冬場におすすめの酒粕料理

2016-01-27

今年の寒暖の差の激しさは世界中にあらわれて、とうとう今週は南国沖縄や台湾でも雪が降り、遠くはエジプトやサウジアラビアという砂漠の地でも雪が積もりました。

そもそも食事とは、「身土不二」と言われるようにその土地の気候や風土の特徴によって伝統食が培われ、そこに住む人たちを癒す「医食同源」が源です。

世界文化遺産となった和食の智慧は、旬や素材の味を生かすシンプルな料理の他に、南北に細長い島国の特徴から、冬は雪に埋もれる地方では冬の間の保存食として、漬物や発酵食品、乾物、など様々な工夫がありました。

さらには、体を温める工夫のあるものとして、唐辛子の漬物(カンズリ)とか青唐辛子の味噌漬けなども雪国で見られます。

 

江戸時代の日本人の食事と体力」について記した外国人医師ベルツの手記を読むと、素食の日本人の体力や気力が恐ろしいほど強かったことについて驚愕し、自分たちが学んだ西洋式の栄養学等の知識が当てはまらないことに落胆している様子が見えます。

今でこそ、現代医学でも和食の中にある発酵食品によって、日本人の腸内環境が他国と全く異なり、腸内の微生物や細菌が有用な栄養素を作り出し、腸内バランスと栄養吸収を果たしていることが着目され、便から有用微生物を抽出して、他者に移籍するという治療法もでてきました。

味噌、醤油、麹、漬物類等の発酵食品は、インドでは「腐敗している」と見なされ、タマス(劣性の)の食品と判断されることが多いですが、暑く湿度のあるインドでは発酵するより腐敗してしまうことが多く、熟成する自然環境や発酵微生物の種類がおそらく日本とは格段に違うでしょう。

 

本当にアーユルヴェーダの本質を理解しようとするなら、「身土不二」「医食同源」の意識に立ち返り、伝統的な食文化や旬の見直しが、まず大切であることがわかると思います。

2年前から糠漬けや梅干等の漬物を始め、塩レモン、塩ゆづ、ゆず胡椒などを作って楽しんでいますが、今年は酒粕に興味を持ちました。

冬に体が温まる甘酒は、「飲む点滴」と言われるくらいビタミンや栄養素の多さが注目されていますが、そこに豆乳を入れるととても飲みやすく美味しい手軽な栄養飲料になることに気づきました。私はここにショウガジャムやゆずジャムで甘さをつけて楽しんでいます。

さらに、粕汁や鍋、粕漬けなど用途がたくさんあり、冬に体を温めて栄養補給する最適な万能ベースとして着目しました。

豆乳と混ぜると、チーズのような深いコクがでるので、グラタンやクリームシチューをこれで作ってみることにしました。

tounyugratan.jpgブロッコリー、人参、玉ねぎ、鶏肉のグラタン(ベースはサトイモのポタージュ)

ベースは、野菜ポタージュを使います。 冬場は、ジャガイモやサトイモ、カブなどのポタージュを使うとよいでしょう。

A:この野菜ポタージュの中に、酒かすを溶かし込み(好みですが、カップ一杯のポタージュに中匙一杯〜2杯)

豆乳を少しずつ入れながら好みの味に仕上げます。

とろみは、野菜ポタージュで十分出ていますが、もしもう少しクリーミーにしたい場合は、玉ねぎをバターで炒め、そこに小麦粉を入れてよくなじませてから、Aのクリームベースを少しずつ流し込んで、好みのクリーム状にして、マカロニや炒めた野菜類と混ぜてオーブン等で焼いて出来上がり。好みで粉チーズやパン粉を振ってこんがり焼くとさらにおいしくなります。

 

ここで、なぜ正統派のミルクや生クリームを使ったホワイトソースを作らないのか?と言われそうですが、ミルクや生クリームを使うと消化に重く、ミルクが合わない人も多いので、あえて豆乳ベースで作りました。

また、肉類や魚類と乳製品の組み合わせが、アーユルヴェーダでは禁忌なので、(確かに鼻が詰まりやすくなる)豆乳ベースの作り方を覚えておくと、安心して食べられるということがあります。

他には、カブのポタージュベースでソースを作り、牡蠣をソテーして作ったカキグラタンもとってもおいしかったです。牡蠣の場合は、長ネギをオリーブ油でソテーして下に敷いて作るとグッドです。(塩レモンとも相性ばっちり)

冬の寒さの中、熱々のグラタンもぜひ楽しんでみてください。

★マカロニも、1時間以上水につけてからゆでると、モチモチして美味しいですよ〜

 

 

 

 

鎮魂

2016-01-21

急に寒くなり、大雪注意報に、年初の小春日和にぬくぬくしていた体は、ビックリポンしています。

これは天気だけでなく、経済も冷え冷えで、昔のリーマンショックやオイルショックを彷彿させ、SMAPの解散記事を政治に持ち込むなど、カモフラージュ作戦しきりに気づいているでしょうか。

その陰で年金が21兆円運用株の損失であっという間になくなっている一方、首相の給与をさらに増やそうとしている画策。こんなにひどい政策って、今まであったでしょうか? 世が世なら、一斉に攻められるはず。

A0113crosslightmisigan.jpgB0111miwacross.jpg

Aは1月13日ミシガン州に現れた夜明けの十字模様。Bは1月11日奈良三輪に現れた十字模様。

共に救世主降臨を告げるかのよう・・。

 

今年のNHK大河は、「真田丸」。長野県上田を中心におさめていた真田家および幸村の、当時翻弄された戦国の世における武家の物語は、戦国時代の第二のクライマックスの時代を描いています。

私が今年年賀状に描いたのは、申年なのでなぜか忍者の猿飛佐助を選びました。すると真田丸でのっけから佐助登場!そうです。忍者が最も活躍したのは、戦国でも徳川時代なので、忍者代表格の服部半蔵とともにクローズアップされるようです。

実はこの真田丸の時代に、私もピヨも生きていました。前世の娘であるピヨは、同じく長野県安曇野と松本を任されていた小笠原家に嫁ぎ、8人の子を産んで32歳で没していました。2年前のラッキーコインから導かれて訪れた安曇野でUFOと遭遇し、ピヨが「安曇野好きだなあ」と観じていたのはまさに前世の記憶だったのです。

小笠原家は、真田家と同じに領土を守るために当時の勢力を争っていた織田や豊臣の勢力につきながら、親戚の関係である家康に攻められるという理不尽な戦いを強いられ、戦国時代は人質や政略結婚ばかりだったので、敵も味方もないような心身の休まるときがない時代でした。

そして私は・・・。

sainenji.jpghanzotou.jpghattorihanzo.jpg

その忍者の代名詞ともいえる服部半蔵の作った西念寺に行ってきました。子供時代、風呂敷を撒き新聞で作った刀を背中にしょって、壁伝いに歩いたり飛んだり、折り紙手裏剣をまいたり、はテレビで放映された赤影と忍者ハットリ君のおかげです。

その服部半蔵が仕えていたのは徳川家。とりわけ、家康の嫡男信康に仕えていました。しかし、同盟を結んでいた織田信長に謀反を疑われ、切腹を命じられて21歳でやむなく命に従いました。その時の介錯を頼まれたのが半蔵ですが、余りのことに極まってそれができず、のちに信康を供養をするべく出家して生涯を送り、この西念寺に信康とともに祀られました。

nobuyasutou.jpgnobuyasukou.jpgsainejimon.jpg

松平信康の供養塔。門は、葵の紋所。

私は、政略結婚として、3歳で信康のいいなづけとなり、9歳で城に入り、17歳で登久姫(ピヨ)を産み、18歳でもう一人娘を産んだと記録されています。私は妻となった五徳(徳姫)、信長の長女であるとスサノヲから教えられました。(信長はスサノヲの最後の転生でした。) → (スサノヲに縁する前に、当時新小岩から離れたくて引っ越しをしたのですが、清澄白河周辺が気に入り森下というところに住んでいたことがあります。そこへは半蔵門線を使っており、近くに清洲橋や清州通りがありました。清洲は清洲城につながることから、半蔵や信長へのラインが引かれていたようです。引っ越しの直後に、縁が繋がりました。また、昨年は忍者の祖先がいる武士と縁ができていて眼が点です。)

まさか、と誰も信じないでしょうが、切腹事件につながる一つのキオクがありました。これが本当かどうかを現実に探ることはできませんが、不思議なことに介護福祉士養成校に通っていたころ、織田家の末裔の方が設立された織田学園の介護福祉士養成校で数度、介護とアロマセラピーの講座を受け持たせてもらい、当時の園長であられた故織田稔子先生に懇意にしてもらったのです。

この事件は、長男の信康だけでなく、今川義元の娘であり当時の家康の妻であった築山殿も殺させるという、家康にとっては非常に辛い信長の命令であり、心の中に大きな傷を残した事件でした。

信長が非情の人物であることを思わせるエピソードですが、なぜこの二人なのかを考えると、謀叛の疑いが本当かどうかよりも、それが生じやすい天敵「今川の血」(桶狭間の戦い)であり、それを断ち切ることによって完全に家康をフリーにする、同時に娘である私を自由にする(天敵信長の娘という事でいびられていた)という策だったと思えるのです。

でも、信康公の処遇を察すれば、その理不尽さと無念さ、戦いで死ぬのではなく不名誉な死を言い渡され、心中はあまりに悔しい思いに満ちていただろうと気づくに至り、今日「鎮魂」として参ったのでした。

どんなに強いエネルギーが飛んでくるだろうか、と思っていたのですが、鎮魂をしている間フワーッと風が吹き、一羽の鳥が飛んできてずっと傍らの木に留まっていました。全てを終えた後、心がすーっと和みました。

怨念の気が飛んでくるかと思っていたら、半蔵の永年の供養のおかげか昇華していたようでした。

500年抱えていたカルマからようやく解き放たれ、今生の人生双六が「上がり」まであと数歩というところまできたような感があります。

奇しくも今日、お世話になっている日本アロマコーディネーター協会の新年会があり、新しいE-Learningの完成記念を祝ってもらったのですが、ここでも「人生の総まとめ」の仕事をやらせていただき、あらためてお礼を言うことが出来て、今生の出会いとつながりの不思議を語り合いました。 

地球が再生する今、グループソウルも重なって産まれてきているそうです。ともに地球卒業をめざし、過去世における総決算をしているそうなので、皆さんも自分の周りや体験、縁などをたどっていくと、過去世のつながりが見えてくるでしょう。

今年はその気付きに加速がつく一年。だから、日々と出会いを大切に過ごしてくださいね。

 

 

 

原点回帰

2016-01-15

最近、地震が増えていますね。

0113aomoripillar.jpg1月13日青森で目撃されたサンピラー(光柱)

すると、14日北海道の浦賀沖で震度5弱の地震。ここは青森と挟まっているところだから、プレートの岩盤に亀裂が入り、大量のイオンが放出されたのでしょう。青森では、11日も大きな地震がありました。

そして、世界の空も立て続けに不思議な様子を顕わしています。

0113aurolapilas.jpg(Space Weather.comより)

やはり1月13日フィンランドに現れたオーロラとサンピラー(光柱)。同時に現れるというところが、大気圏の状態が今までと違うという事に気づきます。

暖冬で暖かかったお正月を過ぎ、昨日今日は激寒ですが急激に温度が下がるとき地震がよく起きます。

また、東京では立て続けに異音がすると言う情報も。

これは、こういう事と感じました。

 

まさにこの地球の核のトルクと回転比によって、時間が速く進んでいるという感覚が頻繁に生じるのです。またそれで、内核が大きくなり、その結果、シューマン共鳴というイオン放出を増大させます。このような変化は地球に根本的な影響を与え、また地球の進化や惑星のマトリックスの変換を進めています。様々な調整は続いて“ファイン・チューニング”が必要になります。 (1月3日付 大天使メタトロンメッセージより抜粋

地球の中で起きていることと、宇宙で起きていることの共振・共鳴による現象は、調和的に進んでいるようですが、この多大なエネルギーは同時に生命体も揺さぶり、世界中が混沌とし始めています。

相次ぐテロや自爆事件は収集の付かなくなるところまできており、移民問題も含めて根本的な解決には世界が一つの価値観でまとまる必要があるでしょう。つまり、そういう動きの方向へと、シャッフルされているのです。宗教的な対立であれば、まずは指導者同士が話し合わなければ・・・。でも、そういう方向に動かないとしたら、彼らの言う「平和」や「人権」「幸福」をもたらす「神」は、嘘ということになるでしょう。

そういうことに気づかせるために、様々な現象が起きている・・・そう見ると、冷静に考えられますよね。

昨年末にモードが変わったと感じたのは、まさにギアチェンジが起きたのでしょう。ただ加速するのではなく、ちょっと浮き上がるというか、水陸両用車のように今まで地上を走っていたのが水中に浮遊して加速するような・・。そうすると、体感が変わりますよね。そして景色も。そんな感じなのです。 

2016年は、自分の環境も含めて今までと景色が変わる・・・変えるのではなく、変わっていく。そんな兆しをすでにいくつも感じています。

 

今月末から新しく始まる E-Learning の校正を今日行いましたが、昨日送ろうと思ってやっていたらいきなりPCがシャットダウンしてしまい、データが消えてしまいました。そして今日、最初から行うと見落としていた所がいくつも見つかったり、アイデアが浮かんだり、まるでそうするように導かれているかのようでした。

あー、本当に全部出せた。今までの総まとめとして、悔いのないものができた。今生において、気付いてきたことを全部伝えられた。大きな充実感があります。

そういう機会を与えてもらい、本当に幸せだなと感じました。今年は、幸先よくススミゆく・・・。 

  

宇宙孫、産まれる

2016-01-07

fukuinu.jpg水天宮の福犬。犬は安産と子育てのシンボル。ここに竹で編んだ籠をかぶせるのが水天宮流。竹+犬は「笑」につながり、籠は神様の「加護」につながる縁起物。

 

6日の日に気になっていたら、ピヨから「破水して入院します〜」と言うメールが届き、予定日より4日早い7日の午前三時半にSAKUTARO君が無事安産で生まれました。

7日という7関連の日に生まれるというのも何かとても意図的なものを感じ、宿曜占星術の無料占いで調べてみると、なんと「斗宿」の日で北に属すとあり、彼が「北斗七星」から来たという事を示すかのような人物像でした。ちなみに、朔太郎君の朔も「北」をさすのだそうで、スターチャイルドは生まれる前から親にインスピレーションを与えて自分の出星を知らせることをするので、きっとそうだと思います。(姓にも星がちゃんとはいってるし!)

私もピヨも17日生まれで、さらに土曜日生まれと言う共通項があり、カバラでいうところの7関連の日に生まれると、人と変わった人生になりやすいという事があり、私はドンピシャですがピヨは安定した人生を今まで送ってきているので、朔ちゃんがぶっ飛んでくれるのかもしれません。ちなみに、この「斗」を持つ人は、直観に優れ霊感があるのだとか。笑ってしまいます。

0107sakutaro.jpg顔が小っちゃく、こぶし大くらいしかありませんでした。(産まれたての赤ちゃんを見るのは初めて。なんて小っちゃいの!)

 

昨年末からモードが変わっていることはすでに書きましたが、世界の空には不思議な光景が現れています。

A1230aljentinlight.jpgB1230minsklight.jpg

Aは12月30日アルゼンチンで見られたビームのような光。 Bはミンスクに現れた光柱。

いずれも電子が磁気圏に多くなり、不思議な現象を世界中で見せているようです。

ちなみに、昨日もフィンランドで変わった形の日暈と氷暈が現れています。

0106icehalo.jpg(Space Weather.comより)

世界は、2016年が開けた途端から大変化で、いきなりサウジアラビアとイランが断絶をしたと思ったら、昨日は北朝鮮が水爆実験、中国株がブレーキが効いて4度も取引停止となるなど、大波乱でスタートしています。

昨年を通じて、多くの人がいろいろに気付き始めていますが、天空がこんなにも不思議な光景を盛んに示し始めると、人は空をいつも気にするようになるでしょう。

1227nijikumo.jpg12月27日に現れた重力波の彩雲

それだけ、空(磁気圏)は今までと違い、そこから放出されている電子は私たちの内部まで突き抜けています。

この電気ショック状態で、突然衝動的な行動になる人もいますが、徐々に周波数を上げてきた人はさらなるスピンモードに入り、著しい個人進化をススムことになります。

今年は、それぞれにブラッシュ・アップでしっかり仕上げて行きましょうね。多分そういう「仕上げ的」な環境や仕事、経験などが起きやすいと思います。視点を広く大きくもって、物事をとらえ遂行する、がカギ。

 

それにしても、宇宙孫・・見せてくれますね〜テレパシーが通じるのを楽しみに「宇宙絵本」持って行くよ!

Happier New Year for you!

2016-01-01

0101scotland.jpgカウントダウン花火のバックにオーロラが出現したスコットランド。まるでフェニックスのよう・・。(Space Wrathre.comより)

 

新年あけましておめでとうございます????

今年は東京は本当に美しく穏やかな天候で始まりました。でも太陽の光は冬のものではなく、もっと強くもっと明るくもっと精妙なエネルギーに満ちて、ここ数年の「勢い」を与えるようなものではなく、潤いを与える油のような浸透性を感じます。そのせいか、温度もですが、桜やつつじ、ひまわりまで咲くと言う異変があちこちでおきています。何か成長(サイクル)を促進させているように感じるのですが・・。

昨年の12月の異常気象は、世界中で「洪水」を引き起こし、イギリスやアメリカでは水没を感じさせるような光景が年末に広がっていました。

雨が降るだけでこんなにも水があふれるという事態が世界中で起きているのに、COP20では何を話したんでしょうね。

 

今日は、「ベンハー」や「ライフ・オブ・パイ/ トラと漂流した227日」という名画観賞に浸っていたけれど、ライフ・オブ・パイは、セリフの一言一言がすべて哲学的でまるで老子やマスターの言葉のように心にぐっと刺さってきて、圧倒されました。とてもいい映画でした。

この二つの映画で象徴的なのは、「神」「宗教」「精神」「真理」です。元旦早々からこんなに深い映画が二つも放映されるという事は、いよいよ宗教を卒業し、「神の本体」に近づくのが今年・・という予感がしました。

依存や情報ではなく、実際に体験し自らが感じ取った真理こそがその人の哲学になる・・・神というものの正体がわかる・・・。

2016年は、多くの人がより冷静に物事を判断し行動していくようになるでしょう。自分の考えや意識を尊重できるようになる・・。冷静さがある人は、自分のことだけに集中せず、周りの景色や状況を見ながら、いろいろ感じ取っていくようになるでしょう。

猿、申、去る、然る・・・サルの年は、要らないものは去り、必要なことは申し、自分が自然な状態になり、智慧を働かせて動く。

この怪しいブログを楽しみにしてくださっている方が多いことを知り、今年はもう少しこまめに書くようにします。おそらく、この1月からものすごい変換が始まるので、たくさん書くことが出てくると思います。

本年もよろしくお願いします。

 

★今年のテーマソングはこれね。こんなメロディをいつも心の中に奏でながら日々過ごしてみてください。

名前のない空を見上げて by Misia