夏の衰弱にショウガたっぷりソーメン

2015-07-28

今年の夏も日本中で35度越えの日が続々と続き、熱中症で運ばれている人たちがたくさんいます。

確かに35度以上の夏日は、近年のこと。でもそれ以上に、免疫低下や体力のない人たちも増えているようです。

高齢者が多くなってきているので、その割合からも熱中症が増えているのかもしれませんが、ここのところの強いエネルギーの元では、エネルギーあたりもあることを考慮するといいでしょう。

 

★今年の夏にフルに活用したい塩レモン(作り方参照)

lemonpeel.jpg 塩+クエン酸+ビタミンC+天然リモネン を含む塩レモン

今年3回目の塩レモンは、レモン汁もすべて加えて少しジューシーなものを作りました。それを炭酸で割って飲むとなんと爽やかな! (コップ半分の炭酸水に小さじ1/2杯程度の塩レモン)

スポーツ後の疲労回復や汗をかいた後の塩分補給にぴったりです。お料理以外にも、今年は活用幅がさらにひろがってます。

 

そして、この暑さで体力が弱りばてやすい人のために、お勧めなのがショウガたっぷりソーメン。

これは、以前台湾の友人が「生姜ソーメン」として作ってくれたのですが、美味しくてすっかりはまってしまいました。台湾バージョンは、スープに鶏がらや鳥皮を使うコラーゲンたっぷりのものでしたが、日本のこの暑さではもう少しさっぱりしたもので、のどにもよい和風バージョンを考えました。

gingersomen.jpg 和風だしのスープに生姜たっぷりとレンコンを擦って入れています。

最近クーラーでのどをやられ咳が止まらない人が多くいるので、のどによいレンコンをとろみとして入れています。消化機能がおちているなら、大根を擦って入れてもいいでしょう。その場合、最後に少しとろみをつけると喉にさわりません。

食欲がわかない人は、此処にも塩レモンを入れてみてください。

★スタミナをつけたい人は、モロヘイヤやツルムラサキをトッピングにするとスタミナアップします。

<材料> 1人分

昆布と鰹節の天然だし、 擦り生姜 小さじ1杯、 レンコン 100g、 ナス 1/2本、 卵 1個、

緑のトッピング(モロヘイヤ、ツルムラサキ、パクチー、インゲン、スナップエンドウなど)、

薬味 お好みで(ネギ、みょうが、三つ葉など) そーめん 1把

<作り方>

@ソーメンをゆでて、よく洗いざるにあげておく。

A鍋に天然だしを入れて汁を作り、そこに擦り生姜とレンコンを擦ったもの、ナスを皮むき器で薄くスライスしたものを入れて、一煮たちさせる。

B卵を溶いて入れ、ソーメンを器に入れて上から汁を注ぎいれ、上にトッピングをのせる。

★乳めんタイプにしたいときは、Aの段階でソーメンを入れてひと煮立ちさせ、器にソーメンを入れてから残りの汁に卵を溶きいれてください。

統合の始まり

2015-07-25

昨日からとても大きなエネルギーが到来しているのを感じる。耳鳴りがホーンのように鳴り響き、今日は暑さのせいもあるけれど軽くぐったり。

そんな中で、「おーっ!」という共時性発振。

Acc0719uk.jpgBcc0721uk.jpg

Ccc0721uk2.jpgDcc0725russia.jpg

A:7月19日イギリスに出現 B:7月 21日イギリスに出現 C:7月21日イギリスに出現 D:7月25日ロシアに出現

2週間前の磁石のようだったクロップサークルが、今週は移動というニュアンスに変化している。

31日のブルームーンを挟んで、8月8日の獅子座のゲートを潜り抜けるためのエネルギーサインのよう。

シンクロやテレパシーは時間差のない共時性を持って、おそらく「101匹目の猿」のように同じ周波数の人たちに共鳴しているのだろう。

ハートの贈り物というブログを書かれているNarudekoさんと私は昨日まさに共振した。Narudekoさんはヒプノセラピーを通じて過去世から現世のつながりを説き、カルマの解放に尽力されている方だが、その日のクライアントに「ラー、オリオン、アリオン」というサインを感じたこと記されていて、そのクライアントはセッションを受けるというより彼女にその存在を知らしめるというためにやってきたよう、と感じておられた。

そこで「!」と感じ、アーリオーンという存在がいることをメールで伝えたら、詳細の返事が・・。まさに!だった。

アーリオーンが「統合性」「ワンネス」を伝えてきている。

このメッセージは、Narudekoさんにも届くように降ろされていたよう・・。

 

「我は イシスの神の再臨を斎う為に 此処に参れり

 豊穣の稲を此処に撒き その根をこの国司に渡すなり

 長者を立てて 磐根をおいて 雲を払え

 瑞穂の葦の広野の裾に 我は種を撒けり」

 

・我・・・ARION

・イシス・・古代エジプトで崇められていた愛を司る神(女神)、あるいはマリア − イシュタル ー サラスバティ ー 弁財天 − アマテラス − 木花咲耶媛 − 稲荷 − 龍神 − 瑞島などAMA族の系譜。

・斎(いわい)・・忌み慎んで神を祀ること。

・磐根・・いわ。いわお/巌(いわお) − 大きな石(日本列島)

・瑞穂(古くはミツホ)・・みずみずしい稲穂/瑞穂国・・日本の美称

 

*解釈1(過去編) 

「私は、弁財天系の力の復興のために、イシスの名で知られる神をAMA(弥生)族に託し、この日本へと遣わした。

AMA族は、稲の効果的な栽培法を広め、文化の礎を縄文族長に伝えた。

リーダー(大王)を立て、モノリス(入魂された力を帯びた石)を置いて縄文文化の停滞を祓い、携えてきた稲をこの地に撒いた」 

 

*解釈2(現代編)

「私は、”愛”の力を伝える為に、再びこの日本にやってきた。

響きあう心を伝え、その発信地をこのメディアに預ける。

多くのリーダーとなるものを立て、大きな意志の力を持って、

心の眼の曇りを払い、その種(魂)をアジアの国の片すみ(日本)に撒いた。

 

★参考資料

「日本列島に渡来し、高天原を築いた人々の原郷は、中央アジアのアラル海にそそぐアムダリア・シルダリア両河の上流の高原、つまりパミール高原の山麓であったとされている。・・・すなわち、この「世界の屋根」の北西の草原と流砂の領域(現在のウズベキスタンとタジク共和国の一部)が、タカミムスビ・カミムスビの子であり、蓬莱山(富士山)をめざして大移動を敢行したクニトコタチ・クニサズチ両集団の原郷であったというのである。」                   ・・・・宮下文書の異本(開〇歴代記)

ARION,O∴O 

アリオン語録より掲載  発表年月日不明

あ〜、これを書きながら悶絶! あの富士山Tシャツシンクロ合戦は、この記事を読むと一目瞭然のように木花咲耶媛、そして宮下文書につうじていたのね。しかもこの宮下文書はあの秦の始皇帝から「不老不死薬」を探して来い!と日本に使わされた徐福が日本古代史として書き残したもの・・ということは、スサノヲの源も思念を送っているという事だ!

よーし!明日の太極拳はあの富士山Tシャツを着て臨んでやるぞ!いくらでも感電してやるっ!

しかもね、このNarudekoさんはA.A マイケルという存在をチャネルしているのだけれど、奇しくも昨日マイケル達の「We are the World」をKarinaさんという同名の人が訳してWorldをEarthに変えると、今の世界に見頃にリンクしてたので、FBにアップしてた。 これほどまでの速さということは、よっぽど急げという事なんだと思う。

 

美しき緑の、夜空?

2015-07-20

やはり今月の展開は、本当にジェットコースターにでも乗っているみたいで凄すぎる。

A0718jikiarashi.jpgB0720wrainbow.jpg

A:7月 18日北極近くで現れたAirgrowという緑に輝く夜空。これはオーロラとは違い、太陽からの紫外線と地球の大気圏にある化学物質に反応して現れるという珍しい現象。(Spaceweather.comより)

B:7月20日に東京や各地で見られたWレインボウ。このスカイツリーが真ん中にあるのが象徴的。

 

7月15日から強いエネルギーが到達すると言われていたが、文字通り台風とともにやってきて、今日も朝からふらつく感じがあり、太極拳中また今までで体験したことのない刺激をあちこちに感じた。特に手のひら中央のタラフリダヤマルマが猛烈に反応し、指先から痛みを感じるほど強く抜けていった。

上記の空の様子から見ても、わかる感じ。

そして、この数日のクロップサークルも凄い。

Ccc0623italy.jpgDcc0630uk.jpg

Ecc0710uk.jpgFcc0716germany.png

C:6月 23日イタリアに出現 D:6月30日イギリスに出現 E:7月10日イギリスに出現 F:7月16日ドイツに出現

なんだか、ヨーロッパの各地に出現している今年のクロップサークルは、周波数の提示とともに磁石を顕わすようなものと磁気やポールシフトを示唆している感がある。

するとあのNASAから今までずっと否定していた惑星Xがきます、という発表。

hououheadlight.jpg7月11日ウルグアイを訪れたローマ法王の頭上に光が・・

惑星Xや宇宙人の存在を開示するディスクロージャーは、ローマ法王から行われると言われており、この光をいろいろに唱える人がいるが、ウルグアイというところがカギ。ウルグアイのムヒカ大統領は、世界で一番貧しい大統領と呼ばれているが、世界の政治家の中で人間性は一番優れていると感じられる。その国で起きたことなので、天からの光であり、あるいはとても大きな存在のウオークインの瞬間かもしれない。

そして今日、ある天使メッセージに黄金太陽の出現が、と。そしてここにでてくる青い太陽は、ホピの予言の中にある青い星カチーナであり、大きな地球浄化のサインと言われている。クロップサークル、NASAの発表、最近の大気や磁気の状況、世界の状況などを見ても、大きな動きがあることを示唆される。

7月は本当にギヤチェンジの多い月。31日のブルームーンに向けて、トップギヤに入れるスピードをあげているのだろう。

 

円環の愛スパスシフィカは認証終了

炎の暑さと暖かさのゆえに回転を始める

燃えよ力よ 燃えよ愛よ

   

あなたがたはヴィシュヌを見た

サラスバティの愛に支えられ、再びドウルガーは力を取り戻した

あれこれ説明をする必要などなにもない

ブラフマンの懐で漂いながら 宇宙(そら)の愛を全身で感じなさい

   

あなたがたは宇宙(そら)からの贈り物 

愛そのものだ

臆することなど何もない 

見せなさい、全てを

その時期が来た

  

シラヌイの火から、黄金太陽の火へ

移り行くとき(時空) を見なさい

    ARION O∴O  1989.07.29  ARION 語録より

今日テレビで「オペラ座の怪人」(2004年度版)を見たのだけれど、脚本と描かれている色やモチーフがいるみそのもので、なんだか胸苦しくなった。 昨年ゆづ君の演目はすべてこの「オペラ座の怪人」だったが、重なるアクシデントはこれを使用したせいだと思われる。邪悪な周波数が込められており、霊感の強いゆづ君はその波動を見事に呼び寄せてしまったかのようだ。

今季はそれを知ってか「陰陽師」がテーマだそうが、テーマや音楽に込められている意念や周波数はとても大事だという事を知ると、パフォーマーはもっと的確な演技になるだろう。

HOPE & DREAMS by MISIA 僕らが描く未来はイマジネーション!

アラシ(嵐・荒し・粗し・新し)のメッセージ

2015-07-17

ここのところの世界は、浄化のアラシが噴きまくっているようです。

日本もご多分にもれず、昨日の安保改正への強行採決。でもこれには、二重、三重の意味があります。

本当のことを知るためには大きな解釈が必要で、表面だけでは理解できないほどこの日本には課せられた鎖があるんですね。大きな票を集める宗教団体の大元を見てください。(ソーカガッカリやトーイツ狂界、など)

0715demo10mannin.jpg7月15日の10万人のデモ

単純に「戦争反対」と言っていられないカラクリは、政治家の本質を見極めることが必要です。奇しくも、大きな台風が上陸し、しかも四国と中国地方。中国地方にはABさんの本拠地山口県があります。中国地方は、あまり台風被害も地震もない場所なので、珍しいですね。なんか、宇宙の意図かもと思ってしまいます。

ギリシャの例を見るように、トップの決議に対して反対する国民たち。でも、ギリシャ神話に見るように、ギリシャの神々は恐ろしいことを平気でやってのけますし、スパルタカスやグラディエーターでもわかるように、奴隷として一部の人類を家畜のように扱った歴史の代表国でもあります。つまり、偉い人はハタラカナイ。

この奴隷制度が4大文明に横たわっており、地球を自分達のものにしたい様々な星からの祖先の種が仕掛けた、他の種を排除しようとした戦いの歴史でもあるわけです。

先日終了した「天皇の料理番」は、この国がどのようにして戦後成り立って行ったかを示唆するようなドラマでした。彼らにとって日本人は黄色いサルであり、さげすむべきものとして原爆投下はアタリマエの意識なしに成し得なかったでしょう。西洋の意識の連鎖です。

現在の日本人は、縄文人とAMA族(弥生人)の混合。AMA族はひろくアジアの隅々から渡ってきたため、上記の国々を通ってきていますが、大切なのはその本質です。日本人をやっつけたいのか、本当にこのコクド(国と人)を守りたいのか白アリなのか、肩書やパフォーマンスではなくそのバイブレーションでしかはかり知ることが出来ないでしょう。

私たちは今、そのことを感じとる周波数に調整できるかどうかにかかっています。(だから、体の浄化もすすみます。) 国民から地球人への変遷。

今地球は大きな節目にあり、天変地異や動物の大量死、地震や火山噴火の多さ、人々の不安定さがそれを物語っており、ポールシフトを控えて磁場の変化があります。本来であれば、世界が一つになって「いざという時の備えや対処」を論議するべきなのに、なぜ争う方向にもっていくのでしょう?

これもある種の地球のっとり、でもあるわけですね。自分たちだけを生かし、多種を排除しようとするハタラキ。

地球で繰り広げられるスターウオーズ。5000年以上たって、際立っています。

スピリチュアルと名乗る人たちの多くは、ポジティブシンキングとして悪影響のあるニュースを見ない、テレビを見ない人が多くいますが、よいことだけを見て悪しきことは知らんぷりでは、「改善」や「真の創造」はできません。逆に、外側の変化に気づかず、自分の中だけの問題に縛られて、いつまでも同じ思考をぐるぐるしている人たちが多くいます。それでは、新しい発想や感覚を身に着けることは難しいでしょう。

安保反対なら、デモだけでなく戦争をしない仕組みや仕掛けに対してどう反応するかを議論することが必要と思います。防衛するなら、どう防衛するかをしっかり考えるのが本来の政治家の役目と思うのですが・・。これも経済主体の政治のため、どの国も自国の利益しか考えないために起きる軋みです。まさに男性的。

日本がかつてヒミコやアマテラス、トヨという女性霊能者(宇宙メッセージを感知する巫女)が統治していたのは、男性に任せると争いが絶えない、という状況からでした。カミの言う事なら間違いない、という意識の元に収められた歴史があります。この場合のカミは、西洋のカミとは違うアーリオーン達が言う宇宙のバイブレーションです。

私たちがこの地球、それぞれの国に生まれてきたのは、魂を進化させるためです。カルマという過去世を教訓に、それぞれの経験に対する理解を深くしてさらに進化した考え方を身に着けるためです。日本は今とても恵まれ、西洋・東洋のあらゆる思想や哲学、歴史、伝統、新しい技術や科学を日本語で学べる稀有な国です。

そういう意味では、一番世界で西洋・東洋のどちらも理解できるポジションにあります。洗脳されてはいますが、今ならその洗脳も見破り本質をみる時期(磁気)になっているのです。

一人一人が冷静に深く、他者依存ではなく、個人として自立した思考ができること。宇宙的思考ができること。これには宇宙からのサポートが大事なんですね。下手をすると、その宇宙霊も憑依という形で身体を乗っ取ることもあるので、周波数を上げる=純粋に真を持って生きる、という姿勢が大事です。

国立競技場の件を見ても、男たちは責任のなすり合いしかせず、老齢になってますますエゴと権力をひけらかす政治家の修羅場です。このお金の一部で、東日本大地震の仮設住宅に住む人たちに快適な場所を提供できるというのに、そう考えられない人たちをおかしいと思いませんか?フクシマが依然終息せず、さらに水蒸気爆発を繰り返しているのに、原発稼働をGOさせている異常性。脅されているのかもしれませんが、尋常ではありませんね。

火山が噴火しそうなのに、御嶽山の教訓を生かさず「大丈夫です」を繰り返す箱根の自治体は、人のイノチより経済主体の生き方だからですね。本来なら、国がそういう事態を想定して、補助するなりその地域の人を護る政策が必要だと思うのです。

今がその正念場。しっかり見据えましょう。

gddiamondfuji.jpg富士に祈る。

 

託児所のあるアーユルヴェーダ・サロン

2015-07-16

mamababy.jpg ママのためのアーユルヴェーダで産後ケアや健康回復へ!

当社のあるパストラルプラザの1階107号室に、「わたしの保育園」という託児所ができました。

ここは、時間保育(30分¥400)もできるので、当日だけ利用ということができます。

そこで、産後ケアや育児中のママの疲れを回復させるために、特別ママ・アーユルヴェーダコースを作りました。特に授乳中のママにはおっぱいケアも入れます。

★パストラルプラザの横にコインパーキングもできたので車も利用できます。(最大¥800)

 

<コース> すべてのコースにお茶とお菓子が付きます。

ママ・クイックレスキューコース : 頭、背中のケア(特に肩念入り。足浴付き)  40分 ¥5000

(ティータイムを入れて60分ほどみてください。)

ママ・ぐっすりコース:頭・背中・足(背面)・顔プッシング 60分 ¥10000 + シャワー&ティータイム

ママ・ビヤンガ : ママのためのマルマビヤンガ(マルマをフィーチャーした顔も含む全身のオイルマッサージ)で、体の疲れをすっきり回復 (おっぱいケア付き) 

90分 ¥15000 + シャワー&ティータイム (約2時間見てください)

ママ・シローダーラー : ママのためのシローダーラー 精神的に育児に疲れている人、寝不足の人に。

90分 ¥15000 + シャワー&ティータイム (約2時間見てください)

ママ・すっかり回復コース; マルマビヤンガとシローダーラー (おっぱいケア付き) 産後ケアや体も心もしっかり回復させたい方に。究極の休養になります。 120分 ¥20000 + シャワー&ティータイム(約150分みてください)

ママ・ビヤンガ、ママ・シローダーラー、ママ回復コースは、フェイシャルも入るのでメイクアップされる方はその分の時間も加えて余裕をもった時間を設定ください。

★コンタクト使用の方は、レンズ保存容器と専用保存液をご持参ください。できれば、メガネをお持ちになると目の疲れの回復になります。

 

????????ママたちへ、離乳食にもなる 「今月のスープ」 レシピを差し上げます。

????????出産祝いやママへのバースデイ等のプレゼント・トリートメントをしたい方は、事前の銀行振り込みにて対応できます。ギフト券をご希望の方はお申し出ください。

 

トリートメントは必ず事前のご予約をお願いします。 → 03−3674−3568   または予約フォームから

「わたしの保育園」をご利用になりたい方は、ご自身で事前にご予約ください。 →03−3651−7788

またはこちらから (わたしの保育園は月曜〜金曜日対応可能)

やっぱり予言(見)Tシャツだった!

2015-07-11

昨日は結構揺れましたね。そして、ソロモン諸島でもマグニチュード7.0の地震、インドネシアラウン山火山噴火。

7月はやっぱり、大きな変化のある月です。

 

先週何気にショッピングモールを歩いていたら、和テイストのお店に飾られていたTシャツが目に留まり、色とフォルムが気に入って試着させてもらい、いけていたのでゲットしてきました。帰り道、「!」と閃いたのが、「なんで富士山選んだの?」「まさか富士山の噴火?」と心によぎりました。

私の場合、閃きで購入するものに確実にメッセージがあるからです。先月もね

そしたら今日!(これで3回目だ!)

fujitshirts.jpg 富士山柄のTシャツと富士山羊羹(しかも山型)

超常連のFさんがいらっしゃり、「先週富士山に行ったのでお土産。それもこの形がかわいいからこれにしました」と、まさかの富士山羊羹が!

私が購入したのと2日の差でした。しかもFさんが今日着ていたコスチュームは、先週の水曜日に変えたばかりのベッドカバーと全く同じ配色!

newbedcover.jpgレインボウを感じさせるパッションな配色

これには、二人で「う〜ん」と唸りました。

しかもFさんはフジという文字が入っています。 もちろん感性の鋭い方です。

Fさんは、昨今の日本の状況から「富士山が危ない」と感じ、「どうか落ち着いてください」と祈念しに参ったそうです。

Fさんとは周波数が限りなく近く、ちょうど音叉を二つ並べて一つ鳴らすと共鳴するような感じなんだと思います。思考も意識も共感できるところが本当にたくさんあります。

で、その二人がそろって「富士山」と「色」ですから、やはり富士山がキーワードになって新たな変化が始まると感じました。パッションカラーですから、情熱=火が熱くなること。

これは、次への大きなススミであり、こんな風に完全なシンクロがこれからもっと増えるでしょう。人々の意識はますます二極化し、世界や宇宙の縮図のような出来事が自分の身の回りにも起きて変化せざるを得ないという状況が次々と訪れるでしょう。

これからのシンクロメイトとは、テレパシーがガンガン通じてきます。すごいね〜、ほんとにもう5次元にはいってますね!それにしても、いや〜ほんとにびっくりした一日でした。

colorfulbird3.jpgあたしたちもパッション。でもビミョーに色選べるのよ〜。

背中スイッチが押したトウモロウランド

2015-07-08

これは、ディズニーランドの新アトラクションのCM映画だろうと思っていたけど、なぜか「見ろ」と背中を押されるような感がありレディースデイでもあったので、今日「トウモロウランド」を見てきました。

なんと、9日までだったのでぎりぎりセーフ。上映館のある錦糸町に向かう電車に乗ると、目の前にスマホをいじってるピンクな若い女性が「TOMORROWLAND」と書いてある紙袋を持っていて、びっくり。

その映画の内容は、昨日の「魔女の〜」のブログのようなもので、キーワードはまさに「未来の地球」「天災」「周波数」「異次元」「あきらめない意識」・・・。

そして、これはハリウッド映画を見るときの「コツ」でもあるのだけれど、そこに含まれているメッセージや鍵を見つけることができると、またそこからいろいろなものが見えてくるのです。

ディズニーは、フリーメーソンでした。そしてハリウッド映画はいるみの管轄下にあり、人々を様々に洗脳するツールとして映画を活用しています。戦後の子供たちはまさにディズニーに育てられ、女子は王女になりがたがり、男子はヒーローを目指し、アメリカが憧れの国になりました。

この日本での封切が6月6日なのもいるみチックでしたが、今日見て感じたのは主人公の女性を導く未来のサイボーグの女の子が「アテナ」という名前だったので、まるでギリシャ・デフォルトから始まる世界の崩壊を見せているのかも、と…金融崩壊も宇宙シナリオに沿っているのかも、と・・。

そして今日の時点で中国株も軒並み大暴落し、ニューヨークの証券取引所が機械故障で閉鎖等々の偶然。

さらに、<58日目>、<プルス・ウルトラ>という「鍵」があり、ここで描かれているのは秘密結社のほうですが、こんなに深く読み込んでいる人も見つけました。→ プルス・ウルトラとトウモロウランド

58日目とは、6月6日からだと8月3日。上映終わりの7月10日からだと9月6日で、この9月は皆既月食があり、いろいろ取りざたされている月です。

背中を押されたわけは、これからさらにわかってくるでしょう。

 

肩甲骨ほぐしをしっかりやり、姿勢に気をつけるようになってから、肩甲骨はまるでゲートでありその中間にスイッチがあるのを知りました。「やる気スイッチ」と同じ場所。ほんとにあったんです。

ここが硬いとその内部が石灰化して四十肩や五十肩と言われるように腕が動かなくなりますが、それが老化の大きな引き金になることは間違いなく、姿勢が悪くなり、首の後ろに丸く肉がたまり、背骨がどんどん曲がっていきます。

肩甲骨の可動域が広くなると、血液や脊髄液の流れがよくなり、脳が活性されるのと同時にインスピレーションや意識の広がりが大きくなっている感じがします。姿勢を正して歩くと軽くバウンドするような感じなので、それが脳への適度な刺激になり、さらにスイッチが入る感じ。

今朝も太極拳の時に、今までとまた違った「何か違う次元の密度に触れている感」があり、体の隅々の様子を一度にビューするみたいな不思議な感覚があったのです。ちょうどトウモロウランドのエンディングのような・・。

背中スイッチがおされると、頭の頂点が開きやすくなり宇宙モードに入りやすい状態になるようですね。

 

七夕そして7つの嵐

日2015-07-07

 

今日は七夕。雨模様で空は見えないと思っていたが、雲の合間から半月が顔をだし星もうっすらと顔を出している。無事織姫と彦星は再会できたよう・・。

 

そして、麦が育ちクロップサークルが世界でどんどん現れてきた。

Acc0530.jpgBcc0607italy.jpgCcc0623uk.jpg

Dcc0625spain.jpgEcc0627ukwilt.jpgFcc0629uk.jpg

A:5月30日に出現、 B:6月7日に出現、C:6月23日に出現 D:6月25日に出現 E・6月27日に出現、F:6月29日に出現

今年のクロップサークルは、ずいぶんとシンプルに見える。今までは、惑星Xの動きとポールシフトに関する情報が多かったが、今年は地球自身の周波数とコアの変化のようだ。

 

★今日観測された、台風と熱帯低気圧。全部で7つって、七夕のジョーク?

7typhoon.gif

6月22日付のブログに参照したが、音と周波数とリズムが空間と物質に与える幾何学的模様が、宇宙の万物を具現化させているPVを見て、今回のこの台風と熱帯低気圧が現れている地域に流れる周波数が見えるかのよう。

water-soundimage.jpg ウオーター・サウンドのイメージ(周波数が水に与える振動模様)

ね。クロップサークルに似てない?

 

そして今日、宮崎のえびの高原にある硫黄山での火山活動の活性化が報告された。世界で火山が何故噴火するのか。金星でさえ、噴火・・・それは、噴火によるマグマの熱で様々な結晶を作るから。水晶やダイヤモンドのような結晶は、振動を増幅し惑星のコアとして自転を促す大きなモーターなのだ。同時に、宇宙からのエネルギー・メッセージを受け、様々に振動数を変えて情報を伝える記憶装置でもある。

水はそれを転写し、クラスターに変えて、さらに万物に伝えていく。あの「美しき緑の星」でも、水に足をつけないと交信できなかったのは、電極だから。

 

newbraainrinph.jpg

これは、最近発見された頭部にあるリンパ層(右図)。ヨーガや太極拳、気功でも頭頂部はとても重要なセンターになっているが、頭頂部が宇宙と通じる大きな器官であるのは、これでそこに水があるから・・と説明することが出来る。つまり電極。シローダーラーは、この水の流れに同調して、鎮静し正常にするためのものでもある。 (昨年私は頭頂部に怪我を負い、血が泉のように噴き出て止まらなかったのは噴水のような機能がそこにあることに気づいた。ほら、怒りで頭にくると湯気も出るでしょ?)

ゆえに、太陽フレアや宇宙エネルギーが地球に注がれると、頭が締め付けられたりめまいがするのは、このセンサーに波動がおきているからであり、同時に幾何学的な秩序として私たちにメッセージとして届けられているのだ。耳鳴りも、下痢も、納得。

地球も同じなのだ。惑星X接近によって、当初地球が大きな調整を行うはずだったが、目覚めた人の意識とクリスタルやレインボウ、ダイヤモンドチルドレンたちの多数の来訪者によって、ハーモニー(周波数)を変え、大きな調整が小さな調整に変わっているのだ。

火山の近くに住む人たちは、意識が大きく変わるだろう。活火山に登るなら、山の声を聴き感じながら登るといい。

この地球には、そこに住む生命体を育み、太陽系の一部であり宇宙の秩序として機能する素材としての物質がある。それを「資源」「経済」「個人の道楽」「富」として搾取するのは間違っている、と認識できない人類は淘汰されるしかないだろう。最近では宇宙資源まで搾取しようとしている他国の動きまであるが、許されることではない。

このクロップサークルが示すメッセージは、大きなヒントであり次に何が起きるかのサイン。まずは、水=海底や湖底の変化=プレートや気候の変化=地震や異常気象=地球の再生のための自浄作用と再編成、と理解できれば、個人的な欲望や願いに終始することはなくなるだろう。なぜなら、ここが基盤なのだから。私たちも地球のエネルギー分子のひとつなのだから。

 

あなたの危機と地球の危機  <前半>

 もともと、人類は自然と調和して相互発展を推進していく事が、惑星地球としての発展の必須条件だと知っていたはずだ。過去に何回か繰り返された人類の文化は、すべて自然との調和を欠いたために引き起こされた、自然の猛威のまえに崩壊していった。

 このことを伝承するべく脱出した生存者達は、数々の物語を人々に語り、そして記してきた。それらの書物は長い年月の間に改ざんされたり、異翻訳されたりしているが、主要な部分だけは伝承されている。

 それらの書物は、「聖書」や「神話」という呼び名で現存する。ではなぜ、人間は自然との調和を欠くような方向へ突っ走るのだろうか?

 自然を敵にまわしてしまうからだ。自然を征服すべき相手としてしまうからだ。この厄介な自然という巨人を飼いならす事が出来れば・・・と人間がつねづね思ってきたのは、なるほどと思える理由があるのだろう。

 しかし、この理由とて人間の側から見た理由であって、自然全体、たとえば惑星地球や太陽系の観点から見た理由ではない。人間はここのところで大きなミスを犯している。

 

 自分たちだけのために、自然が存在しているかのように振舞ってしまうのは、自分たちの立っている場所しか目に入っていないからだ。

自分たちの生きている場は、この惑星地球の肌の上であって、この惑星地球もこの太陽系の中の一構成員であるということを念頭においておかないと、このようなミスを犯してしまう。

 そして、この太陽系も大宇宙の中の一構成員であるということを忘れてはならない。総ての構成員が、微妙なバランスで存在しているのだ。

 地球は意志を持っている。生きているし、活動している。自分の身体の中に不浄なものが多くなると、自浄作用が働く。人間は、核エネルギーだのロケットだのと、いわゆる科学の進歩と共に不浄なものを地球の中に作り出してきた。

           中 略

 自分と自分の住環境の及ぶ範囲内だけの利益や保全だけを考え、そして望んでいたのではダメだ、と気付かなくてはならない。自分と呼んでいるこの個体が、実はその他多くの「自分ではない」と思っている個体と、同じ運命の船に乗っているのだ。過去における人類の栄華も、いつも物質的な栄華と引き換えに精神的な栄華を捨ててきたところに崩壊の実根があると分析する。

 物質的な栄華は人類を狭い視野にするようだ。我々の判断では、物質を手に入れはじめると、人類の傾向として「手に入れたものを守る」姿勢が強くなり、それがひいては狭い視野を生み出す元になるようだ。

 苦労して手に入れればなおさらのこと、この傾向は強くなる。そして「手放したくない」という強い気持ちが作る磁場波動を含有する物質に囲まれれば囲まれるほどに、「自分だけ」の利益や保全を守ろうとする、といった具合に悪循環を繰り返す。

 その結果、物質的な力の強い者が、より多くの物質を手に入れ、より狭い視野で、その他の物質的に力の無い者々に影響し、配下におきたがる。

 

 そんな考え方が、原子力発電廃棄物の深海廃棄や、未開発国への廃棄の計画を生み出すのだ。どこに捨てようと、地球の肌の上だ。宇宙空間に廃棄しようと誰かが提案していたが、それも困る。なるほど、宇宙空間には放射能は満ちてはいるが、それも一定の決まりのうえで、バランスがとられているのだ。なぜ人間は、地球上で有害である物質を作り出す必要があるのか、理解しがたい。 

 人類が物質的な欲望を満たす事のみに奔走し、より強い者が弱い者の利益を奪い、自由を踏みにじり続けてゆく、このような図式の最後には何が書かれているのだろうか?

 

 一握りの強大な者々は地球の資源をむさぼりつくし、地球の汚染が手がつけられぬほどひどくなった後は、核廃棄物と同様に地球を廃棄して、宇宙のほかの惑星へと移住しようと考えているようだが、それは許されない。

 

 かつて、我々のどのメンバーが、地球を制服しようとしただろうか?

 

 何を根拠に地球人は、「地球侵略計画を持つ宇宙人」の映画を作るのか?それは、地球人こそが、そういう野心を持っているからではないだろうか?

我々の誰も地球を特別に獲得しようとしているわけではない。他にも地球より環境的に優れた惑星はたくさんある。

 しかし、この銀河系での辺境の惑星、地球と大昔から関わり、いや、人類発生の時点から、使命として関わっている我々にとって、地球の汚染とその先に待っている崩壊は、ぜひ避けたいものなのだ。

 

 避けられないものではない。人類の動向ひとつにかかっているのだ。

あなたがたが、どう思おうと勝手だが、地球は生物であり、その生命を全うする為に生まれてきたのだ。この広い宇宙の生命には、どれ一つムダなものはない。自然はすべてがお互いに依存して成立しているが、地球上でその生命体系を狂わせてしまったのは、人類だ。

                                 ARION.O∴O  

「光よりの光、オリオンの神の座より来たりて伝える」 

 アーリオーン*北川恵子*神崎夢現 南雲堂 1990 より転載

 

誕生 by Miyuki Nakajima このPVの中にUFOが飛んでます!

ステージアップ

2015-07-02

今日は満月。残念ながら東京では曇りで見られないけれど、6月30日はいろいろと重なる時でした。

A0630betsulehemstar.jpgB0702moonhalo.jpgChinowakuguri.jpg

A:金星と木星が最接近し、輝きが重なると8芒星が見えることからベツレヘムの星とよばれるが、本来の三賢者を導いたベツレヘムの星はUFOと感じます。

B:30日に現れた月暈。 A.B ともSpace Weather.com より。

C:主にスサノヲ系神社で見られる6月30日の茅の輪くぐり

これらの重なりは、やはりゲートであり輪(和・環・我)としてステージアップの象徴と感じます。実際に、6月中で親しい人たちの人生的な大きな変化があり、自分もまた変化を受け入れています。

この人生的な大きな変化は、新しい次元に臨むというものであり、今までの生活や人生から大きく変わっていくという舞台であり、人生という時間を大きく進める(=新しく経験する自分の役割)緞帳が上がる瞬間でもあります。

それを象徴するかのように、クライアントの方々の取り巻く状況や心境での大きな変化が見られ、世界の出来事でもガラッと変わるような賽が投げられている時勢が見られます。

 

最近つくづく感じるのは、近親間での争いの多いこと。しかも、単なる争いではなく殺人的な事件や訴訟という修羅場を抱えている人が多く、それらはやはり財産や資産、名誉や地位という事が大きく絡んでいて、これらには「法律・捌き」という近年での流れからの軋轢が感じられます。

もし何もなければ、分け与えるものも失うものもないのでいがみあいなど生まれないでしょうが、あるとすれば心理的な恨みつらみによる怨念がそうさせるのでしょう。

 

榎木孝明さんが、先月30日間の不食を達成し話題になりました。何気なくチェックしていたら、榎木さんは古武道を実践されていて、その経歴からインド的な思想を感じていたら、「オーラの泉での榎木さん」を見つけ、久々にいろいろ見入ってしまいました。

自分自身も今生で前世のことを数々知らされましたが、今生=前世からの続き+αであり、このαを極めることが魂のステージアップでもあります。つまり、今成していることは前世からの続きであり、この先に何を学ぶかということなんですね。

興味深かったのは、世界の状況について発信しているWorld Orderの須藤元気さんや格闘家の前田日明さん達の格闘家の人たちが、非常にセンシティブで霊的な能力が高かったということでした。確かに、一つ間違えば生死を懸けた戦いに挑んでいるということは、前世でも武士や戦士であったという名残という事は十分理解できますし、だからこそ研ぎ澄まされた感覚の鍛錬はイコール見えないものを見る能力に通じるわけです。

武士の情けとはその究極の域であり、斬らざるを得ない相手に対してにその背景が見え自らの使命を放棄あるいは実行してかける情け、というこれもまた命を懸けた選択です。

改めて、損得ではない今行っている仕事や役割が過去世からの続きであり、だからこそ探求することが出来るセンスを与えられていることを、私はアーユルヴェーダや太極拳から感じることが出来たんだと思いました。

だから、全ての艱難辛苦は「学びを進めろ!」という叱責であり、ヒントでもあるわけです。そこから何を見出すか。それは他力本願や依存ではなく、自分自身で選択し歩めというサインでもあります。

そして、それらは時間的な法則により、この茅の輪をくぐれるかどうかのサインでもありました。これが周波数アップや次元上昇につながっています。

偶然的にこの日に現れた数々の輪は、環であり、宇宙ゲートでもあります。6月22日の夏至でファンファーレが鳴り、そこに並んだ人たちへゲートの開放ということなのでしょう。それを感じられない人は、当然ゲートも知らなければ、その意味もわからないことなので、今いる位置で現状に対してアップアップしているだけです。

そのゲートをくぐった人は、さらなる大きな波が訪れその波に乗るかどうかの技量を試されるでしょう。

7月は、その最初の月。だから、突発的な変化がよく興ると感じます。スサノヲは荒ぶる神=シバ神です。その扉を開けるのですから、ウエーブ=波=振動=周波数の変化です。360度見渡して、直観を高め見極めてください。

thinkfrog.jpg私もしっかりカン(感・観・勘・神)ガエル。