というサインであることに気づくことです。

奇しくも、23日か24日には、大地震警報テストが全国でなされるとか。最近は、本当に地震直前にテレビで「地震が来ます。注意してください」と言う字幕が出て、その後地震が本当に来ています。つまり、事前にわかるシステムができたということですね。 しかも今回のテストは、震源の深さ10メートルで、震度7以上ということですから、熊本地震以降に起きているものと同じ深さです。

う〜ん、やっぱり青森ちょっときわどいかもしれません・・・。せっかく開通した青函トンネルに亀裂が入らなければいいけれど・・。

今日から新しいエネルギーの質量なので、自分をしっかり開いて頭を軽くして、古い概念をとっぱらって、上昇の波に乗ってくださいね。

 

Day Dream by Tatsu  この色彩感覚が「今」の光です!

強まるエネルギー

2016-06-19

昨日の夕方の雲はとても不思議でした。羽根のようなものと、刷毛で書いたようなものがたくさんでて、今まで見たことが無いもの。

A0613juryokucloud.pngB0614sprite.pngC0617nijikumo.jpg

A:6月13日に現れた重力波雲。 B:6月14日に現れたスプライト。 C:6月17日に現れた彩雲。

(すべて Spaceweather.comより)  大気圏に電子がたくさん到達している証拠です。

太陽フレアはでていないものの、大きなエネルギーが到来しているようで、この数日お腹や頭の圧迫感を感じています。何よりびっくりしたのは、おととい伝統太極拳をしている最中に、手先のびりびりが腕全体にまでひろがり、まるで電気の長手袋をしているような感じがあり、初めての体験でした。大分意識が入れられるようになってきた成果と思いますが、その前日には感じなかったので相当なエネルギーが来ていると思いました。

套路を全部覚えてやれるようになって約一か月…筋肉が大きくついて、体全体が大きくなってきた感じです。太ったと言われれば太ったのかもしれないけれど、足の筋肉は凄く大きくなりました。24式を4回やるのと、伝統太極拳の套路を一回やるのとでは、時間的に同じでもこんなにも体が違ってくるとは思いもよらず、ビックリポン。若い時のマッチョとはまた違うけれど、どこをどれだけ使っているかっていうことですね。おばさんでもまだ成長できるという事がとても嬉しいです。

 

さて、16日に北海道でマグニチュード6.8の地震がありました。熊本と同じに本震として16日。その震源地近くは、あの北斗七星ボーイが行方不明になった七飯町、北斗町が入っていました。1+6=7です。

青森では震度4でしたが、青森が凄く気になり観じてみると、十和田湖〜諏訪湖〜琵琶湖と言うラインが気になりました。突然「ワジルシ ユカタン」が響き、あ! トワダコ、 スワコ、 ビワコ みんなワが入ってる!

すると、御柱祭の秘密を描いたブログを見つけ、そこには御柱祭にはAMA族としての出雲族、日向族、ヘブライ族、そして縄文族と縄文起源のアステカの儀式を一つにまとめた祭儀として祀られているという事が書かれていました。それをずっと残したのが物部氏だったそうで、諏訪湖の下に武田氏のゆかりの◇が鎮められているという写真もあるものだったのですが、かなり秘された内容だったためか、即効削除されていました。

御柱祭が7年おきに行われるのも、7と言う数秘にちなみ、これはヘブライおよびシュメール起源ですね。

つまり、こういうのもタイミングで、「読むとわかる人」は「読む」ようになっているということです。この◇も井桁ととらえれば、元伊勢〜伊勢〜諏訪という三角ラインの中に、すっぽり琵琶湖と諏訪湖が入り、その延線上に十和田湖がおさまっており、火山を赤い龍とすると水神系(龍神系)=青い龍と観ることが出来ます。

そしておとといの地震で再び北斗七星を喚起しているとすると、中央構造線がいよいよ活性すると感じました。

アーリオーンは、1990年代初期に実は阪神淡路大震災も警告していたのです。そして、前回のメッセージにも、「吾が宮つ城を踏みにじる者に災いあれ」とあり宮城の災いを感じさせていました。実際に私は、金華山に5回も参り、2回も遭難しかけるという念入りな修行をさせられています。

十和田湖は、火山湖でもあるので数年前にはかなり微震がありました。

izumofujirayline.png出雲大社、琵琶湖、富士山を結ぶ北緯35度のレイライン。

あ、そうか。青森にはキリストの墓伝説があり、十和田湖の十もクロスの十としてのシンボルと考えれば、15日に終了した御柱祭で井桁の4柱を立て、青森ねぶた祭りで諏訪湖近くのモリヤ山からのレイラインでつながり、北から南まで共振して新しい波動域にはいっていくのでしょう。

20日の満月、21日の夏至は、本当に特別のものとなりそうです。空に注目してください。雲や空が何を語るか、しっかり観じましょう。そして地震も注意ね。

メスカルティタンの井桁

2016-06-13

6月3日から5日間の太陽黒点ゼロの感覚は、地球磁場も弱くなってるとみえて何か心もとない感じがしていましたが、昨日久々にCクラスのフレアが出た途端、さっそくお腹と頭と心臓に来て、今日は食欲が出ず半断食のような感じです。久々の刺激だからか・・。

0612ccgerman.jpg6月12日ドイツベルリンに現れたクロップサークル。ボルテックス(渦)ですって。

昨日、世界遺産マニアの鈴木亮平氏の旅の番組を見ていたら、腰が抜けそうになりました。マヤ・アステカの世界遺産を巡る旅で、ユカタン半島を中心にめぐっていたら・・・ 

meskalphoto.jpgmeskaltitanmexico.jpg

メキシコにある湖に浮かぶ謎の水上都市「メスカルティタン」は、アステカ神話の、鷲が蛇をくわえている場所が聖地でありそこに都市を作るように、と言う神託から生まれたそうで、本来は神にささげる特別な儀式をする場所であり、その都市は井桁状の道路で作られているとのこと。この間から、このアーリオーン・メッセージが引っ掛かっていたら、昨日の番組を見て一気に新たな解読のヒントがやってきました。

ヤグルマ ホホロギを捜せ

打たせの壺に剣あり

 

ワジルシ ユカタン

三角に道を通す

井桁を辿れ 

其方には 分かるであろう

カリマホロバのヨイヤミ宮にて

其方を待つ者ある

その者と共に 冥府の従僕の頭(こうべ)を洗え

 

吾が宮つ城を踏みにじる者に災いあれ

吾は龍宮の長 不二の高嶺に立つ者

龍宮の愛を知らぬ 其方では無かろう

 

冥府の従僕を吾が従僕にするために

其方がするべき事を教える

 

ホホデミの炎の剣を ハジベの所へ

持って行け

青龍の吐く息で精錬せよ

冥府の従僕を眠らせ 赤龍を呼べ

赤龍の吐く息を従僕の裡に呼び込み

炎最大になった時に ホホデミ青龍剣を

振り下ろし 炎の根元から切り分けよ

 

其方達 吾が従僕よ

吾が報せをよくよく胸に留め

ゆめゆめ忘れること無かれ

 

「光の黙示録」 北川恵子 & アーリオーン 大陸書房より抜粋 1988

アステカはマヤと並ぶ南米の古代文明であり、独特の階段ピラミッドがあります。このメスカルティタンに似ているのが、日本の琵琶湖にある竹生島。竹生島のご神体は、市杵島姫命(弁財天)ですが龍神も祀られており、特別の神事があります。

マヤにはマヤ暦があり特殊な占いもありますが、そのシンボルの中に赤い龍がいます。赤い龍は「母性や創造力」などを示す女性性のシンボルですが、この中に青い龍はいません。そこで青い龍を調べると、なんと日本は「青い龍」と象徴されていました。アステカの遺跡の中には、日本の縄文土器と同じ模様のものがたくさん出土され、縄文人が陸つたいで南米まで行った可能性がある、という説も。→参考ブログ 

ホホデミは、瓊瓊杵尊とされますが、ここでは炎の剣ということで天火明命(アメノホアカリノミコト)にニギハヤヒを指しています。このメッセージは複数の意味が含まれ、今回はこのメスカルティタンと竹生島が陰陽の関係になっており、さらにこの琵琶湖を囲む三角とレイラインを見てみました。

剣がキーワードなので、天火明命が祀られている元伊勢と伊勢のラインを見ます。

iselayline.jpg

するとありました。真名井神社&籠神社 → 伊勢神社 そしてこの二つを結ぶ三角の頂点に諏訪神社があります。三角に道を通す井桁は、真名井神社。ここは依然六芒星のマークでした。

fujilayline.jpg

龍宮、不二とあるので、富士山のレイラインを調べてみると中央構造線がすっぽり入っています。

「冥府の従僕の頭を洗え」とは、洗脳を説くという事だと感じます。

時代ごとにいろいろに解釈ができるのですが、赤龍の吐く息=火山噴火、青龍剣で切り分ける=活断層の亀裂 と今回は観ることが出来ます。ハジベとは、土器師ですから前述の縄文土器も含まれます。

今回のメスカルティタンの井桁は、竹生島と裏表になり、龍にまつわる儀式を同時に行うことによって、何か地球規模の災害や変化を収めることができるのかもしれません。そしていよいよ吾=五の口(五次元の通路)があくのでしょう。そのために、クロップサークルが示すようにあちこちで渦(水中のシンクホールや地上の竜巻など)が発生するのでしょう。この夏至から動きが活発になりそうです。

そして私は、マヤ占いで三種の神器がそろっていました。さらに、身近に吾・青・剣・錬・府のキーワードを持つ人がいます。つい昨日も、ホホデミ青龍剣を振り下ろすような写真を偶然FBでアップしていました。何かが急激に動いています。世界の変化もますます著しくなるでしょう。この渦にのみこまれないように、自らをしっかり調えていきましょうね。 

美しくなるというより、麗しくなる食事療法

2016-06-10

今日は時の記念日。しかし、時のススミは加速する一方・・と観じませんか?電波時計はしょっちゅうグルグルしています。

babfoodtherapy.jpg

いつもお世話になっているBAB出版より臨時号の「美しくなる食事療法」(保存版)に和ーユルヴェーダ・クッキングをとりあげていただきました。和食の中でとらえるアーユルヴェーダ的な食事法について書かせていただいたので、よかったら読んでみてください。私的には、和ーユルヴェーダ・クッキングは「美しく」よりも「麗しい」意味でのビューティーライフなんですが(笑)

興味のある方は、こちらからお申し込みください。 → http://therapist.fe.shopserve.jp/SHOP/FT-1.html

 

昨日は、海老蔵さんの記者会見がどこでもトップニュースでした。まだ33歳の真央さんが、深刻な乳がん・・。

実は私も33歳の時に乳がんの疑いがあり、人生の大きな分岐点になったのです。その原因とプロセスをずっと感じており、「胸の痛む思い」を数年抱えていて、Heartache から Heartbreak になり、大きな転換を計りました。どうせ乳がんで死ぬのなら、思い切った人生を送ろうと。

幸いに良性の乳腺腫でしたが、年齢的にガン化しやすい時期だったのでに数年検査を続けることになりました。西洋医学や西洋薬が体質に合わないため、治療法を探っていた時に出合ったのがアーユルヴェーダだったのです。私は体よりも、人生そのものが救われたいと思っていました。アーユルヴェーダのもつ人生哲学がそれにピッタリだったのです。

それには、まず本当の自分自身を知ること。それが体質というボディの持つ特徴から、自分の体に対するメンテナンスや心理がわかる面白さに魅かれ、のめりこんでいきました。当時日本では、医師の書いた難しい本が1冊あるくらいでよくわからなかったので、「実際に見に行こう!」とインドに渡ったのが、1992年のこと。

1989年に日本に入ったばかりのアロマセラピーに出合っていたので、このアロマセラピーを体質別に組み立てるアーユルヴェーディック・アロマセラピーを研究するために渡印しました。自分でもセルフケアをいろいろ行っていたので、ストレスがないと乳腺腫もきれいに消えていたので、いかに心理的に落ち着いていることが大事かと、瞑想や気功、心理学等も学んでいきました。

でも一番大事だったのは「食事」でした。忙しいとついついパスタやピラフなど、一皿料理が多かったのですが、父の介護のために実家に戻ってからは一汁三菜を心掛けるようになると、疲れの回復の仕方や食への満足度が俄然高くなり、和ーユルヴェーダ・クッキングの基礎的な考え方が出来上がりました。

 

昨年、10年以上のつきあいのあったアーユルヴェーダ仲間がガンのため亡くなりました。私よりもずっと多くインドでパンチャカルマ(浄化療法)を受け、ベジタリアンで音楽療法も受けていた人でしたが、手術が出来ない場所にガンが出来、放射線治療で奇跡的に回復したものの、養生する場所でストレスが続き、数か月で再発してしまったのです。幸い彼女が回復時に訪ねて来てくれたので、トリートメントをさせてもらうことができました。

「元気になったら、何したい?」と聞くと、「好きなものを食べたい」 と言うのです。「たとえばどんなもの?」 「ラーメンとか餃子が食べたい。お肉も食べたい」と・・・。彼女は、40キロを切っていました。

これは、彼女が教えてくれた一つの教訓のように思います。「いい人でいなければいけない」と心の要求を無視して節制したり、我慢したりするのは、決して体にも心にもいいことではなく、いくらベジタリアンでもアーユルヴェーダ的生活をしていても、いいエネルギーにはならないこと。そこでは、同じ時期に3人がガンになるという衝撃的なアクシデントがあり、これは大きなメッセージと感じました。

彼女は私と同い年でした。私は40代以降は一切医者にいかず、検査も受けていないので、どんな病気が潜んでいるかわかりませんが、心と体が清々しい状態をよしとしているので、これでいいです。血圧が高めですが、降圧剤を飲んで痴呆症に向かって行くのはまっぴら御免と、これもよしです。(別に何も症状はありません)

よく、食事とか、〇〇健康法とか、オタクになる人がいますが、私は問いたい。「健康で長生きして、何をしたいんですか?」と。「今それを行っていますか?」と。人生にケチで、したいことをせず、お金ばかり溜めている人ほど、「長生きしたい」と言ったりします。しばらく「長生き」がいいことと思われる風潮がありましたが、今の超高齢社会に突入した日本において、その状況を見るといろいろな問題点が浮き彫りになっています。大体高齢者が幸せそうじゃありませんよね。

真央さんは、小さいお子さんが二人いる中での闘病でとても気がかりと思いますが、一方で海老蔵さんの献身的な支えがあり、様々な辛苦が融解していることでしょう。どちらの魂にとっても、大きな成長の糧になっていると感じます。完治に向かっての光のエールを送りたいと思います。

 

★乳がんは野菜を中心とした出来るだけ素食がよく、乳製品は避け時に絶食などを交えて、白湯をよくのみ血液をきれいにすることを心掛ける。肩甲骨をよく動かして、肩から胸全体の気・血のめぐりをよくし、くよくよ考えないようにすること。腹式呼吸をしっかり行い、浅い呼吸をしないようにする。よく笑いましょう。

ラッキー7ボーイ

2016-06-07

太陽黒点ゼロが5日以上続き。世界では、天候異変が相次ぎ、地震も連動しています。

太陽活動は今年に入ってずっと穏やかであり、地球温暖化よりも寒冷化を示すように、ヨーロッパで洪水が相ついでいるほか、中東やアフリカ、ロシアなどでこの季節で積雪という未曽有の天候になっています。

0606wtornadogerman.jpg6月4日洪水後のドイツに現れたペアの竜巻。

0605ccsilvuryhilluk.jpg0605ccwiltshire.jpg5staryantra.jpg

以前ほど頻繁でないクロップサークルが6月5日にイギリスで久々に現れました。Aはシルバリーヒル、Bはおなじみウイルトシャーです。手裏剣のようなこの二つのクロップサークルは、共に惑星の回転とスパークルする様子が見て取れます。

Cは、偶然に数日前にゲットしたインドのヤントラのタペストリーですが、奇しくもAの五芒星と同じであり、このヤントラはインドにおける万物を形成する偉大な五元素 空・風・火・水・土を顕わし、中国では木・火・土・金・水という惑星を指しており、いずれも太陽系のエネルギーが時計回りに回転し、そこから新たなエネルギーと秩序が生まれる様子と観ました。それは、あたかも3次元から5次元へのシフトアップも示しているようです。

これから6月21日の夏至に向かって、速度を上げていくと思われます。夏至に向かうミカエルのメッセージ

この3次元におけるあらゆる神々やマスターの指導が次元上昇とともに終わるように、天使たちもまた最後の仕事になっているのでしょう。

5月にアップしたブログの中で、久々にアーリオーンのメッセージを載せましたが、その中でアーリオーンが「我」と通常書くのに対して、このメッセージには「吾」を使っており気になっていました。五の口のわれ。

すると、こんなクロップサークルが出てきて、五の口みたいだなと考えていたら、今日のクロップサークルを見てこれが5次元の扉であると直観。このゲートがいよいよ開くのでしょう。

0506cc.jpg5月6日に現れたクロップサークル。「吾」なのか・・。

 

今日は、この1週間の話題の中心だった北海道児童置き去り事件の大和君が無事病院から退院しました。

北海道七飯町で置き去りにされた7歳の大和君が7日ぶりに無事発見され、今日7日に退院と、7づくしのラッキー7ボーイであることをこれほど見せてくれるとは・・。ちなみに、物議を醸しだしたお父さん37歳の時のお子さんですね。北斗七星からやってきたと思われる彼は、ちょうど歯が生え変わる時期のシャイな男の子でしたね。

奇しくも、前述したブログのタイトルは「スターチャイルドの躍進」でした。続々と登場するスターチャイルドたちは、周りの理解がないと大変なようです。→ スターチャイルドの特徴。 

1950年代から続々とやってきたインディゴ・チルドレンをハシリに、宇宙種は既成の概念に収まらないため、地球での生きづらさを感じ、精神的な葛藤が多々あるのです。現代では、ちょっとやっかいだとADHDやサバン症候群、自閉症児などと診断され、抗精神薬で抑え込まれて、本来のエネルギーを発揮できないでいる子も多いのです。

スターチャイルドがやってくる条件として、両親特に母親が霊能力が高いと受胎することが多いようですが、これは彼らが理解され護られるために必須な条件なのでしょう。大和君の場合は、どうやらお母さんは天然系のようですが、スピ系は嫌いじゃないみたいです。 → 北斗七星からやってきたほくと君の場合。

これからしばらくは彼らは注目されて大変と思いますが、心の傷を癒して健やかに成長してほしいと願います。

You were there by Michael Jackson  サミー・デイビス・Jrのために書き下ろした曲で、この日一日だけの発表だそう。マイケル、どれだけいい曲を残してたのか・・・

奇跡の御魂

2016-06-05

欧州では、ドイツに続いてフランスが未曽有の洪水で、セーヌ川が氾濫しているとのこと。

0603franceflood.jpg

6月3日には、下記のようにフロリダに現れた地震雲の変形のような十字架雲(?)

0603froridacross.jpgホログラムではないみたいです。

最近の空は、本当にメッセージボードのように不思議な光景が映し出されています。

0601goldsunfinland.png6月1日フィンランドに現れた黄金太陽。(Space Weather.comより)

そして、6月4日は太陽の黒点が0になり、さらに大きなコロナホールが地球を直撃するような形で開いています。これは、地球の磁気フィールドが弱まり、太陽の強力な電子が直接地球に降り注ぐことです。

またちょっと地球が震えるかもしれません。

 

前回のブログに書きましたが、置き去りから7日後の3日の朝、行方不明だった田野岡大和君が、自衛隊の駐屯地で発見され、無事が確認されました。 あの山の深さと、北海道での当時の気温と、着の身着のまま、水や食料を持たず、懐中電灯もない状態で、基礎代謝の高い7歳児が無事に生き延びる事は出来ないだろう、と思っていました。

置き去りにされたのが夕方、5時ごろ。駒ヶ岳自衛隊の駐屯地までは10キロ近くあるそうで、子供の足なら3時間以上かかるでしょう。少なくとも、2時間くらいは真っ暗闇の中を彷徨っていたはずです。

大人でも暗闇、特に山道を歩く恐怖心はいかに。その日は雨が降り始めていたそうで、月も出ていません。

普通なら、『必ず迎えに来る』と思って車の去った方向へ歩くはずですが、反対の道を歩いて行ってしまったのは、最初泣きじゃくりながら走って車に追いつき乗せてもらったのに、また置き去りにされたそうで、子供のほうから親をあきらめたのかもしれません。これはある意味親離れ。

7歳くらいなら自我が芽生えていますから、自分の気持ちのままに行動したりします。そしてまさかの山を越えた先に自衛隊の駐屯地があるとは、思いもよらなかったでしょう。さらに3つあるドアの一つにカギがかかっていなかったため入ることが出来た。中にマットレスがありその中に挟まるように滑り込み暖をとった、すぐ近くに水道があり水が飲めた・・・単なるラッキーとは言えない気がします。

北斗七星は死と再生を司る星ですが、天帝である北極星のガイドとして最強の力を持っているため、生死をかける武術には北斗七星にちなんだ型や武器が種々あります。大和君は、その強運と強い精神力、智慧の深さ、潔さを備え、非常にエネルギーの強い御魂なので、助かったのだと思います。古代中国だったら、天帝として君臨する魂と見なされるでしょう。

今回は、大和君というところから北極星を司るアメノミナカヌシあるいはその天の御使いが彼にウオークインしてそこまで歩かせたのだと感じました。大和君も北斗七星からやってきた魂なのだと思います。こういうスターチャイルドは、親の理解がないと非常に扱いにくいようですが、親を助けるために生まれて来ていたりするので、彼の両親や身内が既成の価値観を押し付けず、彼の納得のいくような道徳観や倫理観の説明を誰かが出来ると望ましいです。発見された時の自衛隊との受け答えを見ても、とてもしっかりしており、頭のいい子なのでしょう。だから、説明のない理不尽な体罰や躾、言動には非常に敏感に反応するはずです。

実は私も、7歳の時両親と血液型が違うので、プチ家出をしたことがあります。(顔や体型はそっくりなんですが。) また好奇心が強かったので一人で目的の所に走って行くため、デパートではしょっちゅう親にはぐれても泣かず、一人で家に帰ってきて、3倍怒られるということをよく経験していました。そして小さい時から、大人のしゃべっている話が「よい話」「悪い話」を感じとり、「嘘」や「方便」を理解できずに悩んでいた記憶があります。まあ、宇宙種なんで、親は躾も育てるのも「大変」だったのはよくわかっていますが・・。

それにしても、今回のこの事件はいろいろなことを考えさせられました。最近とみに児童虐待の事件が多かっただけに、固定観念になっていたようです。そして、彼に対しての認識と周囲の理解や態度により、大和君がその強いエネルギーをいかした偉大な青年になるか、あるいは暴君になるかは今後の「人との関わり」次第。

思いがけない展開に、ヤマトの近未来は黄金太陽のごとく輝いていくでしょう・・か。とにかく、無事でよかった。おめでとう!

You are not alone by Michael Jackson  大和君に贈ります。

 

 

北斗七星が報せる意味

2016-06-01

現在火星が地球に大接近中で、赤い瞬かない星として見えるそう・・・。

0530germanflood.jpg5月30日ドイツで未曽有の洪水。

0530jinbabuesnow.jpg5月30日アフリカのジンバブエで、未曽有の積雪。

riesco-before-after.jpg

5月31日、チリ リエスコ湖がたった一日で干上がる・・・。

一体地球に何が起きているんでしょう? 川や湖が突然消失してしまうことが今年は多いようです。熊本地震でも水前寺湖が一時的に枯れてしまっていましたが、チリの湖は1400ヘクタールという規模がけた違いに広いところ。チリではおかしなことが多発しています。

0530nibirulondon.jpgイギリスで見られたニビルらしきもの・・。

5月と6月の境界線で、世界では【未曽有】のことが多発したのは、火星接近だからでしょうか?

 

先週起きたいろいろなニュースの中で、とても違和感があったものが北海道児童「置き去り事件」でした。

7歳の子供が人や車に石を投げたお仕置きとして、クマもでる山に置き去りにされ、父親が5分後に車で戻ったところ見つからずに操作願いを出したけれど、虐待と思われるのが嫌で最初は山菜取りで迷子になったという名目だったが、後にお仕置きのための置き去りと訂正し、とうとう自衛隊まで出ています。

普通、人に石を投げるという行為を7歳まで「ダメということがわからない」ような躾をしていたのは、親が悪いでしょう? そんなに癇癪を起させる行為はなんだったんでしょうか? そう思いませんか?

この事件で最初びっくりしたのが、海道 飯町でその事件が起き、田野岡大和君(7歳)の出身地が北斗市。まるで北斗七星を連想させるような並びですが、最初このお父さんのインタビューを見たとき、真剣に心配しているような感じがせず、自分の本当の子ではなく母親の連れ子だったのではないか、と感じました。母親は顔を見せず、操作の時も真剣さが感じられず、裏があると感じたのです。そして行方不明といえば、熊本地震で最後の未発見者は大和晃さん。

北と南で行方不明の二人の大和君。 ヤマト=日本・・・

北斗七星は、不動の北極星を天帝と見なしそのガイドとなる屈強な星であり、水をくむ斗の形から水を司り、宇宙のガイドとして世界中で知られる星座ですが、道教では北は【死と再生】の象徴であり、不老不死の象徴でもあります。(だから道教や密教ではとても大事な星座になっている。)

こんな偶然のような事件ですが、この二人の大和君は既に星に帰り、そのメッセージとして日本の状況を知らせてくれていると感じました。

今世界が変わろうとしていますが、日本が大きく変わるのは神世界の変換だと感じます。今日本に盛んにエネルギーを送信しているのは、スサノヲやクニトコタチ、ニギハヤヒ、アマテラス、そして北斗七星はアメノミナカヌシという神道の最初の神です。彼らの神としての役割はもうすぐ終わろうとしているのでしょう。 

スサノヲは櫛稲田姫とツインレイのため、今生の櫛稲田姫の最後の修業が終われば、一つの魂となって帰星し、役割を終えると伝えられました。ニギハヤヒも、初代天皇として命を果たす役割だったのに封印されてしまい、ずっとHELP状態でしたが、徐々に封印を解かれ多くの人がその存在を知ることになり、最後の仕事にかかっています。弥生人の神である彼らのことを感得するのはAMA族の種のDNAが継承されている人たちですが、新生地球になると宇宙意識となり、個々に宇宙を感じるようになるので、もう「神」も「キリスト」も宗教的な救世主は必要なくなるので、その変換が進んでいるのです。

こういうメッセージ性のある事件は、その事件を通じて一番の問題点と、これから解決していく方法を考えよ、という表の面と、日本における近未来の出来事を示唆している裏面の二面性があります。時期が時期(磁気)なだけに、非常に強いインパクトを感じます。

今月は6月20日満月と21日の夏至に強いエネルギーが到来するようです。ますます「変容」に拍車がかかってくるでしょう。 ススメススミユクミチ・・オモイノママニ・・

 

★世界もここから変わり始めた・・2001.9.11

What  more can I Give ?  by Michael Jackson