888の裏ゲート

2015-08-28

今日は、888の獅子座の門の裏ゲート。ほら、昔の庭のある家には玄関と勝手口があったように、表と裏の出入り口があり、親しい人たちは裏から来ることのほうが多かった。

2+1+5+8+2+8=26→2+6=8 つまり、888の隠れゲート。これもとても珍しい重なりの日となる。

ちょうど、ウオータースライダーに乗っているように、8月8日に入口に入り真っ暗なトンネルの中を高速で駆け抜け、かすかに明るく見える出口が今日で、明後日の満月がわーっつと水の中に放り込まれる感じ。

その水の中が湖か川か海かの違いはそれぞれにあるけれど、次なるステップはそこをどう渡っていくかの個人の選択にかかっている。泳げない人は、まず泳ぎを覚えることが必須かも。

 

ウオータースライダーで放り出された世界は、それまでの暗いトンネルの中では想像し得ない世界。

まさに今、そんな感じの展開になっている。泳ぐのを怖がっている人は、新しいエネルギーの中でアップアップするが、泳ぐのを楽しめる人はサーフィンや素潜り、はてまたダイビングなど新しい光景にワクワクすることだろう。

そう、新しい何か、新しい人、新しい場所(環境)、新しいことに対して、大いなるインスピレーションが届けられている。その行動を起こした人は、9月にその意味がよくわかるだろう。この新しいsomethingは、直観によるものしか輝かない。いろいろに古いパラダイムで計算したり、想像したり、損得で考えたりして起こしたアクションは、古いパラダイムにのっとり同じことの繰り返しになるだろう。新しいことが現状逃避では、同じところをぐるぐるまわるだけ。今のエネルギーは上昇スパイラルなので、そこに乗ることが大切。

世の中を見て。「もうこのままじゃダメ!上の言いなりではダメ!」と感じている人が起こしているアクションは、集団が大きいほどとても大きなエネルギーになる。一人一人の心の中に聖なる灯を。それを聖(生・正・清・精・勢・星)火にして自分の中に掲げ、それを人々に伝えて行こう!

★ウオータースライダーはものすごい勢いなので、入り口に戻ることはできませんから。

0802nassimfb.jpgby Nassim Halamein こんな感じ。

 

光より光の使者より

 

この世の混乱の中に

ひとすじの光を与えるものたちよ

 

見ることを怖がらないで

失うことに涙しないで

しっかりと自分達の生命の呼ぶものをつかみなさい。

血の中の呼び声を聴きなさい。

 

第三世代は第一世代のつながりなくしては誕生しないのだから

 

光を宿す子供達こそが

この宇宙(そら)のルールを正常化できるのだから。

 

あなたがた いにしえの約束事より来たりし者よ

古き法の灰の中から よみがえり者たちよ

 

東方の朱き光と 西方の白き光

南方の緑青光と 北方の黄金光とを

紫の振動数でつなぎ合わせ

全体をバラ色に輝かせなさい

 

ただ愛によって愛のためだけに愛し合う

そんな あなたがたよ

あなたがたの愛こそ 「光の誕生時」よりの

「光の愛」を伝えるものだ

 

ARION,O∴O

「アリオン語録より」転載 1989.09.17 17:30

9月は、13日に部分日食、28日に皆既月食があり、ここも二重のゲートになっている。28日の皆既月食はとても大きなエネルギー変換が起こる可能性があり、いろいろな情報が出ているが、この1週間太陽活動が活発なので、地震や噴火などに気を付けること。

耳鳴りもすごいので、周波数の大きな変化が起きていることをイメージしてほしい。そこに抵抗せず、恐れず、自分への「進化エネルギー」として捉え、上記の新しいsomethingへのインスピレーションに変えるべく、瞑想等をしっかり行っていこう!

Love Space by Tatsu 今日のゲートくぐりはスパークル感満載のこれでしょ!僕らは宇宙へ駆けて行ける!

 

  

簡単ガパオ

2015-08-28

今ココナッツオイルがブームです。ダイエットに効くとか、脳にいいとかいろいろ言われていますが、味に独特の香りがあり、年配の方や料理によっては素材の味を消してしまうため、苦手という人もいるでしょう。

 

ココナッツオイルは低温で固まる性質があり、脂肪としては少し重いもの。

ココナッツミルクとともに冷性であり、夏や9月頃までにはとてもピッタリなオイルです。

その匂いも、肉や魚の匂い消しにもなり、スパイスやハーブとも相性がいいので、料理メニューとして一つ覚えておくとよいでしょう。

今回は、簡単でおいしいタイ料理のガパオ。

gapao.jpg

ここでは、バジルとローズマリーを使いましたが、パクチーやタイムなども合うと思います。

<材料> 二人分

鳥ひき肉 200g ナス 1/2本、 玉ねぎ 1/2個、 人参 1/3 本、 バジル&ローズマリー(刻み) 大匙1杯 、 ココナッツオイル 中匙1杯、 ニンニク 1片、 ナンプラー 中匙 1杯、 オイスターソース 中匙2杯、

コリアンダーパウダー 、胡椒、 塩 少々 七味唐辛子 適宜 卵 2個

<作り方>

@野菜はすべて粗めのみじん切りにする

Aフライパンにココナッツオイルと刻んだニンニクを熱し、野菜を炒める

B鳥ひき肉を入れ、コリアンダーパウダーと胡椒を入れて炒める

C素材に火が通ったら、ナンプラーとオイスターソースを混ぜたものを入れ、塩で味を調える

D最後にハーブを入れて全体に混ぜる(香りを出すために火を通さないこと)

F器にライスを盛り、ガパオを上からかけて目玉焼きや生野菜を添えて出来上がり。

 

★唐辛子の代わりに七味唐辛子で辛味を調節します。

★ライスは塩レモンを混ぜたレモンライスがばっちりあいます。

★このガパオがあまったら、翌日カレー粉を入れて作るドライカレーもおいしいです。

★夏バテ回復には、モロヘイヤやツルムラサキのスープに冬瓜を入れて添えてください。

★秋から冬は、オイルを生ゴマ油かオリーブオイルにするとよいでしょう。野菜もナスからカボチャやピーマンなどに変えてください。

麗しき邂逅の時

2015-08-24

 

その人は、母によく似ていた。その人の体は、私にそっくりだった。そして、その人は私だった・・・。

幽玄の彼方から待ち望んだ

今この時 この麗しき邂逅の時を

決して無駄にせぬ様に

 

我々の計画の一端を 再び担う事を誇りに感じて欲しい

其方達の魂が待ち望んだ この邂逅の時

我々の元から送られる 愛のエネルギーを最大限に

利用して貰いたい

 

光と光の触れ合いには 大きなエネルギーが再現されるだろう

光の子達よ 思い出すのだ

其方達の愛 其方達の魂の帰る所を

 

其方達の愛の誓いを この地球上で具現せよ

忘却の淵から起き上がって来た者達の上に

 

光の子の光の愛の技は 其方達のもの

たちはだかる 如何なる試練の壁も

光の愛の技の前には 無に等しい

 

我々と共に歩み続けると誓った其方達

お互いの魂に誓った 其方達

夢々 忘れる事無き様に 

 

ARION,O∴O

「光の黙示録」 ARIONΦ北川恵子 大陸書房より転載

その人は、その声のかなたに、かすかに「アーリオーン」の名前を聞いた。でもアーリオーンがなんだかわからず、さまよっていた。そして、とうとう私のところに来た・・・・。

その瞬間から始まった、大きなエネルギーの到来。直観であるお寺の名前を言うと、家のすぐ近くだという。

そのお寺にまつわるストーリーを話すと、鳥肌が立つくらいのエネルギーの渦。そのほかにも、アーリオーンに関連するAMA族や大天使たち、神のサインがことごとく一致し、あまりのエネルギーの交流に、脳の電圧がフラフラになるほど大きくなり、思考できないほどに頭が圧迫され言葉がでなくなった。

 

共に5000年の輪廻を携えた、AMA族なんだ・・。

似ているところは外見だけでなく、人生の指針、経歴や物事のとらえ方、思考の方向性が同じであり、感覚もすべてに共感できるため、種の同一性の特徴を初めて強く感じた。

「私たちの出生は、M42星。オリオンの三ツ星の下にある、星雲団のところです。」と言うと、その人はある霊能者の方から「あなたはM星の人よ」と言われ、M星???となっていたそうだ。 

アーリオーン関係者とは数名会ったことがあるけれど、これほどまでに意識交流し強いエネルギーが注がれたことは初めて。

先週お墓詣りに行き、今度は母に対して深く気づくことがありしっかり謝礼をしてきたので、その人と話すたびに母の顔がダブり、『この親不孝娘がやっと気付いてくれてうれしい感』を顕わされているようで、何とも不思議な感覚になった。私は両親とはあまり輪廻のかかわりはないなと感じていたが、二人とも完璧にAMA族だったんだということがはっきりわかり、今生の魂鍛錬プログラムの一環だったという事に気づけた。

 

「いてくれて、ありがとう・・・」 その瞬間、私の今生の人生が昇華した。

アーリオーンのメッセージの意図を繰り返し考え、そしてその意味を知るために世界の様々なことを調べ、関連する神社にすべて参り、関連する国々を訪れその歴史や民族に触れ、暗号めいた複雑なメッセージの中から彼らが伝えたいことを探り、3.11以降このブログで発表してきたが、アーリオーンたちに触れて27年の人生経験を交えてようやく解読出来るようになった経緯がある。

だから、いろいろなことをよく知っているね、と言われるが、それはこうやって彼らの意志やAMA族の足跡を説明するために、必要な探求だったと言える。凝り性の私は、何事も興味のあることに関しては自分が納得するまで調べ、わかるまで探る研究者タイプだった。それも、人それぞれの役割となる個性として発揮されるだろう特徴。アーリオーン達が注いでくれる大きな愛の恩返し。

 

アメクモ族(アマ族)とツチ族

ツチ族・・・物質的生命維持とその方向性への興味と努力しか持たない傾向の人々のこと。低次の動物的本能のみが暴走しているタイプの人々。

太古の昔、「アメ族」と「クモ族」及び「アメクモ族」が、原住民の「ツチ族」と慢性進化の為に交じり、縄文人の原型ができた。

ツチ族の劣性遺伝子は子孫の末代まで伝えられていくのに対して、アメ族・クモ族の遺伝子は伝えられにくい。

ツチ族の遺伝子は満遍なく伝えられるタイプだが、アメ・クモ族の遺伝子は伝えられる条件がかなり厳しい為である。

20世紀後半の現在(注:このメッセージは1987年にだされたもの)、純粋にアメ・クモ族の遺伝子を伝える者はかなり少なくなっているが、代々の淘汰の為にこの能力としては逆に強力になっているとも言える。

少数精鋭と言っても良い。少数精鋭の利点は、意思疎通が楽な点にある。

 

全世界に存在するアメ・クモ族は集結を始めている。この動きは1990年にはもっと顕著になるだろう。

1990年、アメシャスペンタスは、アメ・クモ族の為にヴァイオレット・ウエーヴを送信するだろう。アメ・クモ族の子孫達は光の子として光の意思を実現するだろう。

 

*アメシャスペンタス・・大天使たち、カバラのセフィロト

 

ARION,O∴O    「アリオン語録より」

「私たちは、必ず再会しますね。M42星で・・。」「そうよ、そういうことよ!」

地球を卒業することが決まっているけれど、その後の魂の旅は未定(一応私はUFOのスッチーとなり地球・アジア圏担当の希望あり)だが、この再会は確実でありそんな約束をこの三次元地球でしっかりできるということは奇跡でしかない。

最後にしっかりHUGしたとき、本当に嬉しさエネルギーがほとばしった。今生はもう会うことはないかもしれないけれど、かならずまた会える、再見の人・・・。

アーリオーン、本当にあなたたちはタイミングがばっちりすぎる!

千と千尋の神隠し・・・白龍であるニギハヤミコハクヌシは天照国照彦 火明櫛玉饒速日命、AMA族の出雲族スサノヲの息子であるニギハヤヒのことですよ。

★今見つけた 安曇族は海人(アマ)族だったという記事! 昨年安曇野に導かれてアーリオーン達のUFOに遭遇したのも、 20歳の時の一人旅も、やっぱりアーリオーン達だったんだ!

 

ドラゴンVSフェニックス

2015-08-20

8月上旬は軒並み35度越えの猛暑にあって、お盆のあと急に涼しくなり季節の移ろいを感じる。

18日は父の命日であり新たな気付きもあったので昨年同様お墓詣りに行ったが、昨年のようなミラクルはもちろんなく、それは承知していた。

昨年のように笠森観音の境内で、参道で、公園で自然に囲まれながら太極拳を行っていると、『ドラゴンVSフェニックス』と響き、あっ!と気づかされた。

今月の初めブログに挙げたように、アーリオーンの名前を第三者の人から伝えられ、連絡を取り、会うに至ったが、チャネリング能力のある彼女にきっと伝えたいことがあるんだろう、と思っていた。

しかしこの響きで思い出されたのは、あの3.11を預言するかのように2006年に出合わされたアーリオーンを全く知らないのに彼らのシンボルを持った一人の霊能者で、共時性にたびたび出会わされ、そしておそらく私しか気づかないアーリオーンのサインを映し出した。それからのストーリーの展開は、小説以上なので詳細は書かないが、明らかに3.11そして惑星X(ニビル)を知らしめるためのものであり、私に対しての大きな訓練でもあった。

そして今回のドラゴンVSフェニックス。これもまた、全く同じ状況下でこのシンボルを出してきた。

今回は、それに伴う現実の世界のシナリオがある。8月12日に起きた天津大爆発。

tenshinbakuhatsu.jpg

日本人なら誰しも、この光景とあの爆発時のキノコ雲を見て「核」と思い浮かべるだろう。

奇しくも15日は日本の終戦記念日。戦争の終結を促したのは原爆だった。14日のABシュショーの演説は、まるで何かに解放されたかのように軽やかで、嬉しそうだった。「何かあるな」と勘繰っていると、このシナリオが読めてきた。

おそらく肝心の中国では、規制されているため真実の報道はなされないだろう。日本のフクシマの現実と同じように。しかし日本では海外からの情報を得ることが出来る。そこから真実の流れを観ることが出来る。

これが本当に偶然ならば、全ては企業と市の癒着が原因であり、それを見逃した国家にまで責任が追求されるだろう。でも偶然ではないとしたならば・・・。そこにどんな毒物や爆発物があるかを知っているのは・・・。そしておそらく消防士が知らずに水で消火活動を行い、それが引き金になると予測できるのは・・・。

つまり情報が漏れていた、と考えることが出来る。奇しくも国の機密を一切持ち出して米国に亡命している関係者がいること。ロシアにスノーデン氏がいるように。でも決定的な違いは、汚い駆け引きが背後にあること。

両国は覇権をめぐり、かねてから水面下で相当なサイバー攻撃と経済テロをやらかしていること。

でももっと大きな視点で見ると、やがて訪れる脅威へのカモフラージュでもあるだろう。

 姿を現した惑星X(ニビル)

アーリオーン達は、こういうこともすべて見えていたんだろう。そして敢えて「タイミングは今」と知らせてきたのだと思う。

 

アジアは龍であり、西欧は不死鳥である。

この両名は、死を賭して戦わねばならぬだろう。

死を賭したところで、初めて解かれた封印の力が及ぶのだから。

この力が及んだならば、この両名は初めて合体することになろう。

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

東洋的な認識方法は「面」であって、西洋的なそれは「点」であると認識してほしい。

東洋、特に日本の場合、個人は「面」の一要因であって「点」ではなかった。

西洋では、個人の「点」であって、集合してもやはり「点」の集合でしかなく、決して日本的な「面」に成りえないものだ。

だからこそ、西洋では「契約」システムが発達し、個人と個人の繋がりを明らかにし、お互いの利害関係によって、暫定的な「面」が築かれるのだよ。

しかし、この人間同士の契約システムで成立する「面」は、個人の人間性という非情に脆弱な基盤の上に成り立つので、日本的な「面」の持つ社会の暗黙の了解的な安心感や半永続性を持つことは不可能だ。

 

しかし、特に戦後の西洋的な教育法や産業能率を考慮した政策によって、日本でも、個人は「点」であるという認識が生まれた。

従って、現在の日本は非常に変わった状況に置かれていると言える。

現在日本人は、その「血」の中に「面」の文化性や性質を備えながら、西洋的な「点」の個人思想を思考しているのだ。

日本の強さは、この「面」嗜好性にあると言っても過言では無いが、これが足元から揺らいできている。

これを倒すには、日本人の「血」の総入換えをせねばならないだろう。

「血」の中の伝統的チップの数は毎年減っているのは確かだが・・。

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

文化や伝統は培うのに非常に時間が掛かるが、破壊するのは簡単だ。

『場の意識』を取り戻すのに、何をどうすれば良いのか?と言う方法論すら今や考え付かない人のほうが多いだろう。

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

現在、「日本の置かれている状況」は、

「現在西洋人が築いた物質文明は間もなく終焉を迎える」為の

「捨て石」と同じ状況だ。

次なる価値観の支配に相当するアジアの台頭は、西洋人文明から見れば「とんでもない」ことなんだよ。

それを阻止する為には、一国の崩壊など意に介さないという姿勢すら、彼らは根底に持っていることを、あなたがたは忘れてはならないんだ。

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 いわば、日本はアジア諸国の中に放り込まれた「異物」なのだ。

本来帰属するべき価値観を見失い、歪んだ価値観を身に着けた、「異物」のために、アジア諸国は今一つまとまりきれずにいる。

逆に言えば、日本が「アジアの一国」としての自覚を持ち、腹を据をすえてアジアのために発言し行動するならば、アジア諸国の一致団結は決して夢ではないだろう。

しかし、そうならないようにアメリカは適宜「俺たちを敵に回すつもりか?」という脅しを日本に対してかけ続け、西欧的価値観への帰属を暗に強要している。

土壌の異なる価値観を取り入れた「異物」が、最終的に自己矛盾からの内部崩壊を引き起こしたとしても、彼らの知ったことではない。 

 おそらく、これが「日本=捨て石」の構図ではないかと我々は考えている。

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ARION,O∴O

「アーリオーン・メッセージ」アートライン・プロジェクト著 (株)徳間書店1996年発行 より転載。

あの3.11もフクシマの崩壊を想定した策略と言われている。放射能をまき続け広範囲にじわじわと人口削減を図る方法。でも天津の場合は毒薬のため、一網打尽となる。そして、中国人が一番大切にするのが「面子」。まさに面。でもこの100年の急激な変化のため、面も点も「都合により使い分ける」ことでしか対応できなかった。彼らの怒りは「面子をつぶされること」によって、さらなる破壊につなげていくだろう。

それが現れるのがまず金融崩壊。 この次元上昇に向かっている地球のシステムの崩壊のシナリオは、それぞれの役者を得て、確実に進行している。

こうやってみていくと、安保改正を急いでいるわけがわかったでしょ? で、どうする?

アイ by 秦基博 

戦争と平和の意味

2015-08-15

今日は第二次世界大戦の終戦から、つまり日本の敗戦から70年がたった日。

この日の近くになるとたくさんの戦争映画や原爆の様子のドキュメントが多いけれど、今年は安保改正のただなかにあり、デモに参加する人たちも全国で10万人を突破し、テレビやマスコミの特集もいつもより多くなっています。

特に、高校生や大学生などの若い人たちの意識も高くなってきていることから、今まで知られなかった「真実・現実」を知るという事の大切さを感じる大きな機会にもなっているでしょう。

それ以前に、戦争の悲惨さばかりを語るのではなく、「なぜ戦争は起きるのか」「日本が第二次世界大戦を起こした本当の理由」という根源に触れることなしに、真の平和は訪れないという事を理解しだした人たちが増えてきたのを感じられたことは、70年の時間が刻む意識進化を思わせました。

そこでの政治家を含む一般人のコメンテイターの意識や思想が浮き彫りになり、かつて権力を握っていた人たちのおごりが、戦時中の軍の大尉や将校の意識とダブり、たった一人の意識次第で残虐にも友好的にもなれることを見せられた思いがします。

 

奇しくも、テレビで「日本の一番長い日」(8月15日の玉音放送に至るまでの軍の反逆ドラマ)や、ベトナム戦争を描いた「地獄の黙示録」が放映され、今までと全く違う感覚で見ることができ、あらためて戦争と平和についての大切なテーマに気づくことが出来ました。(日本の一番長い日は、今リメイクされて上映中=昭和天皇の苦悩とゆるぎない決断を知り、あらためてこの日を思うことが出来ます。)

youngdemo.jpg就職できないと脅されても、若い人たちも積極的に参加

なんかね、この若い人たちは特攻隊の生まれ変わりの人たちで、「戦争の理不尽さ」がよくわかるんですって。

人はそんなに強くない。特にアジア人で日本のような島国の人たちは、外部からの侵略に馴れておらず、こういう戦いに遭遇し余りの残虐な行為を見せられると狂気に走る人たちが多くいるといいます。

歴史から観ると、世界では古代から争いは絶えず、武術のように力の競い合いからあらゆる武器が生まれ、その武器の殺傷能力にしたがって、侵略、奴隷化、植民地政策、戦争というようにカタチを変えていきました。

武器をもった最初の戦争は、バビロニア文明やアッシリア文明という中東での遺跡に残されていますが、それまでの石器から鉄器や銅器などの金属製の武器が使われ、精力を拡大していった様子がわかります。彼らはニビル星のアヌンナキと彼らによって生み出されたハイブリッドの人間でした。(王族はアヌンナキ)

人間だけが戦争を起こすのではなく、宇宙ではずっと昔から惑星人同士の戦争(内部。外部とも)があり、核は何百万年から使われており、そのため星が滅んで放浪している種族もいるのです。人類(地球のヒューマノイド)は、いろいろな星からのハイブリッドなので、この地球と言う狭い空間でこの地球と覇権を巡ったスターウオーズ状態なため、他の種族を隷属あるいは排除するべく、ずっとその作戦が練られていると考えれば、世界史の動向もよくわかるでしょう。

そして、この5000年のアヌンナキ文明から学んだことは、科学や経済の発展がもたらす文化、経済、世界の支配構造。それまでは力による侵略等の支配でしたが、文明が進むにつれ、「戦う正当性」を示すための理由(材料)と機会(経済等の理由)を伴った戦争に形を変えていったのです。

 

日本はこの70年戦争を放棄しずっと平和だった、と言います。確かに中東やウクライナのような武力戦争は一つも起きていません。

でも今は、武力戦争だけでなく、経済戦争や情報戦争、電磁波アタックなど、実際の戦闘シーンのない状態で世界に軋轢があります。(奇しくも、中国では株価暴落に伴い人民元の引き下げがあると、アメリカで株価のコンピューターがダウンしたり、先日の大規模化学工場爆発や巨大なシンクホール出現などの共時性)

中でも警戒されているのがEMPという電磁波攻撃で、これをやられるとあらゆる電気網のシャットダウンが起こり、送電線が破壊されるので停電や通信不能がおき、数年は回復できないとされ、全ての攻撃や情報収集を電子に頼る今は、その場所で壊滅的な被害が起きると想定されています。

そして、今はすべてのことが明るみに出ています。いるみたちは「人口削減」をはかるべく、なるべく戦争より内紛、伝染病、ガンなどの病死、ワクチン接種等を引き起こすことによって、経済活動を滞らせることなくスムーズな人口削減策をとっています。

 

与えられた人生を生きることなく(そう見えるけれど、それも一つのその時代の人生の選択)、理不尽に戦争に駆り出され、あるいは地に残り、生き死にによって理想的な人生を歩むことが出来ない事態が戦争ですが、でもその分生きている時間や接している人たちとの関係性は、今よりずっと純粋で濃厚な時間だったのではないでしょうか?

今平和と言われている日本で、親が子を子が親を殺したり、学校でのいじめや自殺に追い込まれること、会社でのモラハラやセクハラ、家庭内でのDV、通りがかりの殺人など、異常な事件が増えているのを感じませんか? それでも平和といいますか?

私は「人間」というものを知りたくてアーユルヴェーダを学び始めたのですが、ヴェーダやヨーガが追及しているのは、「すべては自らの内から起こる」ということであり、自らの内側を平安にしなくては真の平和や調和は生まれない。そのために、自分の中のニュートラルな状態を作り出すべく、アーユルヴェーダのトリートメントや瞑想があると知りました。

体質を知るのも、優柔不断のヴァータ、怒りやすいピッタ、頑固なカパのような自らの特性を知ることによって、それを制する考え方や技術を授けるための一つのスケールです。短所と長所は表裏一体なので、そのエネルギーの生かし方を知ることにより、自分らしさや充実した人生の目安になるのです。

 

核やミサイルのボタンを押す命令を出せる人はたった一人。たった一人の考えで、何千万という人のイノチと土地が一瞬にして破壊できる現在。 時にエリートと言われる人は、子供のころから特殊な環境にいて勉強づけだったり囲われていて社会性に乏しく、専門的な知識は豊富であるけれど一般的な常識にうといことは、そういう人たちに接することの多い一般人ならよくわかるでしょう。

権威的な肩書の多い人たちや身内関係が、トップに立ち権力を握ることの多いのが現代です。(→国立競技場の件や、オリンピックロゴのメインデザインの盗作事件にまつわる人たち、ABシュショーのブレイン等をよく見てみて。もはやバレバレ)

だから、常識的に考える「戦争」はなく、異常な人たちの欲や権威によって意図的に引き起こされるのが「戦争」であり、そういう人たちがひしめき合っているのが政治や外交、投資や銀行などの経済界。

だから、デモや主張をきちんと世界にも伝えたい人は、まずこの背景をしっかり知りましょうね。

そして、真の平和を望むなら、自分の内側にまずきちんと平安な状態を作り出すことから始めてください。

博士の異常な愛情 ・・参考までに。

 

地球の膨張

2015-08-13

8月に入ってからの暑さと、世界の変化はショック状態になるほど想像を超えた展開になっている。

日々ドラマ以上のドラマ、予測のつかないトピックに溢れ、それが大きく世界や太陽系までもシャッフルするくらいの出来事の数々があり、これが今のとてつもないエネルギー到達が引き起こす<状況>なのだ。

 

<クロップサークル>

cc0808uk.jpgcc0809uk.jpgcc0810uk.jpg

A:8月8日イギリスに出現。 B:8月9日イギリスに出現。 C:8月10日イギリスに出現。

このAは明らかに鳥だけど、8日に出現しているところからハチドリ=ハミング・バードと解釈すると、888のゲートや周波数に関係していると解釈できる。

そして翌日の9日は、プレートの亀裂を感じさせるモチーフであり、10日はいよいよ分離という解釈ができる。この中央のヴェシカ・パイシスという魚型の領域にはいろいろな解釈があり、一つは融合でありマカバという場を示しており、強力なエネルギーフィールドの完成の図である。

奇しくも、10日に千葉県の養老渓谷で77万年前にポールシフトをしたという証拠の地層が見つかり、MEGA地震情報を発信している東京大学名誉教授の村井氏が9月まで関東から東海への大地震(特に房総半島)の警告を同日に発表するというシンクロもあった。

太平洋側にはサメが近づき、ソロモン諸島付近ではマグニチュード6以上の地震が多発。そして、11日にメキシコで巨大な地割れ。この地割れは地殻変動ラインで起き、メキシコでは2011年、2014年にも大規模の地割れが起きている。赤道付近で地球が楕円形になるかのように膨張しているのだろう。

0811mexicocruck.gif

海底でもプレートの動きによっての海底火山噴火や地球内部ガスが噴射し、水温が上がり高温化になって南にいる魚がやってきたり、一部の海洋生物の大量死や、深海魚の浮上などがあると解釈できる。

いずれにせよ、エネルギーは8日よりガラッと変わっており、自分自身の体や心がどんどん「風」のようになっている感がある。これは、アーユルヴェーダのヴァータという「風」と言う動性が増えているのではなく、軽く透明になり、3次元の境界線を越えて浮遊している感性と言う感じ。

太極拳中に感じるのは電子であり、明らかにこの電子と交流して自分を帯電させている感覚がどんどん強くなっている。空を見上げるとそこにいつもUFOがいるし。(いろいろな型をみるようになった)

この強いエネルギーが生命体に与える影響は、それぞれの生命体の意識や行動に現れるだろう。

クライアントの方の行動や意識の変化も強く現れている。この8月のエネルギーをパワーに変えて充電し、9月の大きなうねりに備えてほしい。

 

★ 宇宙連合、銀河連合は生体調査と称しての生体実験や、無目的な誘拐をすることはない。我々と全く異なる振動数での次元移動を行っているグループもあり、総てを把握するのは困難だ。

あなた方も、色々なレベルの地球外生命体の接触を認識するべき時期が来た事を知って貰いたい。

我々のコードネームが『光』だからといって、彼ら他のグループのコードネームが『闇』とは限らない。厄介な事だ。

連合以外にも数種類のグループがいると伝えて貰いたい。

 

★マイ・ミュート・アーテ(アリオン達の母船)の人々はヒューマノイドが9割くらい要る。高等生物には人間型(ヒューマノイド)が多い。

 

★どんな計画にも時期というものがあり、我々の計画は現状では地上におりてセンセーションを巻き起こす段階ではない。

実際に地上に船で降り立つ場合には、宇宙空間を飛行してきたばかりの船では都合が悪い。放射能の問題があるからだ。地球上をむやみに汚染する訳には行かないだろう?

 

また、搭乗員が直接面接する場合も非常に困難である。我々は地球上の細菌に弱い身体を持っている者がほとんどだからである。

ビジョン投影法では面接は可能だが、時間や場所に制約が多く効果的でも無いために、現在はそれほど多く使用されていない。

一番多い面接法が同化地球人のメンバー面接で、この場合『宇宙の』という風に名乗る場合と名乗らない場合があり、後者の方が多い。

これは万が一の場合の危険を避ける為である。地球人は自分達で思っている以上に攻撃的で排他的であるので、我々がメンバーに面接を指示するときはいつも危険と背中合わせの状態を覚悟して貰うのだ。

 

★人間と天使の歴史は終わっていない。有翼人種と人間の歴史は紀元前1000年位が最後だった。しかし、現在も天使不在の社会ではない。

どんなに人々が認めないと騒いでも、私達の姿を見るものは必ず居る。

そして下位の天使たちは人間になっても天使の存在を語り続ける。近年の天使待望の気運は、必然的なものだとしか言えない。なぜなら、私達はずっと天使と人間の関係を、心ある人々に語ってきたのだから。

 

光の子らの愛に溢れた言動そして行動は、直観力の優れた人々、繊細な心の持ち主、優しい心の人達にとっては『救い』になるのだ。社会的な現象から言うと『過激な優しさ』として評判になるだろう。

 

ARION,O∴O  「アリオン語録より」(2000年以前におろされたもの)

このエネルギーとともに降るペルセウス流星群もまた、加速のエネルギーの応援隊。

お盆と言う一つの節目の時期、そして明後日の終戦70周年というこれも節目の日々を安保改正に揺れる今、日本と言う国にとどまらず世界そして宇宙と言う視点で、宇宙に生かされている生命体である自分という存在をフォーカスしてみてほしい。

星の降る丘 by MISIA 本当の愛を抱こう!

 

8.11はヤマの日

2015-08-11

来年から8月11日は「山の日」に制定され、祝日になるそう。ちょうどお盆時期も迫っているため、11日から15日まで一気にお盆休みへ、の準備だと感じます。

 

連日の猛暑の中、熱中症で倒れる人や死者が続々と増えていますが、エアコンが普及して快適にすごせる分、暑さにも寒さにも弱くなっているのでしょう。

それにしても、今年の暑さは気候だけでなく、多くの人の行動にも火をつけています。

8.11news.jpg

憲法改正の審議の中で、フクシマ、TPP,国立競技場、世界へのカネのばらまき、原発再稼働・・と国民が怒ることばかりやっている自民党の政策に、とうとうみんなブチ切れました!

特に高校生や大学生などの若い世代が動き出してから、中高年も一斉に行動にでてきています。

不思議ですが、なぜこれほどまでの不祥事が次々出てくるのか・・。もう隠しきれない臨界点に物事が極まり、それらの出来事を理解できるまでに私たちの意識が高まり、じっとしていられなくなったという感じがありますね。

もしここまで国民が行動して、憲法改正を通してしまったらいよいよ暴動となるでしょう。でもこのうねり、日本だけじゃなく、世界中が伝播して高まっています。

この高まりも、宇宙からの大きなエネルギーのなせる業。体の弱い人は熱中症で倒れ、エネルギーとして取り込める人は、スーパーチャージになるしくみ。

奇しくも戦後70年と言う大きな節目であり、今月は積極的にテレビや映画で「戦争」を描いた映画やドラマが放映されています。繰り返し放映される映画であっても、今年は違った視点で見ることができるよう。つまり、悲惨さや悲しさの前に、「なぜこういうことが起きたのか」という根源的なものへと、視点を移して考える・・。

6日のヒロシマ、9日のナガサキにおける原爆は、兵器実験であり、地上戦での兵士の疲弊を圧倒的に少なくし、一気に降伏に向かわせる最上武器であったと、今年のNHKの特別番組で原爆を製造した科学者より語られていました。

この時の原爆を攻撃目的の場所に確実に命中させるため、高度やスピード、時間等などを素早く計算するために生まれたのがコンピューターで、私はその世界で初めてのコンピューター会社に就職したのですが、そのことを知り唖然としたのを覚えています。

70年たった今は、武器の性能や破壊力は比べようもないくらい上がり、それをどこかで使われたら地球ごと破壊されかねないくらいの脅威を持って、世界は睨み合っています。

 

「戦争反対」「憲法改正反対」「日本は戦争しません」 と国民はデモで叫ぶ。

「じゃあ、他国から攻撃されたらどうするんですか?」「ミサイルがいきなり飛んできたらどうするんですか?」

と切り返す政治家。

そんなもん、いくらでも想定できるでしょう。私だったら、相手が戦意を失うような、攻撃できないような仕掛けを一杯考えます。

十種の神宝があるでしょう、三種の神器があるでしょう。せっかく宇宙から携えて来たのに。

だから弥生人(AMA族)は縄文人と戦わず、融合できたのですよ。。(これを使える人は、宇宙とつながる人だけ。残念ながらニギハヤヒで途絶えました。)

そういえば、「ビルマの竪琴」では隠れていた日本兵と追ってきた英兵が一緒に「埴生の宿」を歌って、戦わず降伏してました。(マッサンの「ホタルノヒカリ」と一緒)

アドレナリンが一気に消えるサムシング。。。

 

9月、さらなる加速で日本だけでなく、世界中でいろいろな答えが出そうです。

888の獅子座のゲートは立秋で開ける

2015-08-08

今日は、2+0+1+5=8.8月8日の888が並ぶ獅子座のゲートが開いた日。そして奇しくも立秋で、昨日の37度から5度も下がった秋めいた風が吹いた。

昨日、小笠原硫黄島噴火、今日阿蘇山噴火、そして奄美から根室まで6度の地震という兆候。耳鳴りは長く続き、太極拳では電流と人差し指に蜂に刺されたような刺激。確実に届いている強いエネルギーをあちこちで感じることが出来た。

世界各地で噴火と大雨や洪水、地すべりが続いているが、「ウオーター・サウンドイメージ」を読んで気づいたことは、噴火が何故起きるのか・・それは新しい周波数の結晶を作るため。なぜ洪水が起きるのか・・それはその結晶を隅々まで運び水の分子に記憶させることで、地球全体の周波数を上げること。

sitarrabishankar.jpg

これは、インドの著名なシタール奏者ラビ・シャンカールの紡ぐ音でのサウンドイメージ。インドには、音に関するサーマ・ヴェーダやガンダルヴァ・ヴェーダがあるが、4大文明の中でメロディで詠むマントラや言葉、音律、リズムに関して一番詳しく経典が残っているのはインド。

幸いに、今生私はサーマ・ヴェーダを習得した音楽療法の師に出合い、実際の体験もさせていただいた。確かに、奏でる音に反応する体の様々な部位に驚き、細胞が調律される感覚を味わったが、音楽や音霊、言霊は多岐にわたり、個人の魂の周波数は微妙に異なることも同時に感じていた。

このウオーター・サウンドイメージが世に出ることで、サーマ・ヴェーダの視覚化やそれが解く意味が繊細にわかることを知るかのように、4年前にその師は世を去った。周囲の人は、未だ依存の域をぬぐえないでいる。

この宇宙を動かしているものは、振動でありそれは音であり、光でありウエーブである。

今日のこの888の日はパチパチパチと音を鳴らすこともできるし、∞∞∞と横にして無限をつなげることもできる。これは偶然ではなく、秩序として何万年も前から今日という日がきちんと用意された日であるのだ。

ただそれを感じるか、観じるか、勘じるかの違い。

いずれにせよ、明日から個人個人で答え(応え、堪え)を知るだろう。

奇しくも、2011年8月8日も立秋の日だった。あれから4年目。自分の中で、何がどう変化したか今一度振り返るのが今年は特に必要。終戦70周年という節目も意味あること。

 

光よりの光、オリオンの神の座より来たりて伝える

わが名はアーリオーン、愛により存在する天使

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

太陽フレアの活動は、宇宙生命潮流の活動の一つだ。

私アリオンの活動の一貫の中に計算済みであるが、あなたがた人間の取捨選択いかんで変化するものである。

つまり、ある程度の未来図があったとしても、ミクロの段階からの取捨選択の有り様によって、可変の枠内で変化するということだ。

太陽フレアおよび黒点活動の激化は、物事の振幅を増加させることになるだろう。

それを、良しとするか悪いことと判断するかは、ひとりひとりの意識レベルによっても異なるので、私から「これは良いことだ」という風にはしたくない。

 

ARION,O∴O 1990.12.20  ARION語録より

 

  自分だけよければ他はどうでも・・意識の強い人々が多く住む市町村は、当然ながら魂の繋がりも少ないわけで、そういった市町村は面としての守護磁場が作りにくい。

鎮守の杜を中心に発達してきた町で、以前の風習の廃れた所などは、面磁場がズタズタになっている。

そういった場所に、大きなエネルギーが作用する場合には、崩壊か改新かのどちらかが選択される。

風・火・水の影響というものは、自然界の出来事として人間の意思以外の部分で選択されると思われているが、実は綿密な関連がある。

また、風・火・水及び地震災害は、人間の短い観点から見ると、迷惑な話であろうが、惑星単位の目で見た場合には、必ずしも迷惑、とは言い切ることはできない。

   

何が起きようと、自分達の意志決定もそこに含まれるということと、単に災害、と人間側だけの価値判断をせずに、事実をありのままに見ることが必要だ。

         

ARION,O∴O 1991.10.17  ARION語録より 

War Song by TATSU  音と言葉で紡ぐメッセージ。これぞ、音楽の力。

宇宙存在の本性

2015-08-04

本当に今年は暑い。先週イランの南部では、摂氏74度(日陰は50度)に達したとか。

世界中が異常気象で、とうとう地球が人類を拒否し始めたように感じてしまうほどの変化中。

cc0728uk.jpgcc0804uk.png

A:7月28日イギリスに出現  B:8月4日イギリスに出現

Aは明らかにホロスコープ。Bは内部の回転の様子だがマカバ。これは◆に見えるけど、正四面体を下から見たものであり、それが重なっている様子で大きさが異なるのはそういうパターンがいくつもある様子。

 nassimmerkaba.jpg Cosmic Armour - Anna Kumashov

こんな感じの幾何学的な磁場が出来上がるのだろう。

 

先週「ハートの贈り物」のnarudekoさんと共振したと思ったら、「トリートメントを受けたい」と申し出てくれて、2デイズで仙台からいらっしゃった。

共にインディゴ一期世代でありブログを読んでいたのと、基本的な宇宙へのスタンスが同じであること、そして今回はアーリオーンが入っているので瞬時に打ち解け、ものすごい深い話に発展した。

リアルなアーリオーンのことを知る人はもう少ないが、この天使集団やルシフェル、その他の宇宙人たちのこと、彼らの星、宇宙の状態、これからのことなどをこんなにスムーズに話せる人は滅多にいないので、お互い夢中で話し合った。彼女はヒプノセラピーを行っているので、輪廻転生や過去世のこともよくわかるため、さらに理解が深まった。 カルマや進化は人類だけでなく、他の宇宙生命体もまた同じように成長し続けているということがわかり、さらに納得。

narudekoさんに初日シローダーラーをしたら、後半になって額の中央にたらしているオイルの先から、光の粒子が勢いよく飛び出し、飛び交う様子が見えて「やっぱりね〜」。とてもたくさんのビジョンを見たそうだ。

なぜ今知り会い、こんなに性急に出会ったのだろうかと考えると、8月8日の獅子座のゲート(今年は、888になる)通過のための共振と感じた。

どうも、これから本当にさらに大きな変化がやってくるらしく、ミカエルのメッセージガブリエルのメッセージにもあるように、このとてつもない大きなエネルギーに耐えられる人と耐えられない人がでてきて、進化する人としない人に分かれるという。その時に一番アタックされるのが松果体ということで、narudekoさんはその前にシローダーラーを受けるべく、背中を押されたんだと思う。

この共振力が5次元の基本であり、物事がもっと早くスムーズに確実に調和の元に進んでいくという実感があった。

そして、8月8日から注がれる強いエネルギーは「ウエーブX」と呼ばれる強いガンマー線で、このエネルギーによっていろいろなことがさらに加速されるようだ。

アーリオーンが伝えていたSPASCIFICAは、これまではCAI PASS PACIFIC(惑星Xは太陽を通過する)と読んでいたが、CAIはXを指す言葉の一つでもあるので、このウエーブXもそうなのだろう。 

いずれにせよアーリオーンを理解する人に出会えて、彼らの力と思いもさらに強く注がれ、成就への道へとつながっていくビジョンが見えて、感極まっている。

 

シャンバラ(アガルタ)の中枢センターでは、個人の動きを監視している。

しかし、全ての人という訳では無く、ある程度の精神レベルに達した人たちの動きを監視しているのだ。中枢センターではある程度のレベルに達した人達同志を合わせる工夫をしたりもする。

シャンバラの帝王は、金星の王子と呼ばれた人(?)だ。彼はその体の発するオーラの為にまばゆく輝き、地球の人類の視覚では、その姿は炎の様にしかとらえられない。

宇宙連合は、シャンバラとの連携プレーを行っている。むしろ、シャンバラからの許可が無ければ働けないという方が正しいかもしれない。

 

マイ・ミュート・アーテ(アリオンたちの母船)の滞在磁場は、シャンバラの作る磁場なのだ。シャンバラへと続く道は、全部で9ヶ所あるが、その内の2ヶ所は地球外生命体専用の道である。

チベットにある道が地表に近い時には、ある高地の湖に蜃気楼が立つ。その湖は非常にきれいな薄青緑で、ほぼ楕円形の形をしている。

その他、南北極の地下、南米の山脈中、サハラ、北米にもあるが、場所はインディアンの聖なる土地(神々の台地)とだけ言っておく。

 

アデプトとあなたがたが言っている人々は、地表に表出する場合は目立たない様に常人の体をする。時々、アストラル・プロジェクションという投影法を使っての対話をする。

シャンバラの存在は、全く人々に気付かれないという訳では無く、知られても場所の確定が出来ない為に、桃源郷とか楼蘭とか呼ばれて伝説に姿を遺すのみとなったのだ。

しかし、近い将来にシャンバラの存在は多くの人々の識るところとなろう。これからの地球科学は可視・可触の物質科学の域を超えてゆくからだ。そうならねばならない。

その為にもシャンバラは教育を続けているのだから。

 

ARION,O∴O

アリオン語録より (発表年月日不明)

誓い by ゴスペラーズ   やっとここまで来れた・・・